フランキンセンス(乳香)の香りと効能とは?美肌・アンチエイジング効果も期待大!

フランキンセンスという精油をご存知でしょうか?古代から大切にされてきたフランキンセンスは、その神秘的な香りから神への捧げ物として儀式に使われるほか、肌を活性化させる美容効果をはじめとした幅広い分野で注目を集めています。今回は、そのフランキンセンスが持つ不思議な魅力ついてご紹介します。

2017年10月31日更新

アロマ

小林 香代子 (アロマセラピスト)

  • fb
  • line

[1]フランキンセンス(乳香)とは?

古くから大切にされてきた神聖な香り

フランキンセンスは、エチオピアやイランなどの乾燥地帯で育つ樹木の名前です。

その木を傷つけると、かさぶたを作るようにミルク状の樹液がにじみ出ることから、フランキンセンスの樹液を固めたものやエッセンシャルオイルは別名「乳香」とも呼ばれています。

特徴的な香りを持ち、古代エジプトの時代には神にささげる香りとして珍重されていました。また、新約聖書にはイエス・キリスト生誕時にフランキンセンスが捧げられたとあり、現在でも教会でお香が焚かれることから、その香りには神聖なイメージが強いのが特徴です。

[2]フランキンセンス(乳香)の効能

癌細胞を抑制する!?

ネット上で「フランキンセンス」を検索すると、「癌が治る!」という記事やブログを多く見つけることができます。

フランキンセンスにはリンパ球の増殖を助ける効果があり、免疫力が上がるため癌細胞を抑制する効果が期待できるいというものです。

ただしよく調べると、免疫力をアップさせる効果には多少の信頼性があるものの、癌にまで有効だという明確な根拠を見つけることはできませんでした(アトピーについても同様です)。

そもそも医薬品として確かな効果が認められていないものを「○○に効く」「○○が治る」と宣伝することは医薬品医療機器等法(旧薬事法)に抵触するおそれがあります。

心身が弱っているとさまざまな情報に左右されがちになりますが、まずは医師とよく相談し、根拠のない話はあまり鵜呑みにしないほうがよいでしょう。

アンチエイジング効果(しわ・たるみの改善)

フランキンセンスには、美肌効果があることが知られています。

細胞の活力・再生力を高めてくれるので、しわ・たるみの改善に役立つとして多くの化粧品が売り出されています。

多くの化粧品が肌の表面にしか浸透しないのに対し、精油は粒子が細かく皮脂になじみやすいため、肌の真皮層にまで有効成分が届いてしっかりと効果を発揮してくれるようです。

市販の化粧水にフランキンセンスの精油を混ぜて使う人もいるようですが、製品によっては化粧水の品質が変化する可能性もあるためおすすめはできません。

自分でオリジナル化粧水を作る場合は、フランキンセンス精油1〜3滴とグリセリン3mlを振り混ぜ、精製水40mlを入れて混ぜれば完成です。

また、市販の馬油10mlに精油を2滴入れて混ぜれば、簡単に美容オイル(固形の場合はクリーム)を作ることができます。

伸びがよくて全身に使えるうえ、高価な美容クリームよりも肌に合うと感じる人もいるようです。馬油のニオイが気になる方にもおすすめの使用法です。

抗うつ作用

フランキンセンスの香りには鎮静・強壮作用があり、不安やイライラを鎮めて心を回復させる効果があると言われています。

胸を締め付けるような緊張を和らげて呼吸を深くするほか、精神を強壮して集中力を高めてくれるので、瞑想や心の浄化など、スピリチュアルな意味合いで使われることがあります。

抗うつ作用があり、心身のうつ症状やパニック症状で悩む人にも効果的だと言われています。

心身の浄化・空間の浄化

フランキンセンスには強い抗菌作用・抗炎症作用があると言われています。

香りを深く吸い込むことで内側から身体を浄化し、肺や粘膜の炎症を抑えるため、風邪や呼吸器系のトラブルに有効です。

また、神経の興奮を鎮めて痛みを抑えるため、リウマチなどにも効果があるとされています。

フランキンセンスをお部屋で焚くと神秘的な香りで満たされることから、(特にスピリチュアル的な意味合いで)なんとなくどんよりした空間や気持ちを一掃したいときにも使われるようです。

[3]フランキンセンス(乳香)関連商品ラインナップ

フランキンセンスの化粧品

・フランキンセンス ウォーター

古い角質や汚れを取り除く、フランキンセンス配合の拭き取り化粧水です。

コットンに含ませて押し当てるようにやさしく拭き取ることで、乾燥して固くなった角質にたっぷりと水分が行きわたり、その後の化粧水や乳液の浸透が良くなります。

フランキンセンスの香りがいい、くすみやゴワつきが消えて肌の調子がよくなった、などのクチコミが多く寄せられています。


 

・フランキンセンス インテンスコンセントレイト

40代からの肌にハリを取り戻す、フランキンセンス配合のエイジングケア集中美容液です。

肌につけた瞬間からふっくらとしたハリと潤いを感じることができ、使い続けることで表情まで変わったように見えるとのクチコミもあります。

たるんだ肌をキュッと引き上げるように、下から上にリフトアップながらなじませると効果的です。拭き取り化粧水やクリームと併用するのがおすすめです。


 

・フランキンセンス インテンスアイクリーム

年齢とともに目元にハリがなくなる、クマやくすみが目立つ、目が小さくなる…という悩みを解決する、フランキンセンス配合のアイクリームです。

濃密なクリームが、疲れやエンジングサインが目立つ目元にピンとしたハリを与え、透明感を取り戻してくれます。

お値段は高めですが、本当に効果があって驚いたというクチコミが多く、雑誌でも「本当に使えるコスメ」として高い評価を受けています。


 

・フランキンセンス インテンスクリーム

紫外線を浴び続け、水分を失っては肌に潤いとハリを取り戻す、フランキンセンス配合の高機能保湿クリームです。

肌が弱い方にも優しい使い心地で、乾燥やニキビ・肌荒れの悩みが改善したというクチコミも寄せられています。

保湿効果を高めるために、クレンジングや拭き取り化粧水などで古い角質を取り除き、肌を柔らかくしてから使うとより効果的です。


 

フランキンセンスの香水

・オードパルファン フランキンセンス

フランキンセンスを中心に、11種類の100%天然精油をブレンドしたナチュラルな香りのフレグランスです。

手首や足元などにシュッと吹きかけるほか、ボディクリームを塗ったあとにスプレーするのもおすすめです。

香りはそれほど強くなく、TPOを選ばない天然の香りに癒されると人気を集めています。


 

フランキンセンスのお香

・HEM(ヘム)インセンス スティック ヘキサパック フランキンセンス香

お部屋を浄化するものとして、また眠りを助けるものとして、フランキンセンスのお香が喜ばれています。

香りの印象は「懐かしい」「どこかで嗅いだような香り」と評されていますが、寺院や教会のような香りだと感じる人もいるようです。


 

[4]フランキンセンス(乳香)おすすめの使い方と注意点

他の精油と混ぜて使うと効果的

フランキンセンスは、もちろん単体で使ってもよいのですが、自分の好みや目的に合わせて他の精油とブレンドするのもおすすめです。

精油がお互いの魅力を引き立ててくれますし、単体での香りが苦手でもブレンドによって自分好みの香りに近づけることができます。

相性が良いとされているのは、ネロリ・サンダルウッド・ラベンダー・ゼラニウムなどです。他にもたくさんありますので、自分の好みの組合せを調べてみるとよいでしょう。

妊婦・赤ちゃんに使われることもある

新約聖書で、キリストの誕生時にフランキンセンスが捧げられたというように、特定の高品質な精油であれば赤ちゃんの時から使っても問題ないと書かれているネット記事もあります。

ただし、赤ちゃんへの精油の使用は芳香浴までが一般的であり、刺激が少ないとされるものでも、一律に「使ってよし」とされているわけではありません。

精油を小さなお子さまに使う場合には十分に下調べして、注意して扱うようにしましょう。妊婦の場合であれば、妊娠初期を避ければ問題なく使用できると言われています。

精油というものは良くも悪くも植物の成分をギュッと凝縮したものです。そのぶん刺激も強くなりますから、効果を期待しすぎてそのまま肌につけたり、飲んだりすることは避けましょう。

必ずしも「天然由来=安心安全」という単純な話ではありません。

肌につけるときは1%以下に希釈すること

フランキンセンスの精油を肌につけるときは、必ずキャリアオイルで精油を希釈してから使うようにしましょう。ボディの場合は1%以下、顔に使用するならば0.5%くらいの濃度で十分です。

分量が多すぎるとかぶれたり、炎症を起こしたりする可能性があるので注意しましょう。

精油を「飲む」行為はとても危険

フランキンセンスには目立った副作用はないとされていますが、誤って大量に飲用してしまうと、内臓や粘膜に負担をかけることになります。

致死量は5gと言われています。

ネットの記事には「精油を直接舌下に垂らすと癌に効果的」などの記述もありますが、精油の投与は海外でも医師が行うものであり、素人判断で実践するのは危険ですから絶対にやってはいけません。

食品用に開発された、フランキンセンスを含むオイルのみ飲用することができます。

[5]フランキンセンス(乳香)で心身ともに張りのある毎日を送ろう

いかがでしたか?

もともと希少なフランキンセンス精油は、純度が高く高品質なものほど高価ではありますが、それだけの価値があるということでもあります。

精油の持つ力を最大限に引き出すためには、まず自分好みの香りであることがとても大切ですので、最初は香りを楽しむように始めてみるのがおすすめです。

精油だけでなく、化粧品などで自分好みの物を選ぶという楽しみ方もあります。

神秘的な香りが好きな方、興味のある方は一度試してみてくださいね。

※アロマオイル(精油/エッセンシャルオイル)を使う際の注意点
アロマオイルは医薬品ではないため、「治療」できるものではありません。ここに掲載されている内容は精油の効果効能、心身の不調改善を保証するものではありません。予めご了承ください。症状がひどい場合は医療機関を受診することをおすすめいたします。実際にアロマの香りに癒されるという方はたくさんいます。自分の体の状態や気分に合わせて上手に取り入れてくださいね。

 


  • 関連するキーワード