女性の加齢臭|原因と4つの対策法!石鹸やスプレーでニオイは消せる?

「おじさん」をイメージさせる加齢臭という言葉。加齢臭はその名の通り年齢を重ねることで発生しますが、おじさんだけでなく、女性でも加齢臭が出ることがあります。加齢臭はどのようなことで引き起こされるのか、加齢臭の原因を知って徹底的に対策しましょう。

2018年10月22日更新

ニオイ/体臭対策

LISA (フェリーチェ編集部)

  • fb
  • line

[1] 女性も要注意!おじさんのニオイ加齢臭

「加齢臭」という言葉から、なんとなく「中高年から放たれるニオイ」というのはイメージできますが、具体的に加齢臭とはどのようなニオイのことを言うのでしょう。

女性も要注意「加齢臭」の原因と対策!石鹸やスプレーでニオイは消せる?

加齢臭ってどんなものをいうの?

加齢臭のニオイは、皮脂腺から出る皮脂が酸化して発生するニオイです。50代の半ば頃からニオイが強くなると言われており、「おじさんのニオイ」としても知られています。そのニオイは独特で、「ロウソクのロウのようなニオイ」「古本のニオイ」「枯れ葉のようなニオイ」などさまざまな表現をされます。

加齢臭は女性でも発生する

「おじさんのニオイ」と言われる加齢臭。加齢臭は男性にしか発生しないと思っている人もいるようですが、実は女性も加齢臭が出ます。「おじさんのニオイ」が女性の身体からにおってきたら、イメージもガタ落ちですよね。

女性は女性ホルモンによって皮脂の量が抑えられているため、一般的には男性の方が皮脂量が多く、加齢臭も男性の方が出やすい傾向があります。しかし、女性も閉経すると女性ホルモンが減少し、それにより男性ホルモンが活性化されます。そのため、皮脂量が増え、加齢臭が発生しやすくなると言われています。女性の閉経は50歳前後が平均的です。

加齢臭が出やすい部位

加齢臭は皮脂が原因となるため、皮脂腺が多い部位に発生しやすいとされています。具体的には、わきや耳の後ろ、顔、頭皮、背中、胸など。特に頭皮は皮脂の分泌量が多く、加齢臭も「枕が臭くなる」とよく言われます。

[2] 女性でも加齢臭が発生する原因

加齢臭の原因となる皮脂。しかし、皮脂は子どもや青年でも分泌されているものです。なぜ中高年になってニオイが発生するようになるのでしょう。加齢臭発生のメカニズムを解説します。

加齢臭の発生メカニズム

皮脂は年齢に関係なく分泌されますが、年齢を重ねると、皮脂に含まれる「パルミトレイン酸」という脂肪酸が増えていきます。パルミトレイン酸を含む皮脂が皮脂腺から分泌され、空気に触れると、空気中の酸素によって酸化されます。その際、酸化したパルミトレイン酸は「2-ノネナール」という成分を生成します。この2-ノネナールが加齢臭のニオイのもととなるニオイ成分で、あの独特のニオイの原因となります。

加齢臭が発生しやすい人の条件

    肥満体質の人

    「痩せているときはニオイが気にならなかったのに中年太りしたら加齢臭が気になるようになった」というケースがあります。中年男性に多く見られる肥満は、加齢臭を発生させやすくする大きなリスクになります。

    肥満になると、身体の中にたくさんの中性脂肪が蓄積され、皮脂の分泌量が増えます。加齢臭は皮脂腺から分泌された皮脂が酸化することで発生するため、皮脂量が増えればそれだけニオイも発生しやすくなるのです。

    アルコール好きの人

    アルコールが好きでお酒をよく飲む人は加齢臭が強く出やすい傾向があります。これには、身体の中で摂取したアルコールが分解される際に生み出されるアセトアルデヒドという物質が関係しています。アセトアルデヒドには、加齢臭の原因物質であるノネナールと混ざるとニオイを強くしてしまう作用があるのです。

    喫煙する人

    喫煙は、体内の「活性酸素」を増加させます。活性酸素とは、その名の通り活発な酸素のこと。一般的な酸素よりも酸化の働きが強く、パルミトレイン酸を酸化させて加齢臭のニオイのもととなる2-ノネナールを生み出します。活性酸素は、喫煙だけでなく飲酒や激しい運動、紫外線などでも増加することがわかっています。

    ストレスを溜めがちな人

    ストレスも喫煙と同じく、加齢臭を悪化させる活性酸素の増加原因となります。活性酸素は、ストレスを感じたときに大量に発生します。そのため、ストレスを溜めやすい性格の人は常に活性酸素が発生している状態に。ただ、ストレスをまったく感じずに生活するということは現実的ではなく、ストレスを溜めないよう上手に発散することが重要となります。

    [3] 生活の中でできる女性のための加齢臭ニオイ対策

    加齢臭を出さないようにするには、上で紹介したような加齢臭の原因を除去することに加え、加齢臭対策を行うことも大切です。ここでは、毎日の生活を見直すことでできる加齢臭対策を紹介します。

    身体の洗い方の見直しで加齢臭対策

    女性も要注意「加齢臭」の原因と対策!石鹸やスプレーでニオイは消せる?

    加齢臭が出やすい部位特にしっかりと洗う

    加齢臭が出やすい部位は、わき、耳の後ろ、首筋、顔、頭皮、背中、胸、デリケートゾーン。ニオイが気になる人の場合、わきやデリケートゾーンは意識して洗っているかもしれませんが、意外と忘れがちなのが耳の後ろや首筋、背中です。洗い忘れないよう、入浴の際は毎回意識してしっかり洗うようにしましょう。

    強く擦らずやさしく洗う

    身体を洗う際、汚れをしっかり落とそうとつい力を入れてゴシゴシ擦ってしまいがちです。あまり強く擦ると、肌が傷ついてしまうだけでなく、皮脂を落とし過ぎてしまうことがあります。皮脂が落ちすぎると、身体は「皮脂が足りない」と判断し、皮脂が多く分泌するようになるのでかえってニオイも発生しやすくなることがあります。身体を洗う際は綿や木綿などの柔らかい素材のタオルを使いやさしく洗うようにしましょう。

    加齢臭対策用の石鹸を使う

    加齢臭の原因物質であるノネナールのニオイは、一般的な石鹸では落としきれないと言われています。加齢臭のニオイ対策には、そもそものノネナール生成の原因となる「皮脂の酸化」を予防する加齢臭対策用の石鹸がおすすめです。

    食べ物、食生活の見直しで加齢臭対策

    皮脂の酸化により引き起こされる加齢臭は、食事の見直しによっても対策することが可能です。特に、肥満体質で皮脂が出やすい人などは、食事の見直しが重要なポイントとなります。どのような食事が良くないのか、また、どのような食事をとるべきなのかを知っておきましょう。

    控えるべき食べ物、食事

    皮脂を分泌させやすいのが、動物性脂肪の多い食事です。肉類や乳製品を好んで食べる人は、皮脂が過剰に分泌されている可能性があります。加齢臭の原因物質であるノネナールは、皮脂が酸化することによって生み出されるので、そもそもの皮脂量を減らすことで加齢臭のニオイを抑えられると考えられます。

    体臭や加齢臭に悩む日本人が増加したのは、肉を多くとり入れるような食の欧米化がひとつのきっかけとも言われており、肉類・乳製品を控えることは加齢臭対策の大きなポイントとなります。

    また、植物油も控えたい食べ物です。植物性だから問題ないと思いがちですが、植物油に含まれるリノール酸は中性脂肪やコレステロールを増やし、身体の中で酸化させてニオイ物質を生成します。油を使うのであれば、オリーブオイルがおすすめ。オリーブオイルに含まれるオレイン酸は酸化されにくいのが特徴です。

    加齢臭対策におすすめの食べ物、食事

    加齢臭の原因となるニオイ物質ノネナールは、皮脂に含まれる脂肪酸が酸化することで発生します。この酸化を促すのが活性酸素。そのため、活性酸素を除去する作用をもつ抗酸化食品は加齢臭対策に有効と考えられます。


    ビタミンC、ビタミンE、ベータカロテンなどの栄養素が抗酸化作用の高いとされているので、これらの栄養素を多く含む食べ物を意識してとるようにしましょう。具体的には、ビタミンCであれば柑橘系の果物やブロッコリー、ビタミンEであればオリーブオイルやナッツ類、ベータカロテンであれば緑黄色野菜などです。

運動で加齢臭対策

有酸素運動は体内の脂質量を減らし、脂肪酸過多を予防する効果があるため、加齢臭対策に有効とされています。日常生活にとり入れやすい有酸素運動としては、ウィーキングやジョギング、ヨガなどがあります。

ただし、普段ほとんど運動をしない人の場合、急にハードなジョギングなどをすると体内に酸素を取り込みすぎてしまい、活性酸素が増加してかえって逆効果になってしまうことも。加齢臭対策として有酸素運動を行う際は、身体に負担になり過ぎないように気をつけて行いましょう。

適度な運動はストレスの解消にもなり、活性酸素増加の予防につながるため、そういった面からも加齢臭対策になります。

洗濯方法の見直しで女性も加齢臭対策

加齢臭のニオイ物質であるノネナールは皮脂の酸化によって発生します。皮脂による汚れやニオイは、一般的な洗濯用洗剤ではなかなか落としきれません。そのため、洋服にも加齢臭が染みつき、加齢臭をより強くにおわせてしまっている可能性があります。洋服のニオイをしっかりとることも重要な加齢臭対策です。

洋服に染みついた加齢臭を落とすには酵素系漂白剤がおすすめ。洋服の首回りやわき部分などニオイが気になる箇所に酵素用漂白剤をつけ、洗濯用洗剤を溶かしたお湯に30分~2時間ほどつけておきます。つけ置き後は、ほかの洗濯物と一緒に洗濯機で洗います。この方法でもニオイがとりきれない場合は、洗濯の際に介護用洗剤を使用するのもおすすめです。

[4] 女性必見!加齢臭対策グッズ3選

手軽にとり入れられる加齢臭対策グッズ。最近では、女性でも持ち歩きやすいよう、パッケージを可愛らしいデザインにしたデオドラントグッズも増えています。ドラッグストアや通販で買えるものから手作りできるものまで、注目の加齢臭対策グッズを紹介します。

消臭・殺菌効果が期待できる柿渋石鹸

消臭効果が期待できるデオドラント石鹸では柿渋石鹸が有名です。柿渋石鹸に配合されている柿タンニンには、赤ワインのおよそ20倍のポリフェノールが含まれているといわれており、このポリフェノールがニオイ成分を変化させてニオイを抑制します。

 

デオタンニング ソープ 100g

デオタンニング ソープ 100g

470円(01/22 08:34時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

ニオイ抑制効果が期待できるミョウバン

加齢臭とは別の「汗臭い」ニオイは、皮膚にいる雑菌が汗を分解することで発生します。加齢臭に汗臭いニオイが加わるとよりニオイも強烈なものに。そこで役立つのがミョウバンです。

ミョウバンを水で溶かしたミョウバン水をガーゼなどに含ませ、ニオイが気になる部分にあてます。ミョウバンの酸性がアルカリ性の体臭を中和し、ニオイを和らげます。ミョウバンはドラッグストアやスーパーで購入できます。

ミョウバンの商品:ケンエー 硫酸アルミニウムカリウム(乾燥) (焼ミョウバン) 500g

加齢臭対策の補助として役立つサプリメント

加齢臭緩和に役立つ成分を配合したサプリメントで補うという方法です。ただし、サプリメントはあくまで栄養バランスの補助として使用するもの。基本的には毎日の食生活を見直し、食事から必要な栄養素を摂取するのが理想です。

臭活サプリ シャンピニオン配合 サプリメント 120粒 30日分

 

[5] 臭い女性の加齢臭対策は生活習慣の見直しから

中高年男性だけでなく、女性でも発生することがある加齢臭。一般的には「おじさん」のイメージがあるため、女性から加齢臭のニオイがしたらドン引きされること必至です。加齢臭の発生には食事、運動、喫煙、ストレスなど生活習慣が大きく関わっているので、生活習慣を見直して原因部分をきちんと除去すれば、十分ニオイ緩和が期待できます。周囲に気づかれる前に生活習慣を見直して、早めに対策を行いましょう。

  • 関連するキーワード