体臭がする理由は食べ物が原因?今すぐできる体臭改善方法とは?

自分ではなかなか気づくことができない体臭。だけど、他人からは臭ってしまうものです。最近では、スメルハラスメントという言葉もできていますので、なるべく早い段階で対処したいものです。実は体臭の原因は食べ物であることが多いのです。体に悪いものばかり食べているのなら、今日から食べ物で改善しましょう。

体臭がする理由は食べ物が原因!今すぐできる体臭改善方法とは?

2018年11月20日更新

ニオイ/体臭対策

亀崎智子 (管理栄養士)

  • fb
  • line

[1] 体臭がする理由は食べ物が原因?

体臭がする理由は食べ物が原因!今すぐできる体臭改善方法とは?
なんだか自分からニオイがする気がする、他人から体臭を指摘されたという方はいらっしゃいませんか?自分から変なニオイがしていることに気付くとショックを受けてしまいますよね。しかし、もしかするとその体臭は食べ物が原因かもしれませんよ。では、なぜ食べ物が原因で体臭がしてしまうのでしょうか?

皮脂や雑菌が発生しやすくなることが理由

人は食べ物を食べると、胃や腸で消化吸収を行おうとします。その際に、強いニオイを発生してしまうものを食べてしまうと、それがそのまま体臭として定着してしまうのです。また、皮脂などが溜まりやすい食べ物を食べてしまうことによって、体の中で酸化が起きてしまいます。

すると、ニオイが発生しやすくなってしまいます。雑菌なども体臭の原因です。雑菌はどこにでもいるものではありますが、汗と混ざることによってとても強烈なニオイに変わってしまうため、体臭が気になる人は雑菌を発生させやすくなるような食べ物は避けるべきです。

コンビニ弁当などの食べ過ぎや腸内環境が悪くなることも原因

体臭がする理由は食べ物が原因!今すぐできる体臭改善方法とは?
また、コンビニ弁当やジャンクフードの食べ過ぎでも体臭がきつくなる傾向があります。肉や脂質などで偏った食生活送ってしまうと、腸内環境が悪くなってしまいます。食物繊維が不足している生活を送り続けていると、便秘などのせいでどんどん体臭がきつくなってしまうのです。もし現在、外食やコンビニ弁当ばかりの食生活を送っているのであれば、少しだけ意識して自炊を心がけるのも一つの方法でしょう。

[2] 体臭を発生させてしまう食べ物とは?

しかし、自炊を行っていてもなぜか体臭が発生してしまうという方はいるはず。実はバランスよく食べていたつもりでも、体臭を発生させる食べ物は潜んでいるのです。なので、知らずに食べていることが思わぬ落とし穴になりかねません。では、どのような食べ物が体臭を発生させるのでしょうか。

体臭を発生させやすい食べ物4つ

体臭を発生させやすい食べ物は以下のようなものがあります。今回は、体臭を発生させる食べ物として代表的なものを4つ上げました。

肉類

体臭がする理由は食べ物が原因!今すぐできる体臭改善方法とは?
肉類は、体臭を発生させやすい食べ物として有名です。肉類にはたんぱく質だけでなく脂質が含まれているため、必要以上に食べてしまうと脂質が脂肪として体に蓄積してしまいます。そして、皮脂も増加しやすくなってしまいます。皮脂が増加してしまうと、体の中で酸化してしまうため、悪臭を放ちやすくなってしまいます。

また、タンパク質は腸内で分解される際にアンモニアと呼ばれる物質が作られます。アンモニアとは尿に含まれる成分のことです。腸内の悪玉菌によってアンモニア作られると悪臭を放ってしまいますので、極力肉類は控えた方が良いかもしれません。だからといって、肉を一切食べないという生活は現代社会においてかなり厳しいはず。なので、魚や大豆製品を摂取するなどしてバランスよく食べるように心がけましょう。

・アルコール

ビールやワインなどのアルコール類も、体臭を発生させやすい飲み物です。人間の体はアルコールが分解される時に、アセトアルデヒドや酢酸という物質に変わります。アセトアルデヒドによって、有害のアルコールを無毒に変化させるのですが、アセトアルデヒドの量が増えるほど体臭がきつくなってしまうのです。

よくお酒を飲む人は、注意が必要です。毎日飲んでいるという人は、休肝日を設けたり、アルコール摂取量を控えたりする工夫が必要です。

・辛い食べ物

唐辛子などを多く含む辛い食べ物も、体臭を悪化させる原因になりかねません。辛い食べ物を食べると、大量の汗が出ます。汗自体にニオイはないのですが、時間が経つと雑菌が繁殖してしまうため、雑菌によって体臭がきつくなってしまうのです。

辛いものをよく食べる人は、デオドラントシートなども用意しておいた方が良いかもしれません。

・にんにく


にんにくといえば、口臭を発生させる食べ物として有名ですが、実は口臭とともに体臭も悪化させてしまう食べ物として知られています。にんにくには、アリインと呼ばれる成分が含まれています。にんにくに料理で傷がつけられるとこのアリインという物質がアリナーゼという酵素によりアリシンという物質に変わります。

そして、アリシンこそが口臭や体臭を重ねてしまう原因なのです。血液中に取り込まれると皮膚からもニオイを発してしまうため、臭いと感じてしまいます。にんにくを食べた後は、口臭予防だけでなく体臭予防もしておいた方がいいでしょう。

ジャンクフードやスナック菓子が原因であることも

先ほども言ったように、ジャンクフードやスナック菓子などの食べ過ぎも体臭の原因になりかねません。時々食べる分には問題ないのですが、毎日のように大量に食べていると、化学調味料や活性酸素といったものが体臭を作り出してしまうのです。

化学調味料とは、外食や加工食品に多く使われている成分のことです。着色料や保存料といった食品添加物は、大量に食べてしまうと体が毒物だと思い込んでしまい、戦おうとします。その際に活性酸素を多く排出してしまうのです。

活性酸素とは、体を作る細胞が酸化してしまうもので、これらが酸化してしまうと強い悪臭を放ってしまうのです。また、長年活性酸素を放出し続けてしまうと体臭ではなく加齢臭を発生させてしまいます。加齢臭も体臭の一つの原因ですので、他人から臭うと指摘された場合は抑えるための努力が必要でしょう。

[3] 体にいい食べ物が体臭の原因になるって本当?

肉類やアルコールなどが体臭の原因になることがわかりました。すると、体臭を改善したいと思っている方は、身体に良いと言われている食べ物を摂ることを習慣として取り入れようと思うかもしれません。

しかし、実は体にいいと呼ばれている食べ物の中にも、体臭の原因を作り出してしまうものがいくつかあるのです。野菜などの中にも落とし穴はありますので、しっかりと学んでおきましょう。

乳製品が体臭の原因になることも

体臭がする理由は食べ物が原因!今すぐできる体臭改善方法とは?
牛乳やチーズ、ヨーグルトと言った乳製品は身体に良いと言われています。乳製品を多く取り入れることによって、腸内環境を整えてくれるイメージがあるので毎日のように食べるという人も多いかもしれません。しかし、乳製品は体臭の原因になってしまうこともあるのです。

特に、牛乳やヨーグルトを食べるとお腹を下してしまう人は要注意です。乳製品には乳糖と呼ばれる物質が含まれています。この乳糖は分解されないままでいると、腸内で悪臭を放ってしまうのです。これが、乳製品が体臭を発生させる主な原因です。


そもそも、日本人は欧米人などに比べると乳糖をきちんと消化できない乳糖不耐症の人が多いと言われています。子供の頃は毎日のように牛乳を飲んでいても大丈夫だったという方も、年齢を重ねると共に乳糖を分解できる能力が低くなってしまうため、乳糖不耐症になってしまうという方も少なくありません。

もし、乳製品を摂取していてお腹を下したことがあるなら、量を少なくしたり摂取することを一旦控えてみたりすると良いでしょう。

アブラナ科の野菜も危険

アブラナ科の野菜も、体臭を発生させてしまう原因となってしまうことがあるようです。アブラナ科の野菜とは、ブロッコリーやキャベツといったとても身近な食材です。安売りされていることも多いので、ついついたくさん買ってしまうということも多いのではないでしょうか。

アブラナ科の野菜には硫黄混合物と呼ばれる物質が含まれているため、たくさん食べてしまうと腸内にガスがたまってしまいます。腸内にたまっているガスは汗や皮膚から外に排出されてしまうので、体臭として臭ってしまうのです。

基本的に食べ過ぎなければ問題ない

しかし、乳製品も野菜も全く摂取しないという食生活を送るのはとても危険です。基本的には、1日の適正量を超えるような量を摂らなければ問題はありません。むしろ、乳製品やアブラナ科の野菜には栄養分が豊富に含まれているので食べることをおすすめします。また、アブラナ科の野菜が体臭として臭ってしまうのは消化が終わる時間まで。なので、摂取してから6時間ほど経てば体臭として臭うことはありません。

[4] 体臭を改善させるためにはどうすればいいの?

食べ物によっては体臭を悪化させてしまうことがわかりました。では、どうすれば体臭を改善することができるのでしょうか。実は、食べ物が原因で体臭を発生している場合、食べ物によって改善させることもできるのです。とても手軽なので、体臭が気になっている方はぜひ今日から取り入れてみてください。

腸内環境を整えるようにする

まず、毎日のように肉類やジャンクフード、外食生活を送っている人は腸内環境が悪くなっている可能性があります。ですので、最初は腸内環境を整えることから始めてみましょう。腸内環境を整えるためには乳酸菌がおすすめです。もし、乳糖不耐症でないのであればヨーグルトなどを摂取して、腸内環境を整えていくといいでしょう。


これ以上乳製品を摂取できないという人や、乳糖不耐症だから乳製品はとりたくない人は、納豆や味噌、醤油といった食品から乳酸菌を摂取してみましょう。乳酸菌が腸まで届くと、悪玉菌を減らし善玉菌を増やしてくれる効果があります。特に今、便秘をしている人は積極的に摂取してみましょう。

食物繊維などを積極的に摂取する


そして、乳酸菌の他に食物繊維も積極的に摂取してみましょう。食物繊維には、便秘を改善させる効果がありますので、今便秘をしているという人は意識して食べてみてください。食物繊維を多く含む食材として知られているのは、ごぼうやきのこ類といったものです。また、最近では海藻類も食物繊維を多く含む食材として注目を浴びています。海藻類には食物繊維だけでなく有害物質を排除してくれたり、血液をサラサラにしてくれる効果もありますので、積極的に食べてみましょう。

・体臭を改善させるなら水溶性食物繊維がおすすめ

食物繊維は体にいいといわれていますが、大きく分けて二つの種類があることをご存知でしょうか。一つは水溶性食物繊維。もう一つは不溶性食物繊維です。水溶性は水に溶けやすく、不溶性は水に溶けにくい性質があります。後者の不溶性食物繊維は便秘を改善させるのに効果的と言われています。

体臭を改善させるのであれば、水溶性食物繊維がおすすめです。水溶性食物繊維には善玉菌を増やす効果を持っていたり、腸内にある不要な有害物を包み込んで排出してくれる効果があるので、体臭を改善させたい人には強い味方です。


水溶性食物繊維を多く含む食べ物は、海藻やりんご、椎茸等です。果物類やきのこ類、海藻類に多く含まれていますので、食物繊維を多く摂取したい時はこれらの食べ物を多く食べてみましょう。もちろん、便秘が原因で体臭を放ってしまっているのであれば不溶性食物繊維を多く含む食べ物を食べるべきです。

不溶性食物繊維を豊富に含む食べ物といえば、ごぼうやさつまいも、大豆製品などがおすすめです。胃や腸で水分を吸収して膨らみ、腸を刺激することで便通を改善して便秘の解消で腸内環境を整える効果がありますので、まんべんなく食べられるようにすると効果的ですね。

[5] 体臭を改善させるための食べ物やレシピとは?

体臭を改善させるための食べ物がいくつかわかりましたが、どうせ食べるのであれば美味しく食べたいものですよね。では、どのように調理すればいるのでしょうか。そこで、体臭を改善させるための食材を美味しく食べる方法をご紹介します。

緑黄色野菜

トマトやほうれん草、人参などの緑黄色野菜にはベータカロテンと呼ばれる成分が含まれています。ベータカロテンには皮脂の酸化を抑える効果があるので、積極的に食べましょう。緑黄色野菜は簡単な調理で美味しく食べられるものも多く、油と一緒に取ることで吸収率がアップするので良質な油を使って料理するのをおすすめします。

適当な大きさにカットしてソテーして食べるのも手軽です。また、お湯で柔らかくなるまで茹で、お好みのドレッシングをかけて食べるのもオススメです。

・肉を食べるときは必ず野菜も一緒に摂取する


生活をしていると、どうしても肉を食べる習慣はやめられませんよね。なので、肉を食べる時は、必ず野菜も摂取するようにしましょう。野菜を一緒に摂取することによって、肉類を分解するときに発生するアンモニア臭を抑えることができます。

ただし、野菜も食べているから大丈夫というわけではなく、必ず肉よりも野菜の方が多くなるように量を調節するのが大切です。特に、野菜が嫌いな人は要注意です。どうしても肉を摂取する量の方が多くなってしまうので、意識して野菜もたくさん食べられるようにしましょう。

魚類

ビタミン群の中でも、ビタミンB2やビタミンB6などの成分は、タンパク質の代謝を良くする効果があります。このビタミンB2やビタミンB6には、さんまやカツオ、まぐろなどの魚類に豊富に含まれています。

もし、魚を調理することに抵抗があるのであれば、スーパーなどでお刺身を買ったりして意識的に食べましょう。魚類をメインにすると自然と和食の献立が並びます。副菜に緑黄色野菜を使ったものを取り入れると、より効果的な食事が摂取できるでしょう。

めかぶ

めかぶとは、海藻類の一種のことです。海藻には体臭を予防する効果がありますので、積極的に摂取したい食べ物のひとつでもあります。ところが、めかぶはあまりメジャーではない食べ物なため、どのように食べていいか分からないという方も多いのではないでしょうか?

そこでおすすめなレシピが、めかぶの和え物です。めかぶやきゅうりなどの野菜を一緒に混ぜ、めんつゆなどで味を付けた和え物はとても簡単です。ちょっとした副菜にぴったりなので、魚類をメインとした献立の時に一緒に作ってみてはいかがでしょうか。また、同じ海藻として有名なもずくなどは、そのまま食べることができるので調理する手間が省けます。自炊することに抵抗があるのであれば、もずくなどを積極的に食べてみましょう。

[6] 今日から食べ物で体臭を改善しよう


食べ物によって体臭が発生してしまうこともありますが、食べるものにさえ気をつければ体臭を消すこともできるのです。もし、自分で体臭がすると思ったのであれば、今日から食べ物に気を遣ってみませんか?他人からスメルハラスメントだと思われないためにも早めの対策が大切です。美味しく食べることによって長く続けることもできますので、ぜひご紹介したレシピも試してみてください。

  • 関連するキーワード