足の臭いに重曹は効かない!?クエン酸との違いは?詳しくご紹介

暑くなると足が蒸れて、臭いが気になりますよね。足の臭いの消し方・対策方法を調べたときに「重曹」と出てきたのを見たことがある方は多いと思います。重曹は本当に効くのか、クエン酸との違い、効果的な使い方などを詳しくご紹介します。

足の臭いに重曹は効かない?!重曹の効果とおすすめの使い方をご紹介!

2020年05月01日更新

ニオイ/体臭対策

Kaede (フェリーチェ編集部)

  • fb
  • line

[1]足の臭いの原因とは

足の臭いの原因物質

足の臭いに重曹は効かない?!重曹の効果とおすすめの使い方をご紹介!
自分の足の臭いは、男性だけでなく、ストッキングやパンプスを履く女性も気になりますよね。足の臭いは何が原因で発生するのでしょうか。1番に想像するのは、「汗」ですよね。蒸れた感覚がすると足の臭いも気になります。

では、汗は臭いの原因の1つになるのでしょうか。実は、足の裏の汗自体は臭いを発さない「エクリン腺」が99%を占めており、原因にはなりません。しかし、汗は菌を繁殖するには最適の環境を作り出します。

足の裏は、もともと汗をかきやすく、汗腺が他の身体の部分より3倍から10倍ほどあると言われています。両足合わせると1日でコップ1杯分の汗をかくとも言われています。実際の臭いの原因は何か。

それは、汗ではなく、汗と一緒に流れ落ちた古い角質などが原因です。足の裏は体重を支える重要な所のため、角質が厚くなりがちです。その角質が摩擦などにより剥がれ落ち、「垢」となります。

すると、表皮ブドウ球菌等のバクテリアが細菌によって分解され、あの嫌な臭いが発生してしまいます。

さらに、足は菌にとって繁殖しやすい環境がそろっています。靴下や靴で長時間密閉状態になっているので、汗がこもり、蒸れた温かい環境が作り出されます。そして蒸れている状態は、角質も剥がれやすいため、菌の大好物もたくさん与えてしまっているという状態になります。

そして、そのえさを食べるときに発生する物質は「イソ吉草酸」と呼ばれ、納豆にも含まれる臭いです。

足を清潔に保つことが1番の近道

足の臭いに重曹は効かない?!重曹の効果とおすすめの使い方をご紹介!
臭いの原因が分かると、足の菌が繁殖しないようにするのが1番とお分かりかと思います。しかし、菌がいなくて、汗をかかない、なんて人はいません。菌を繁殖させないためには、蒸れさせないようにする必要があります。

そのため、靴や靴下を1日中履いたままにせず、乾燥させることが大切です。オフィスで働かれている方は、机にいる時は靴を脱いだり、オフィス用の靴を用意しておくのといいでしょう。

男性の場合は、替えの靴下を用意し、トイレなどで履き替えるのも効果的です。また、毎日同じ靴を履いてしまうと、靴内の汗が乾ききらずにまた履いてしまい、また臭ってしまう可能性があります。

そのため、乾燥させる工夫をするか、何足か準備しローテーションさせながら履くのが良いでしょう。

[2]足の臭いに重曹は効かないの?!

重曹の効果


では、ネットで噂の重曹について、深く掘り下げていきましょう!重曹とは、正式名称を「炭酸水素ナトリウム」と言います。白い粉状の物質です。身近なものですと、消火剤や食品添加物として利用されています。

安全な物質、さらに安価ということもあり、スーパーなどで簡単に手に入ります。近頃は料理や掃除の際に使う主婦も多く、親しみのあるものになりつつありますよね。

そんなニーズが多い重曹は、臭いを化学変化させて中和させる効果が期待できます。重曹は弱アルカリ性のため、酸性を示す足の臭いの原因物質であるイソ吉草酸の臭いを中和してくれます。

また、重曹には吸水効果も期待でき、吸水する際に臭いを含んだ水分も吸い取ってくれます。以上のことから、重曹は臭いを中和したり、吸水効果が期待出来ます。

しかし残念ながら、臭いを発する菌そのものを発生させなくするわけではありませんので、目的に合わせて使用するようにしましょう。

[3]重曹の正しい使い方

では、重曹の活用方法をご紹介いたします!とっても簡単なのでぜひ試してみてください。

重曹入り足湯で足を清潔に


洗面器にお湯をはり、重曹を大さじ3杯程度入れるだけ。肌が弱い方は重曹を少なめにして肌への刺激がないか確認してください。重曹自体はスキンケア目的では使われてないので、人によっては合わないケースもあります。

10〜15分程度足湯をすると臭いが中和されます。しかし、あくまでも中和するのが重曹の役割です。殺菌効果はありませんので、注意しましょう。

靴の消臭ケアとして

足のケアだけでなく、靴のケアも大切です。先ほどご紹介したように、蒸れたままにせず、しっかりと乾燥させましょう。

また、重曹を使い、消臭スプレーを作ることも出来ます。割合としては、150mlの水に重曹を小さじ1杯程度加えましょう。

スプレー容器はどんなものでも構いません。靴を脱いだ後にサッとスプレーするだけ。小さなスプレーボトルに入れれば、外出先でも使用可能です。

また、薄めず、粉状のまま靴に入れる方法も効果的です。いらなくなった靴下やストッキングに重曹を入れて、溢れないように先を結ぶだけ。重曹の効果である、消臭効果と除湿効果も期待出来ます。

靴下の消臭ケアとして


靴下のケアをすることも大切です。靴下が臭う時は、重曹水に一晩つけておくと効果的です。洗濯機に入れて洗う前、よくすすぐ事を忘れずに行いましょう。そのまま洗濯機に入れてしまうと、重曹が内部で詰まり故障の原因になります。

重曹以外にも靴下の臭いの改善方法をまとめた記事があるので興味のあるかたはぜひチェックしてみてください!

[4]人気のおすすめ重曹TOP3

では、ネットでおすすめの重曹をご紹介いたします。

3位 【ニチガ】国産重曹

安心の国産の重曹で、とてもキメの細かい粒子が特徴。食品添加物製造工場の認可を取っている工場で作られているため、食用(食品添加物)としても販売されているものです。人体に無害かつ環境にも優しい重曹です。

『いろいろに』
掃除に使い始めたのですが、いろいろに使えることを知って、5㎏を購入するようになりました。
掃除、洗濯、入浴剤、歯磨き、まだまだありそうですね。
入浴時にコップ一杯の重曹インが一番好きです。体も温まり体臭も消えます。掃除もお風呂洗剤無しでできます。
●引用元:amazon

2位 【ヘルシーカンパニー】重曹(炭酸水素ナトリウム)

重曹(炭酸水素ナトリウム)950g 食品添加物

重曹(炭酸水素ナトリウム)950g 食品添加物

580円(05/31 14:43時点)
Amazonの情報を掲載しています

料理や掃除、入浴などに使用できる重曹。入浴剤としての使用もおすすめされているので、もちろん足にも◎。購入画面では、詳しく注意点も書いてあるので安心です。

1位 【パックスナチュロン】パックス重曹F

パックス重曹F 2kg

パックス重曹F 2kg

530円(05/31 12:51時点)
Amazonの情報を掲載しています

パンやケーキ、お菓子の粉としても使える食用グレードの重曹です。その品質もさることながら、人気の秘密は圧倒的なコスパの良さ!「たくさん入っている」、「気兼ねなく使える」という口コミも多くあります。

『お得』
お風呂、洗濯、台所、部屋の掃除にと使っています。
食品用なので安心でお得です。
お風呂に多めに入れると、垢がボロボロでます(笑)
●引用元:amazon

[5]重曹以外で足の臭いに効くものってあるの?

ネット検索で話題の重曹以外の物も、詳しくご紹介していきます。

クエン酸は効く?

足の臭いに効くと言われている「クエン酸」。レモン等の柑橘系の酸っぱさの成分です。クエン酸は重曹とは違い、雑菌の繁殖を抑える効果があると言われています。

またクエン酸はアンモニア性のニオイ成分を中和してくれますので、重曹で効果が現れない方はクエン酸を試してみるとよいでしょう。

使い方は重曹と変わらず、洗面器などに入れたお湯にクエン酸を大さじ2杯程度入れて入るだけ。また、重曹で作ったスプレーと同様にクエン酸スプレーを作る事も可能です。

クエン酸は体内から摂取するのも効果的と言われています。クエン酸の入ったドリンクや食材を摂るようにしましょう。

クエン酸で洗濯をすることでニオイ対策に効果があるということをまとめている記事があるので、興味のある方はぜひ参考にしてみてください!

お酢は効く?

クエン酸と並んで紹介されることの多い「酢酸」。クエン酸と同様、アルカリ性が臭いの原因になっている場合は効果が期待出来ます。

お酢も重曹やクエン酸と同様、洗面器などにお湯をはり、お酢を入れて足湯をするだけ。とても簡単にケアが出来ます。

キッチンに置いてある食用のお酢でも大丈夫ですが、ドラッグストアで買える竹酢酸や木酢酸を使うことも出来ます。

ただし、お酢は少し臭いが残りやすく、出かける前に行ってしまうと、酸っぱい臭いが取れないままになってしまうので、注意が必要です。

ミョウバンは効く?

食品添加物として知られる「ミョウバン」は、実は足の臭い対策にも役立ちます。雑菌は弱酸性の環境で生きることができません。ミョウバンは水に溶かすと弱酸性になり、殺菌作用が期待出来ます。

また、弱酸性はアルカリ性の臭いを中和するため、消臭効果もあります。さらにミョウバンには制汗作用もあります。冒頭で紹介したように、汗は細菌を増やしてしまいます。

汗の量が減れば、その分蒸れることもなくなり、雑菌の繁殖を防いでくれます。

ミョウバンを使用する時は、ミョウバン50gに対して水1.5ℓで薄めましょう。スプレー容器に入れてお風呂後の綺麗な足にスプレーすると効果がでます。

ミョウバンは漬物を作る時に使うものなので、スーパーで購入することが可能ですよ。

もし酸性の足の臭いにお悩みの方も、ミョウバンは菌の繁殖を抑える効果として、重曹などと合わせて使うこともおすすめです。

【編集部おすすめ①】足の臭い対策クリーム「ティノン」


足の裏の臭いを直接対策するにはデオドラントクリームがおすすめ。数あるデオドラントクリームの中でも足の臭い対策に特化した商品が「ティノン」です。

臭いの原因である汗の制汗効果だけでなく、雑菌の増殖の予防などもできます。

また、保湿効果もあるのでかかとのケアも同時にできちゃうんです。

日頃からケアをするのが大切な足の臭い対策。ティノンなら朝一で塗れば1日効果を持続することができ、持ち運びもできるのでお出かけのときにも便利です。

ぜひ毎日のケアの中に取り入れて無臭の足を目指しましょう!

この商品の詳細を見る
実際に編集部が使ってみたレビュー記事もあるのでぜひこちらもチェックしてみてください!

【編集部おすすめ②】足専用の消臭スプレー「LLMフットシャワー」

瞬間的に足の臭いを消臭してくれる医薬部外品の消臭スプレー「LLM(エルエルエム)フットシャワー」。

ミョウバン主体の有効成分(硫酸アルミニウムカリウム)が、制汗・抗菌・消臭効果を発揮し、ひと吹きで足のニオイを瞬間消臭!

検証実験で効果を実証済みの実感力の高い足専用の消臭スプレーです。

この商品の詳細を見る

[6]足の臭いの原因を理解してキレイに保とう!

足の臭いに重曹は効かない?!重曹の効果とおすすめの使い方をご紹介!
いかがでしたか。足の臭いの原因から探ると、どのような対策を取ればよいか理解して頂けたかと思います。重曹やクエン酸、お酢、ミョウバンなど普段は他の事に使っている物を上手く利用していきましょう。

昨今は足の臭いに効果的なクリームやスプレーなどが発売されています。もちろんそのような商品を使ってみるのも良いでしょう。しかし、身近な物を利用して効果が期待出来ると、無駄なお金を使わずに済むので嬉しいですね。

今回は、重曹に特化した足の臭い対策について紹介しましたが、足の臭いの理由と消臭対策方法をまとめている記事があるので興味のあるかたはチェックしてみてください!


  • 関連するキーワード