肩こり解消のためのおすすめアロマ5選!精油ブレンドレシピやセルフケア方法をご紹介

「肩が痛い」「なんだか首が重い」長時間のデスクワークなどで首の疲れや、肩のこりが辛く悩んでる方も多いのではないでしょうか?実はアロママッサージでセルフケアをすることが可能です。今回は、肩こりに効果的なアロマとその使い方をご紹介致します。アロマの香りと、セルフマッサージでリフレッシュしてみませんか?

2018年11月26日更新

アロマ

小林 香代子 (アロマセラピスト)

  • fb
  • line

[1] 肩こりってアロマで解消できるの?

慢性的な肩こりはとても辛いものです。少しでも自分で改善出来ると、気持ちも前向きになれますよね。ストレッチや、マッサージを受けるだけではなくアロマを取り入れる事で、アロマの持つ自然の力がこりの解消に導いてくれますよ。いつものマッサージにアロマを取り入れれば香りでも癒されて、マッサージの時間も楽しめますね。

こりを解消するには?

こりの原因は、同じ体勢が長く続くと筋肉が緊張して固まってしまうため、血行が悪くなります。そうする事で栄養素や血の巡りが悪くなり、老廃物が蓄積してしまうのです。その他にも運動不足や眼精疲労もこりの原因になってしまいます。筋肉は緊張状態が続く事でこり固まってしまうので、身体を動かすストレッチや軽くマッサージをして筋肉をほぐしてあげると良いでしょう。

血行を良くすることで、筋肉の緊張を緩めこりの解消につながります。エッセンシャルオイル(精油)には筋肉をほぐしたり、炎症を抑えリラックス効果のあるものが多く、効能を良く知って効果的に使う事でこりを解消する事が出来ますよ。

肩こりに効くおすすめアロマ

アロマ(精油)には色々な種類や効能あります。肩こりには筋肉の緊張をほぐす作用があるものが良いでしょう。また、リラックス効果の高いものや、炎症を抑える役割のあるものもです。実際に肌に塗布してアロマトリートメントをする事で、香りによるリラックス効果を得られます。今回は肩こりに効果的なアロマ(精油)を厳選してご紹介致します。

・ユーカリ


ユーカリには、強い殺菌作用や抗ウイルス作用の他、抗炎症作用があるので、こり固まってしまった筋肉の緊張をほぐしてくれるのです。スッキリ爽快感のある香りは、頭をリフレッシュさせてくれますよ。集中力を高め意識を切り替えてくれるユーカリの香りは、疲れてやる気の出ない時にぴったりのアロマです。ユーカリの香りとマッサージで疲労回復を図りましょう。

・ラベンダー

深い安らぎのある香りと、リラックス効果のある香りで知られているラベンダーには、頭痛を解消してくれ、筋肉痛や神経痛を癒してくれる効果があります。ストレスからくる疲労や、眼精疲労による首のこりにはラベンダーの香りがおすすめです。ラベンダーの香りで癒されながらマッサージする事で、緊張で固まってしまった筋肉のこりが解消され安眠効果も期待できますよ。

・ジュニパーベリー


どこか爽やかでウッディ調のスパイシーな香りのジュニパーベリーには、発汗作用やむくみ解消効果があります。体を温めてくれ血流を良くしてくれるジュニパーベリーは、筋肉のこりをほぐすとともにむくみ解消の効果もあります。

ジュニパーベリーはキャリアオイルなどと混ぜて、アロママッサージする他に、エッセンシャルオイル(精油)をバスタブに1~2滴いれアロマバスとして楽しめます。アロマバスで血流が良くなった時に、マッサージをする事でだるさが取れ、疲労回復につながりますよ。

・ローズマリー

ハーブの中でも香りの強いローズマリーは、不安定な気持ちを晴れさせて明るい気分にしてくれます。低血圧や冷え性を改善させてくれる効果のあるローズマリーは、筋肉痛やこりをほぐしてくれる効果もあるハーブです。

頭皮のケアにも効果的なローズマリーは、オイルトリートメントなどでキャリアオイルにブレンドして使うことで肩こりからくる頭痛、眼精疲労などにも効果的ですよ。

・カモミールローマン


緊張やイライラ、不安を取り除いてくれるカモミールローマンの香りは甘く落ち着きを取り戻してくれる香りです。頭痛や神経痛を和らげてくれる作用があり、アロマオイルを使ってアロママッサージをすれば日々のこりを解消してくれますよ。肌を落ち着かせて炎症を抑えてくれるので、むくみがちなデコルテラインにも効果的です。

[2] オリジナルブレンドでこりを解消しよう

肩こりや全身をマッサージするアロマも、エッセンシャルオイル(精油)やキャリアオイルを使えば簡単に自分でもブレンドオイルを作ることが出来ますよ。自分好みの香りをブレンドして、疲れを癒してみませんか?

セルフトリートメントにおすすめのアロマブレンド

自宅でも簡単にできるセルフトリートメントでも、エッセンシャルオイル(精油)の効果やコリの部位などによって使い分けるとより効果的ですよ。

・ローズマリー、ラベンダー

緊張などで肩がこり固まってしまい、なかなか気が緩まない時はこちらのブレンドがおすすめです。血行を良くして、緊張をほぐし、むくみを改善してくれますよ。ストレスを緩和してくれる効果もあるので、睡眠前にマッサージするだけで安眠効果が高まります。

・カモミールローマン、ゼラニウム、ブラックペッパー

偏頭痛や不眠が続く時は、少しスパイシーで甘いこちらのブレンドがおすすめです。筋肉の炎症を和らげて、緊張をほぐしてくれるので、片頭痛や頭痛を和らげてますよ。その他にも、体を温めてくれるので冷えも防止してくれます。

・ペパーミント、レモン、ティートゥリー

爽やかで清涼感のある香りは、森林浴をしているようなリラックス感を与えてくれるので疲れ切ってしまった頭をスッキリさせてくれます。殺菌効果もあるエッセンシャルオイル(精油)でのブレンドで炎症を抑えて疲れを癒してくれますよ。


お好みのエッセンシャルオイル(精油)5滴程度と、お好みのキャリアオイル25mlを用意し、この2つをよく混ぜたら完成です。セルフトリートメントでエッセンシャルオイル(精油)を使う時は、濃度を薄めるためにキャリアオイルを使うと良いでしょう。

エッセンシャルオイル(精油)には、ものによって刺激が強いものや妊娠中は使用を控えた方が良いものもある為、実際に使う際には注意事項などを見てブレンドしてくださいね。

オリジナルロールオンアロマ

持ち運びにも便利な、ロールオンアロマはロールオンタイプのボトルにお好みのブレンドのアロマトリートメントオイルを入れれば簡単に作ることが出来ますよ。お好みでハーブのドライフラワーなどを入れれば見た目もおしゃれなオリジナルロールオンアロマの完成です。少し疲れた時や、気分を切り替えたい時などに簡単にさっと塗れるのでコスメポーチにも忍ばせておけますね。


≪作り方≫

●お好みのエッセンシャルオイル(精油)
●ホホバオイル
●ロールオンボトル

  1. ホホバオイルをロールオンボトルの半分ほどまで入れる。
  2. エッセンシャルオイル(精油)を2滴程入れ、 ふたを閉め混ざるようよく振る。
  3. 完成

ロールオンタイプのボトルは持ち歩きようで、小さいものが多いのでエッセンシャルオイル(精油)は1~2滴程でいいでしょう。

[3] 凝り固まった筋肉をほぐすアロマテラピー

アロマトリートメントの他にもエッセンシャルオイル(精油)を使った簡単に出来るアロマテラピー方法もあります。自宅で出来るアロマテラピー方法をご紹介致します。

入浴でアロマを楽しむ

エッセンシャルオイル(精油)を浴槽に数滴たらして入浴すれば、エッセンシャルオイル(精油)の効果と香りに癒されリフレッシュ出来る事間違いなしです。気分や疲れによって香りを変えれば、毎日の入浴も楽しく癒しの時間になりますね。

手浴もおすすめ

38~40度くらいのお湯を洗面器や桶などに張り、エッセンシャルオイル(精油)を1~3滴程垂らしゆっくり手首までつかります。アロマ手浴は、気持ちを入れ替えたい時や手を洗う代わりに使うとサッパリ出来ますよ。血行も良くなるので体も温まります。簡単に短時間でアロマテラピー効果を得ることが出来ますよ。

温湿布がじんわり心地よい

洗面器などの容器にお湯をいれて、お好みのエッセンシャルオイル(精油)を1~2滴垂らして木綿のタオルやガーゼなど柔らかい布をその中に入れ、よく精油を染みこませます。軽く絞り、コリや炎症を感じる部分に当てます。肩こりのほかにも腰痛や生理痛などにも効果があり、じわじわと温かくなる温湿布はとても気持ちよくリラックス出来ますよ。

[4] 癒しのアロマでこりをほぐして疲労回復!

いかがでしょうか?蓄積しがちな疲れや、寒い冬で冷えてしまった体、長時間のデスクワークや肩のこりにも、自分好みの癒しのアロマの香りを見つけてセルフケアにチャレンジしてみてくださいね。

  • 関連するキーワード