自然の香り「Aesop(イソップ)」はメンズへのプレゼントにもおすすめ!人気ハンドクリームをご紹介

皆さまは『Aesop(イソップ)』というメーカーをご存知でしょうか?今、イソップは美容マニアやモデル業界でもとても注目されています!特に今人気なのが、ハンドクリーム。手軽に使えるボディケアということもあり、幅広い世代に人気です。さらに、メンズにもおすすめの商品もありますので、ぜひプレゼントの参考にもしてください。

2017年11月10日更新

香水/フレグランス

Kaede (フェリーチェ編集部)

  • fb
  • line

[1]美容マニアは必ず知ってるイソップとは?

イソップってどんなメーカー?


出典 aesop.com

Aesop(イソップ)は、スキンケアだけでなく、ボディやヘアケアまでも手掛ける世界的に有名なブランドです。1987年にオーストラリアのメルボルンで創業されたメーカーで、優れたスキンケア、ヘアケア、ボディケア製品の開発、生産をしています。

全ての商品は、イソップがこだわりを持って選んだ成分が使われており、多くの人から愛されています。環境先進国として有名なオーストラリアらしく、天然のアロマオイルや植物由来成分を重視しているのですね。

さらに、知的探究心、将来への展望、移ろいやすい心の中で行なわれる人間の努力というものを大切に考えているイソップは、日々の研究、開発を怠ることはありません。生活環境や気候を考慮し、細部まで注意を払うという姿勢を忘れずに一つひとつの商品を開発しています。

単なる嗜好品としてではなく、健康的な食生活、適度な運動、定期的な読書など、バランスの取れた生活の一部として使って欲しい、それがイソップの願いなのです。


出典 aesop.com

製品はオフィシャルオンラインストアでご購入いただける他、パリ、東京、ニューヨークなどの大都市を中心に世界中で展開している直営店、さらに、世界有数の高級百貨店のイソップカウンターで販売されています。

イソップの合理的かつ持続可能なデザインは、実用的で扱いも簡単なのに、目でも楽しめるオシャレなデザインに仕上がっています。慎重に検討され熟考されたデザインが、人気の1つでもあります。

また、2014年にオープンしたモルディブの高級リゾートホテルAmilla Fushi(アミラフシ)でもイソップがアメニティとして選ばれています。高級リゾートホテルでも採用されている点においても、イソップの信頼が伺えます。

展開商品

では、ハンドクリームのご紹介の前に、イソップの展開商品をご紹介いたします。

■スキンケア


出典 aesop.com

・クレンジング
・ディープクレンジング
・トーニング
・ブレミッシュ
・ハイドレート
・リップ
・トリートメント
・シェービング

上記などが展開商品としてあります。

■ヘアケア


出典 aesop.com

・クレンジング
・コンディショニング
・トリートメント
・スタイリング

ヘアケアは全てイソップで揃えることができます。

■ボディケア


出典 aesop.com

・クレンジング
・ハイドレート
・トリートメント
・ハンド
・パーソナルケア

上記5つなどがあります。ハンドクリームだけではなく、ハンドソープも合わせて使うことができますよ。

■フレグランス


出典 aesop.com

・タシット
・マラケッシュインテンス

2種類の選び抜かれた香りが楽しめます。さらに、ルームミストやトラベルセット、ギフト用のセットも発売されており、あらゆる場面で活躍しそうですね。

[2]ハンドクリーム人気の理由

イソップのハンドクリームの魅力

イソップのハンドクリームの魅力、こだわりぬいた成分や幅広い商品展開の中で合わせて使える、などありますが、口コミで多いのは「メンズでも使える」という点です。ハンドクリームは女性のもの、という考えは古く、今では男性からもニーズがある物へ変わってきていますが、未だに店頭に並ぶハンドクリームの香りやデザインは、可愛らしいものが多いのです。


出典 aesop.com

しかし、イソップのハンドクリームのパッケージデザインはとてもシンプルなのに、高級感も溢れています。男性が持っていても違和感なく、むしろオシャレな印象を与えるでしょう。

また、香りも男性から支持がある魅力の1つ。ラベンダー、ハーブを組み合わせた香りと、ウッディー、スモーキー、シトラスを合わせた香り。もちろん香りは好みがありますので、好きな香りを選びましょう。加えて、ハンドクリームの保湿力が高く、さらにパッケージもオシャレということで、メンズへのプレゼントにも人気の商品です。

ハンドクリームのサイズと価格

イソップのハンドクリームのサイズ展開は3種類。普段持ち歩けるサイズの75ml、自宅に置いておきたいサイズ120ml、そして多くの人が出入りする公共の場所にも置けちゃう大容量の500mlです。ハンドクリームというとだいたい50mlから100mlのサイズの物が多いですが、自宅用に大容量の物が置けるのは嬉しいですね。

それぞれ税込で、75ml・2,700円、120ml・3,888円、500ml・10,800円で販売しています。

[3]人気のイソップハンドクリームについて!

では、イソップが展開しているハンドクリーム2種類を詳しくご紹介いたします。

レスレクション ハンドバーム


創業初期から人気のアイテム。香りはラベンダー、ハーブの香りです。使用後は、潤った感覚は残しながら、べたつかないので使用後も心地よく使えます。手指を保湿、柔軟にするリッチで吸収性の高いクリームに仕上がっています。特に、爪先にも保湿力を発揮しますので、甘皮部分にしっかりなじませるよう使っても効果あり。もちろん、ボディ用としても使えます。

公式ホームページの配合成分は以下の通りです。

水・グリセリン・アーモンド油・ステアリン酸・セテアリルアルコール・セテアレス-20・ヤシ油・マカデミアナッツ油・マンダリンオレンジ果皮油・ステアリン酸グリセリル・アトラスシーダー樹皮油・ラベンダー油・トコフェロール・アロエベラ液汁・シア脂・カカオ脂・オレンジ油・フェノキシエタノール・ローズマリー油・グレープフルーツ種子エキス・コムギ胚芽油・ダイズ油・EDTA-2Na・ニンジン根エキス・カロチン・香料
※上記記載の成分は、成分改良等の理由により、予告なく変更される場合がございますので、ご了承ください。最新成分は商品ラベルにてご確認をお願いいたします。

口コミでも満足の声が上がっています。

「手肌の潤いが失われつつある年齢に来まして、毎晩かかさずハンドクリームを塗っていますが翌朝にはまた乾燥した手に、こちらの口コミ、レビューを読んで初購入しました。寝る前に塗って翌朝ややしっとり。続けていけばしっとりした手に変わる予感。大満足です。香りもレビューを読んでいたのでイメージ通りで私は好きな香りでした。またべたつきもないので寝る前に塗っても不快感はありません。ただチューブなので減っていくにつれ折りたたんで使うとなると切れてそこからクリームがニョロと出てこないかだけ心配です。」

引用:楽天

 

レバレンス ハンドバーム


こちらは爽やかな香り、ウッディー、スモーキー、シトラスを配合したリッチなハンドクリームです。もちろん使用後は潤いは保ちつつ、べたつきません。柔軟効果と保湿効果の高い乳酸カリウムと乳酸を配合しており、さらに保湿効果のあるハンドクリームに仕上がっています。

公式ホームページの配合成分は以下の通りです。

水・グリセリン・アーモンド油・ステアリン酸・セテアリルアルコール・セテアレス-20・ヤシ油・マカデミアナッツ油・ベルガモット果実油・香料・ステアリン酸グリセリル・ステアリン酸PEG-100・フェノキシエタノール・アロエベラ液汁・トコフェロール・シア脂・カカオ脂・乳酸K・ビターオレンジ葉/枝油・ベチベル根油・コムギ胚芽油・ダイズ油・乳酸・グレープフルーツ果皮油・フサヌススピカツス木油・EDTA-2Na・安息香酸・デヒドロ酢酸・エチルヘキシルグリセリン・ニンジン根エキス・カロチン[01]
※上記記載の成分は、成分改良等の理由により、予告なく変更される場合がございますので、ご了承ください。最新成分は商品ラベルにてご確認をお願いいたします。

こちらはやはり口コミでも香りに関して上がっています。好きな人にはぴったりの商品です。

「少し薬草のような香りがするので好き嫌いがあると思いますが、自然の香りのような気がして私は好きです。ハンドクリームとしての役割はまあまあですが、化粧品などはオーガニックにこだわっているので私的には大丈夫です。」
引用:楽天

「ちょっとクセがある香り。肌が柔らかくなる効果があるそうです。水っぽいより濃いめのテクスチャー。さっぱりよりしっとりこっくりした感じでとてもよいです。」
引用:楽天

 

[4]プレゼントにも自分用にもイソップのハンドクリームがおすすめ

イソップのハンドクリームをメンズへのプレゼント用に考えている方も多いかもしれませんが、その魅力的な商品に自分も使いたくなった!という方が多いのではないでしょうか。香りに関しては特徴的な香りですので、ピタッとハマればリピーター間違いなしです。夫婦やカップルで一緒にシェアして使うのも良いかと思います。

また、イソップはハンドクリームだけでなく、たくさんの関連商品が出ています。ハンドクリームが気に入った方は、どんどん違う商品も試してみて下さい。肌のケアは同じメーカーを使うとさらなる効果が期待できます。少し自分へのご褒美として、良い商品でケアするのも良いかもしれませんね。

  • 関連するキーワード

    関連するブランド