水筒の臭いを消したい!原因や重曹・クエン酸を使った3つの対策法とは

暖かい季節になってくると、外出時に水筒を持ち運ぶことも増えてきますよね。しかし、何度も水筒を使っているうちに今まで見たことのなかった汚れが水筒の底についていたり、異臭を感じたりることはありませんか?きちんとした洗い方を徹底していない場合、このようなことが起こってしまいます。水筒の臭いは放っておくと衛生的にも危険です。今回は、水筒が臭くなる原因やニオイを消す方法、予防法についてご紹介します。

水筒の臭いを消したい!原因や重曹・クエン酸を使った3つの対策法とは

2019年06月04日更新

部屋の臭い/生活臭

Ayano (フェリーチェ編集部)

  • fb
  • line

[1]水筒が臭い原因とは?

普段、どのように水筒のお手入れをしていますか?水筒はお皿などと違い、きちんと対策をして洗わないと臭いが現れてくるため、衛生的にも良くありません。まずは水筒の臭いとなる原因について説明します。

水筒内にできるカビの臭い

水筒内はステンレスであることが多く、そこに付着した汚れが臭っているのではと思いがちですが、水筒内がカビ臭い場合は「ゴムパッキン」が原因であることが考えられます。

ゴムパッキンは水筒内のように簡単に洗うことはできず、わざわざ外して洗う必要があるため見逃しがちな部分です。ゴムパッキンが汚れてしまうとカビの原因となってしまうため注意が必要です。

錆(サビ)の臭い

水筒のほとんどがステンレス製品です。そのため人によっては特有の金属臭により不快と感じてしまう人もいます。ステンレス部分を放置していると、いずれサビとして臭いの原因になってしまうことも。

一度サビついてしまうと、飲み物を水筒に入れても金属臭が漂い美味しく飲めなくなってしまいます。ステンレス製を使用するときは、サビにならないようにお手入れすることがとても大切です。

水筒の臭いを放置すると危険な理由

水筒から異臭があったとしても、普段と同じように洗って放置していませんか?水筒の厄介なところは、キレイに見えても内部がそうとは限らないところです。

水筒の臭いこそ、放置することはとても危険です。臭いだけでなく、放置することによってカビの増殖や雑菌の増加に繋がってしまいます。

・カビの増殖に繋がる

ゴムパッキンの洗浄をしっかりと行っていないとカビが増殖し、食器洗浄器やハイターなどを用いてもなかなか元の清潔な状態には戻りにくく、再購入する必要性も出てきてしまいます。

・水筒の中身は見えない雑菌だらけに!

水筒内をしっかりと洗浄できていないと、水垢や雑菌が発生してしまいます。また、ステンレス製の水筒の場合は重曹やたわしなどで洗うことで、逆に内部を傷つけてしまうことがあります。

些細な傷などがあればそこに雑菌が溜まってしまいます。ステンレス製特有の金属製部分の傷によりサビに繋がってしまうこともあります。

[2]水筒の臭いを消す方法3選

ここまで水筒の臭いの原因について説明をしました。ここからは水筒の臭いを消す方法についてみていきたいと思います。見た目がキレイになったからといって、臭いがなくなる訳ではない水筒。

どのような洗い方をすれば水筒をキレイに異臭なく保てるのでしょうか?意外と知らない水筒の臭いをなくす方法について説明します。

洗いにくい水筒のゴムパッキンの洗い方

用意するものは、重曹と酢です。こちらの重曹は100均で売っているもので十分です。以下洗い方の手順です。

    1. ぬるま湯500cc+重曹大さじ1+酢大さじ1を用意する

※ぬるま湯の温度は30度~50度が良いでしょう

    1. 1で用意したものを2〜3時間つける
    2. 数時間つけた後、汚れを流す

※酢の洗い残しに注意しましょう。今後のカビの餌になってしまう可能性があります。

洗い汚れ落としには、メラミンスポンジや歯ブラシを使うことをおすすめします。それ以外にも細かい部分はストローや爪楊枝を使ってください。

見落としがちな底の洗い方

多くの水筒は深さがあるためどうしても水筒内の底の部分に触れることが出来ずに放置してしまうこともあるかもしれません。

しかし、底の汚れを放置していると水垢や雑菌がこびりつき、ヌメヌメした汚れが臭いの元となってしまうのです。そのため、必ずブラシを用意して洗浄を行いましょう。

ボトル専用のブラシが100均でも販売されているため、活用してみることをおすすめします。

また洗浄の際にはガリガリと洗わないようにしましょう。刺激を強めることで、水筒内部に傷がついてしまいます。傷ができるとそこから雑菌が繁殖し、臭いの原因になります。

また洗った後は必ず乾かしておくことも大切です。中途半端な乾きは雑菌の増殖に繋がってしまいます。

最も雑菌が溜まりやすい蓋の洗い方

水筒を洗う際、蓋部分は使っていないと思い、丁寧に洗うことをやめてしまいがちですが、実はもっとも雑菌が溜まりやすい部分です。

そのため出来るだけ分解し、外して洗うことをおすすめします。

また、通常のように洗うのではなく浸け置き洗いをしましょう。方法としては、1リットルほどの熱湯にクエン酸を大さじ1~2ほど溶かします。

クエン酸は酸性のため、アルカリ性の汚れに効果的です。こちらを準備して2時間ほど蓋を浸け置きします。この時のお湯の温度は蓋部分が熱湯で傷むことがないように調整してください。

また洗っていて気付くかもしれませんが蓋の奥側は結構汚れていることが多いです。そのため最後は水でしっかり洗い流して乾燥させてください。

普段から水筒を使うという方は、以上の方法を週に一回の頻度で行う繰り返すことをおすすめします。

[3]水筒が臭くならないための予防策3選

水筒に臭いがついてしまってそれを消す洗浄方法について紹介しましたが、出来ればそうなる前に予防しておきたいですよね。水筒が臭くなってしまわないために、事前に予防することも可能です。

水筒が臭くなってしまう前に行っておきたいことについて紹介します。

日頃から行いたい消毒方法

・クエン酸


クエン酸は水筒内についた汚れやニオイを落とすこともできます。水の成分であるカルシウムが白っぽい汚れとして水筒内に付着することがありますが、クエン酸はこのような汚れに効果的です。また、ニオイも一緒に取り除いてくれます。

洗浄方法は蓋の付け置きと同様に、1リットルの熱湯にクエン酸大さじ1~2ほどを溶かし、その中に2時間付け置きします。その後はしっかりゆすいで乾かしましょう。

暮らしのクエン酸  330g

暮らしのクエン酸 330g

250円(09/22 03:36時点)
Amazonの情報を掲載しています

・重曹


水筒内の臭いや着色を落としたい場合は重曹でつけ置き洗いが有効です。洗浄方法は、60度前後のお湯を水筒の8分目まで入れ、重曹を大さじ2加えて溶かしましょう。(蓋をして振ると簡単です)

その後、蓋をあけて1時間ほど放置してください。重曹を使う際の注意点はこすらず付け置きで使用すること、水ではなく60度前後のお湯を使うことです。

重曹はお湯を使うことでアルカリ度があがり、汚れが落ちやすくなります。

自然にやさしい重曹 お徳用 1kg

自然にやさしい重曹 お徳用 1kg

312円(09/21 17:33時点)
Amazonの情報を掲載しています

・酸素系漂白剤


酸素系漂白剤を使ってつけおきを行うことも効果的です。その際、水筒を分解しておきましょう。

フタ、パッキン、ボディリング、底を大きめの容器に酸素系漂白剤を入れて水で溶かして置いておきます。つけおき時間は30分を基本としてください。

終了後は、水筒をよく水ですすぎ、十分に乾燥させます。この時注意して欲しいことは、つけおき中は必ず蓋を外すことです。もしつけたままにしておくと、本体の内圧が上がり飛び出す可能性があります。

また、本体ボトルの外面にシールやステッカーなどを貼っていた場合は、剥がれてしまう可能性が高いことも知っておいてください。

暮らしの過炭酸ナトリウム 500G

暮らしの過炭酸ナトリウム 500G

298円(09/22 13:39時点)
Amazonの情報を掲載しています

ゴムパッキンの替えを用意すること

ゴムパッキンに替えがあることを知っていましたか?知らない人が意外と多いかもしれませんが、ゴムパッキンの替えを購入することが可能です。

日頃から綺麗にお手入れしていても、長く使っていると劣化してきてしまい臭いが取れない場合があります。

また、ゴムパッキンを洗うことが面倒だと感じている方や洗っても尚不安な方は新しく購入して入れ替えることも1つの方法です。

定期的に水筒の買い替えを

水筒を消耗品だと思っている人は少ないかもしれませんが、同じ水筒を長く使うことは、仮にきちんと洗浄をしていたとしてもあまりおすすめできません。

ダイレクトに口に触れるもののため、あまり長く使いすぎず、定期的に買い替えをすることをおすすめします。

[4]水筒を扱う上で注意したいこと

塩素系漂白剤は使わない

漂白剤には塩素系と酸素系がありますが、塩素系漂白剤はステンレスが錆びる原因となる可能性があります。水筒を洗うときは、酸素系漂白剤を使うようにしましょう。

金属・研磨剤入りを避ける

水筒を洗う際は、金属系のものは避けましょう。金属たわしや研磨剤入りのたわしを使っての洗浄によって、表面を傷つけてしまうことがあります。

一度表面を傷つけてしまうと、その傷からサビや色素沈着に繋がる可能性があります。

食器洗い洗浄機・乾燥機は使わない

水筒を洗う際は、食器洗い機や乾燥機を使うことは避けましょう。食器洗い機や乾燥機は基本的に、高温のお湯の力で汚れを取り落とす仕組みです。

この熱によって水筒の変形に繋がってしまったり、漏れやすくなってしまいます。また水筒本来の塗装が剥がれてしまう可能性もあります。

臭い別処理方法

ここではコーヒーや紅茶、お茶など、臭い別で洗浄方法を紹介します。

・コーヒーの臭い

コーヒーの臭いというものはなかなか消えにくく困りますよね。そのような場合は重曹とクエン酸を混ぜると、発泡消臭効果がありコーヒー臭に効果が期待できます。

具体的に、水筒に入れる割合は、重曹を大さじ1または2杯、クエン酸を10%くらいを目安にしてください。重曹とクエン酸の発泡効果で汚れと臭いを一層してくれるためおすすめの方法です。

・お茶の臭いや茶渋汚れ

水筒にお茶を入れて毎日飲まれている方も多いのではないでしょうか?しかし、お茶を入れて一日過ごすと、洗う際に茶渋が水筒にこびりついていたという経験はありませんか?

水筒の洗浄でなかなか難しいものとして茶渋があります。茶渋の洗浄は、柄付きのスポンジを使って、優しく茶渋を取り除きましょう。

また別の方法として、重曹のつけおきも効果的です。水筒の八分目ほどまで60度程度のお湯を入れ、重曹を大さじ1前後入れて蓋をします。そして軽く振り、1時間程度つけおきます。

この後、スポンジで中を洗い確かめてみてください。汚れが足りない場合はクエン酸を加えて同様の流れを繰り返してみてください。

・紅茶の臭い

紅茶の臭いも、コーヒーなどと同様に、なかなか取れないものの一つです。そんな紅茶の臭いに試してもらいたい処理方法として、水筒内に10%濃度の酢水を4分の1くらい入れて振るということです。

入れてから、水筒をシャカシャカとシェイクしてください。その後、酢水を取り除いてから綺麗に洗浄を行い自然乾燥をしてください。きちんと乾燥をしてから再度臭いを確認すると、紅茶の臭いが取れているはずです。

また、酢がないという方は大さじ2ほどの重曹を使い、水筒を振るということも同様に効果的です。こちらも同様に乾燥させてから確認してみてくださいね。

[5]水筒を清潔な状態で保つために

いかがでしたか?日頃から頻繁に水筒を使用するという方は、汚れや臭いのない清潔なボトルで水分補給したいですよね。これまできちんと洗浄していなかった方は、臭いの原因から定期的なきちんとした洗浄をぜひ行ってみてください。

水筒を清潔に保つことは、衛生的にも健康にも非常に大切です。しっかりお手入れして綺麗な水筒を保ちましょう!


  • 関連するキーワード