車内の気になる臭いをスッキリ消臭!効果的な臭い消しの方法をご紹介

車内がタバコくさい、加齢臭や汗の臭いが取れない、エアコンを付けると嫌な臭いがするといった経験はありませんか?芳香剤を置いてもなかなか取れない頑固な臭い、どうしたらいいのか分からず諦めている方も多いのではないでしょうか。今回は車内にしみついてしまった臭いをスッキリさせる臭い消しの方法についてご紹介します。

車内の気になる臭いをスッキリ消臭!効果的な臭い消しの方法をご紹介

2018年05月18日更新

部屋の臭い/生活臭

Ayano (フェリーチェ編集部)

  • fb
  • line

[1]車の臭いの主な原因

臭いを放っている原因は一体何でしょうか。車内は密閉された空間のため臭いが充満し、なかには車酔いしてしまう方もいます。まずは臭いの元を突き止めましょう。

タバコの煙や灰皿の臭い

喫煙する方は車内中にタバコの臭いがしみついています。臭いの原因はタバコに含まれるタールやアンモニア、アセルアヒデルド、ニコチン、窒素化合物によるものです。髪の毛や洋服にも、すぐにしみついてしまいますよね。車内も同じように灰皿の臭いだけでなくシートや天井、ダッシュボードなどあらゆるところにタバコの臭いがしみついているのです。

エアコンのカビ

エアコンのスイッチを付けると生乾きの洗濯物のような臭いがすることはありませんか?この嫌な臭いはエアコン内のカビが原因なのです。エアコンの使用後にできた結露にエアコン内のほこりや汚れが付くことでカビが発生し、臭いを放ちます。エアコンの嫌な臭いはただ単にくさいだけでなく、エアコンを付ける度にカビの胞子が入った空気を吸うことになるため肺炎や喘息を引き起こすことがあります。他にもエアコンの効きが悪くなるため燃費が低下します。

飲みこぼしや食べこぼし

車内で食べたり飲んだりすることはよくありますよね。特に子どもがいると長旅のドライブにはお菓子などが欠かせません。しかし、運転中は車体が揺れるためついついこぼしてしまいがちです。食べこぼしがシートの隙間やフロアマットに落ちたままになっているとダニやカビ、雑菌が発生し、臭いの原因になります。また、寒い日に湯気の出る物を食べたりするとその蒸気が天井にしみついてタバコと同様に臭いの原因になることもあります。

シートについた汗や加齢臭

夏場は薄着になったり、靴を履いていることが煩わしくなり、車内で靴や靴下を脱いでしまう方も多いのではないでしょうか。そうするとシートに直接肌が触れる機会が多くなります。汗をかいた体とシートが密着することで汗がしみついてしまいます。また、年齢とともに気になってくるのが加齢臭です。長時間座っていると加齢臭の独特な臭いも簡単にシートにしみついてしまうのです。

ペットのニオイ

ペットを飼っている方は車に乗せて一緒に出かけることがありますよね。きれいにシャンプーなどをしていてもペットの皮脂や唾液などはどうしても車内に付いてしまいます。時にはおしっこなどの排泄物がしみついてしまうこともあります。また、ペットの毛はシートの隙間やフロアマットに溜まりやすいためそこから嫌な臭いが発生します。普段一緒に過ごしていると臭いが気にならないのはその臭いに慣れてしまっているからです。他の人を乗せる時は気を配りたいですね。

生乾きのフロアマット

雨の日はどうしてもフロアマットに水や泥などが付いてしまいます。フロアマットに水分を含んだまま何日も放置しておくと雑菌が繁殖して嫌な臭いを発生させます。

[2]効果的な消臭方法とは

臭いの原因が分かったらさっそく消臭しましょう。臭いの原因によって効果的な消臭方法はさまざまになるため参考にしてみてくださいね。

タバコ臭の場合

タバコの臭いはとても頑固であらゆるところに臭いがしみついています。そのため掃除も広範囲におこなわなければなりません。

  1. フロアマットの掃除
  2. タバコの灰はフロアマットの上に落ちてマットの溝などに溜まっていきます。溝に溜まった灰を取り除くためにまずはマットをはたいて灰を落とします。その後、水洗いをします。そして洗濯洗剤を薄めたものをかけてタワシでしっかりと洗います。十分に洗い流した後は完全に乾くまで乾燥させてください。

  3. 雑巾で車内の隅々まで拭く
  4. 固く絞った雑巾を使ってダッシュボードや日よけのバイザー、助手席前のグローブボックス、シートなどあらゆるところを徹底的に拭きましょう。

  5. エアコンのフィルターを掃除
  6. まずはエアコンのフィルターを洗いましょう。それでも臭いが取れない場合はフィルターを交換すると臭いが取れます。

  7. 乾燥させる
  8. 掃除が終わったら窓やドアを開けて車内を完全に乾燥させます。しっかりと乾燥させないとカビが生えてさらに臭う原因になるため注意しましょう。

  9. 除菌消臭剤を吹きかける
  10. 車内を完全に乾燥させたら除菌消臭剤を全体に吹きかけましょう。その後もしっかりと車内を乾燥させてくださいね。

  11. オゾン消臭
  12. オゾンは他の物質と結合すると除菌や消臭の効果があります。オゾン発生装置を使って車内にオゾンを送り込んで空気を循環させることで車内の臭いを消臭してくれます。なぜ消臭できるのかというとオゾンの分子が酸素に戻る時に臭い物質と結合するからなのです。これを酸化といいますが、オゾンは塩素の7倍もの力があるといわれています。タバコ臭以外にもエアコンのカビやペット臭、加齢臭、汗の臭いにも効果があります。また、インフルエンザやMRSA、大腸菌、表皮ブドウ球菌、レジオネラ菌などの除菌も可能になるためとても優秀な対策方法だといえます。USBやシガーソケットに差し込んで自分で簡単にできるものもあれば、業者に頼んで2000~3000円ですることも可能です。

エアコンが臭う場合

タバコ臭ではなくエアコン内に繁殖したカビが原因で、エアコンを付けると異臭がする場合がありますよね。その場合の消臭方法をご紹介します。

  1. 温風で湿気を取り除く
  2. まずはA/Cを切ります。一番高い温度、一番強い風量で温風を出し、最後に窓を開けて5~10分ほど換気をします。
    たったのこれだけで臭いがなくなります。温風を送ることで臭いの原因となる湿気を取り除いてくれるのです。すぐに効果が出るため、出かける前や友達を乗せる前など臭いが気になるけど掃除をする時間がないといった場合の緊急用として使用することをおすすめします。冷房を使った後はエンジンを切る前にこの方法で湿気を飛ばすことでカビ予防にもなります。特に普段から根のある車庫などに車を停めている方は湿気が溜まりやすいため注意してくださいね。

  3. フィルターを交換する
  4. エアコンフィルターの役割は花粉やほこりなどをキャッチして空気をきれいに保ってくれるものです。フィルターに汚れが溜まると当然きれいな空気を車内に送ることができなくなります。そのため1年ごとに交換することをおすすめします。フィルターは助手席前にあるグローブボックスの奥にあることが多いため確認してみてください。自分で取り替えることも可能ですがお店でも5000円前後で交換してくれます。自信のない方はお店でやってもらいましょう。

  5. 防カビスプレーを使用する
  6. 防カビスプレーは強力なスチーム消臭で半年間ほど効果があります。防カビスプレーを使う場合は使用方法をしっかりと確認してから使用してください。

  7. エバポレーターの洗浄をする
  8. エバポレーターとはエアコンを使用した時に一番冷える部分でここを通ることで冷風が送られます。このエバポレーターの部分にカビが生えると嫌な臭いを放ちます。洗浄剤は3000円くらいで販売しているため、フィルターを替えたことがある方なら自分で洗浄することができます。お店で頼むと10000円~15000円で洗浄してくれます。

フロアマットが臭う場合

フロアマットは掃除機でゴミやほこりを取るだけでは臭いは抑えられません。ここでは効果的なフロアマットの掃除の仕方をご紹介します。

〈用意するもの〉
掃除機、食器用洗剤、洗濯用の液体洗剤、洗車用ブラシやタワシ、柔軟剤

  1. まず、フロアマットについた土やほこりを掃除機で吸い取ります。
  2. 水洗いをします。
  3. 食器用洗剤を使って頑固な油汚れを落とします。
  4. 一度洗い流したら、次は洗濯用の液体洗剤を使ってシミなどを落とします。
  5. 液体洗剤を付けたまま30分くらい放置します。
  6. 30分経ったら軽く洗い流して柔軟剤でつけ置きをします。
  7. しっかりと洗い流したら脱水をして天日干しをしてください。

フロアマットの選び方

フロアマットを購入する際は抗菌性が期待できる純正のゴム製トレーマットや消臭加工されている布製のフロアマットを選ぶことをおすすめします。洗い替えとしてもう1セット購入しておくのもいいですね。

シートにしみついた汗や加齢臭、生ゴミ臭の場合

汗や加齢臭は自分では気付かないことが多いですが、自分以外の人を車に乗せる時は要注意です。シートにしみついてしまった臭いはなかなか取れないため、周りが嫌な思いをしてしまう可能性があります。みんなが快適に乗れるように4つの消臭方法をご紹介します。

  1. 洗浄グッズを使う
  2. カー用品店に行くとスプレータイプのシート洗浄グッズなどが販売されています。シートにスプレーを吹きかけてブラシなどでこすると泡が立ち、シートの汚れを浮かしてくれます。その後しっかりと泡を拭き取ることで嫌な臭いを消すことができます。汗や加齢臭以外にも飲み物をこぼしたりペットが粗相をしてしまったりした時にも効果的です。

  3. 換気をする
  4. 車は密閉されているため臭いがこもりやすくなります。臭いが気になった場合は一定時間換気をおこないましょう。一時的な臭いの充満でしたら換気をするだけで十分消臭効果はあります。それでもシートの臭いがとれない場合はシートを直接掃除する方法を試してみてください。

  5. プラズマクラスターを使用する
  6. プラズマクラスターは家庭用だけでなく車用も販売されており、消臭効果も高いです。数日経てば臭いが気にならないくらいになります。プラズマクラスターを設置するだけでなくそれに加えてシートの洗浄などをおこなうとより効果がアップしますよ。

  7. クリーニングに出す
  8. どの方法を試してもスッキリと臭いがとれない場合や自分でするのが面倒だと感じる方は業者にお願いして車のクリーニングをしてもらいましょう。業者によって値段はさまざですが、2万~5万くらいでしてくれるところが多いです。値段が高くてもいいから臭いを消したいという方におすすめです。

芳香剤は逆効果?

臭いが気になってきたらとりあえず芳香剤を購入して車に置いていませんか?芳香剤を置くと一時的にいい香りに包まれますが、臭いの根本的な部分が消臭されたわけではないため芳香剤の香りが弱まってくると元の臭いと混ざってしまってしまいます。芳香剤を使用する時はしっかりと臭いの元を取り除いてから置くのがいいですね。

芳香剤の効果的な置き方

では芳香剤はどのように使うと効果が出るのでしょうか。また、芳香剤と消臭剤の違いは何でしょうか。

▼芳香剤と消臭剤の違い
芳香剤:感覚的消臭方法といって悪臭を芳香剤の香りで包み込んでごまかします。
消臭剤:化学反応で臭いを弱める化学的消臭方法や臭いの元を抑え込んで臭わないようにする物理的消臭方法、バクテリアなどの微生物で臭いを分解する生物的消臭方法などがあります。臭いは下に溜まりやすいため消臭剤は足元に置くのがいいとされています。

▼芳香剤の置く位置
芳香剤は香りを発生させるものになるためできるだけ高い位置に置いた方が効果的です。商品によっては高い位置に置くことができない物もあるためそのような時はエアコンの吹き出し口付近に置くと風にのって香りが車内に漂います。また、日光に当たりやすいところに置いておくと蒸発しやすくなるためなるべく直射日光のあたりにくい場所に設置するのがいいでしょう。

車用芳香剤についてもっと詳しく知りたい方はこちらがおすすめ!車の芳香剤こだわり13選。愛車でのお出かけをもっと楽しもう!

[3]重曹を使った消臭方法

重曹とは炭酸水素ナトリウムといわれる粉のことです。重曹には消臭作用、中和作用、発泡作用、研磨作用などがあります。食品添加物として使用されたり、万能な掃除グッズとして使用されたりしているためご存知の方も多いのではないでしょうか。1kg300円程度で販売されており、スーパーやドラッグストアなどさまざまなところで購入できます。


自然にやさしい重曹 お徳用 1kg Amazon価格:328円
この商品の詳細を見る

重曹の使い方

〈準備するもの〉
重曹、掃除機

  1. 臭いが気になるところに粉の重曹を振りかけます。シート全体にまんべんなく振りかけると効果的です。
  2. そのまま一晩放置します。時間がかかるため気になるところが他にもある場合は一度におこなうといいでしょう。
  3. 一晩経ったら掃除機を使って重曹をしっかりと吸い取ります。重曹を振りまいて放置しておくだけで消臭することができるためとても簡単です。

臭いの元となるシート汚れの掃除にも最適!

〈準備するもの〉
重曹、水、ゴム手袋、タオル、スプレーボトル

  1. まず、スプレーボトルに水100mlと重曹小さじ1杯(5g)を入れてよく振り、重曹水を作ります。作るのが手間だという方は市販の重曹水も販売しているためホームセンターやドラッグストアで購入してください。
  2. 窓やドアを開けて十分に換気をおこないます。掃除機でシートのほこりや砂などをきれいに吸い取ります。
  3. 作っておいた重曹水をタオルなどに染み込ませたらシートを拭いていきます。シートを傷めないように優しく拭いていきます。シミがある場合は軽く叩きながら掃除するといいですよ。重曹水を使う場合は、ゴム手袋などをすると手が荒れないため肌が弱い方には使用をおすすめします。
  4. 拭き上げたらそのまましばらく換気をおこない、シートを乾燥させましょう。

部分的な汚れには粉を使いましょう

〈準備するもの〉
重曹、掃除機、タオル、歯ブラシ

  1. 食べこぼしや飲みこぼしなどをしっかりと拭き取ります。
  2. 粉の重曹をその部分に振りかけます。
  3. 歯ブラシを使って汚れをこすります。力を入れすぎるとシートを痛めてしまうため優しくこすりましょう。
  4. 汚れが浮いてきたら掃除機で重曹をしっかりと吸い取ります。
  5. 固く絞ったタオルなどで拭き上げます。

重曹を使う時の注意点

重曹は人体には無害ですが、掃除の際に使用する製品によっては化学反応で悪影響が場合があるためご注意ください。

▼フロアマット
一番汚れがちなフロアマットですが、フロアマットには溝があるため重曹では溝の奥までしっかりと汚れを落とすことができません。また、フロアマットの毛質によっては重曹を使うことで傷んでしまう可能性もあるためあまりおすすめしません。

▼エアコン
重曹には消臭効果があるためエアコンの吹き出し口に直接吹きかけたら楽なのでは?と思いますよね。しかし、エアコンの臭いはあくまでもカビなどの雑菌が原因になるため重曹を吹きかけただけでは効果がありません。

▼アルミ製品
アルミ製品に重曹を使うと黒ずみが発生するため絶対に使用しないようにしましょう。

[4]こんな時はどうする?

車内では急なアクシデントが起こることも少なくありませんよね。今回は車酔いで子どもが嘔吐してしまったり、タンクの蓋がしっかりと閉まっていなくて灯油がこぼれてしまったりした時の対処の方法をご紹介します。

嘔吐してしまった時の消臭方法

嘔吐物には食べ物や飲み物、胃液などが含まれ、固形物を取り除いても水分が浸透してしまうためなかなか臭いが取れません。そのため、外して洗える物は全て取り外しましょう。また、車酔いだけでなく感染症などの病気が原因で嘔吐してしまった可能性も考えられるため必ず換気をおこない、マスクや手袋を付けて掃除するようにしてください。

〈準備するもの〉
マスク、手袋、紙エプロン、新聞紙やキッチンペーパー、タオル、次亜塩素酸、スーパーの袋

  1. 感染を予防、広げないためにも使い捨てのマスク、紙エプロン、手袋を装着します。手袋は2重にするとより安全です。
  2. 新聞紙やタオルを使って嘔吐物を中心に集めるようにしながら取り除きます。取り除いたものは新聞紙やタオルに包んだままスーパーの袋などに入れます。
  3. ※嘔吐物が少ない場合は新聞紙やタオルなどの上から直接次亜塩素酸をかけてから嘔吐物を取り除きましょう。

  4. 嘔吐物を取り除いたらキッチンペーパーを敷き、その上から薄めた次亜塩素酸をかけます。
  5. 2回ほど拭き上げます。
  6. 身につけていたマスクや紙エプロン、手袋を外してビニール袋に入れてしっかりと密閉します。
  7. その後はしっかりと換気をおこないましょう。これで嘔吐物の処理は終了です。
  8. それでもまだ臭いが気になる場合はバケツなどに40度くらいのお湯を2リットル用意し、そこに大さじ5~7杯くらいの重曹を入れます。
  9. 重曹水にタオルを浸して絞り、嘔吐した部分を拭きます。
  10. 乾いたタオルで拭いて水気を取ります。
  11. 臭いがなくなるまで8と9の手順を続けます。
  12. 換気をしてしっかりと乾燥させます。

灯油をこぼしてしまった時の消臭方法

ガソリンスタンドに灯油を入れに行った帰りにタンクの蓋がしっかりと閉まっておらず、車内に灯油がこぼれてしまった経験はありませんか?灯油の独特な臭いが車内に充満すると気分が悪くなる方もいますよね。そうならないためにも灯油の臭いを消す2つの方法を紹介します。

〈準備するもの〉
マイクロファイバーのタオル、新聞紙、食器用洗剤、アルコール入りの除菌スプレー

マットにこぼした場合のやり方

  1. マットを取り外します。
  2. 灯油をこぼした時はまずは新聞紙を使ってしっかりと拭き取りましょう。新聞紙に染み込ませるように3~4回繰り返しおこないます。細かい部分はマイクロファイバーのタオルを使うと効果的です。ぬるま湯に浸して絞ってから拭くことで油をより吸い取ってくれます。
  3. マットに食器用洗剤を付けて泡立て、灯油の油を浮かせます。
  4. 水でしっかりと洗い流します。
  5. 新聞紙で水分をだいたい拭き取ったら天日干しをしてください。

マット以外にこぼした場合のやり方

  1. アルコール入りの除菌スプレーやエタノールなどをこぼした部分に吹きかけます。灯油はアルコールと中和する性質があるためアルコールを吹きかけることで一緒に蒸発してくれます。ガラスクリーナーを使用するのもいいですね。
  2. 吹きかけた後は乾拭きをします。
  3. その後はさらに水拭きをして、乾燥するまで車内を換気します。

引火する可能性は?

常温の場合は引火する可能性はほとんどありません。ただ、外からの熱で高温になっている場合は引火してしまう可能性が高くなるため十分に気をつけてください。また、たばこの火を落とした場合は引火してしまいます。引火しないためにも灯油の臭いが消えるまでしっかりと拭いて掃除することが必要といえます。

[5]車内を消臭して気持ちよく快適なドライブを楽しみましょう

車に乗せた友人から車内が臭いと言われた、車を売りに出したいから臭いを消したいなど消臭したい理由はさまざまありますよね。臭いというのは簡単には取ることができないため、まずは臭いの根本を突き止めましょう。原因がわかった上でそれに合った消臭方法を試すことが臭い消しの近道です。臭いはだんだんと慣れてきて自分では気が付かないこともあるため一度他人に聞いてみるのも悪臭に気付く一つの手だといえます。悪臭によって体調不良を起こしたり、自分だけでなく周りに不快な思いをさせてしまう場合もあるため意識していきたいですね。女性は特に男性の車の臭いを気にするといった方が多いです。せっかくのデートが臭いのせいで台無しになってしまっては困りますよね。車内がいい香りだと気分も上がり、出かけるのも楽しくなりますよ。ぜひ今回の消臭方法を試して気持ちのよいドライブを楽しんでください。

  • 関連するキーワード