シアバターは全身に使える万能アイテム!おすすめ20選をご紹介

季節が変わり、乾燥が気になる時期になってきました。そこで今回はおすすめのシアバター20選をご紹介します。シアバターは体によさそうというイメージはあるけれど、実際に使ったことはない…そんな方も多いのでは?使用方法は多岐にわたり、使い勝手抜群なシアバター。あなたにぴったりのシアバターが見つかるはずです。

シアバターは全身に使える万能アイテム!おすすめ20選をご紹介

2018年09月14日更新

香水/フレグランス

Yukari (フェリーチェ編集部)

  • fb
  • line

[1]シアバターとは?

シアバターは全身に使える万能アイテム!おすすめ20選をご紹介

シアバターは高い保湿力が特徴の植物性油脂

シアバターはアフリカ諸島に生息しているアカテツ科のシアーの木の種子から採れる植物性の油脂です。保湿力が非常に高く、シアーの木が生息している地では赤ちゃんにシアバターを塗る習慣があるようです。シアバターは植物性の油脂ですが、常温では固形です。そのためオイルではなく「バター」と呼ばれています。

[2]髪や顔にも使える!?おすすめの使い方は?

シアバターは全身に使える万能アイテム!おすすめ20選をご紹介

保湿だけじゃない!意外な使用方法も

ボディスキンケアとして
お風呂上がりのボディローションやクリームを、シアバターに変えるのはどうでしょうか。シアバターは常温では固形ですが、平均体温である36度前後でとろとろと溶けだします。お風呂上がりの温かい体にシアバターを塗れば、潤った肌をそのままキープすることができます。

また、乾燥が特に気になるひじやひざ、かかとを優しくケアしてくれます。さらに、ガサガサになりあかぎれやひび割れしてしまった部分にも使用することができます。

リップケアとして
シアバターは唇に使用することもできます。自然由来の安全性の高いシアバターは、皮膚の薄いデリケートな唇にも安心して使用できます。また、口に入っても安全です。特に乾燥が気になる場合は、パックがおすすめです。シアバターを唇に厚めに塗り、その上からラップをし、数分置きます。潤いのあるリップを手に入れることができます。

ヘアワックスとして
シアバターはなんと髪の毛にも使用することができます。少量ずつ手に取り、毛先からなじませると髪の毛に艶がでて、まとめやすくなります。ポイントは少量ずつなじませることと根元に大量につけないことです。保湿力の高いシアバターをたくさんつけてしまうと、髪の毛がべたついてしまいます。

また、ヘアワックスとしてだけではなく、髪の毛と地肌のケアに使用することもおすすめです。ドライヤーやアイロンを使用する前に髪の毛にシアバターをなじませておけば、熱によるダメージから守ってくれます。頭皮にシアバターをつければ、乾燥によるかゆみやフケ対策にもなります。

ハンドケアとして
保湿成分たっぷりのシアバターは、ハンドクリームとしてももちろん使用できます。手の平で少し温めてから隅々までなじませてください。また、爪に塗るのもおすすめでの方法で、手軽にネイルケアをすることができます。天然素材ですから、塗った手で赤ちゃんに触れても安心です。

日焼け止めとして
シアバターには保湿効果だけでなく、紫外線から肌を守る役割もあり、主にシミ・そばかすの原因となるUVB波を防ぐ一助にもなるようです。ただし、たるみやしわの原因となるUBA波に対する効果は薄いようなので、長時間屋外にいる場合は日焼け止めと併用することをおすすめします。肌に優しい天然素材の日焼け止めなので、洗い流す必要がないのがうれしいポイントです。また、日焼けした肌のダメージケアにも効果が期待できます。

[3]シアバターを使用する際の注意点

シアバター使用量に注意

シアバターは保湿効果がとても高いので、使用量が多すぎるとべたついてしまいます。肌につけすぎてしまうと乾燥肌から今度はかえってオイリー肌になってしまうことも。容器からすくった後、そのままケアしたい部分に塗るのではなく、手の平に1円玉程度の大きさを取り体温で温めてから少しずつつけましょう。そうすることで伸びが良くなり、塗りやすくなります。

精製タイプと未精製タイプの違いに注意

シアバターには精製タイプ未精製タイプがあります。未精製タイプは油脂を採取したそのままの状態のものです。精製タイプは採取したシアバターを精製し、酸化を促す成分や不純物を取り除いたものです。2つのタイプの違いは見た目・香り・成分に違いがみられます。未精製タイプの見た目はクリームがかった白色または薄い茶色をしています。

香りはチョコレートのような甘さとココナッツのような青臭さを合わせた、少し独特なものです。成分は自然から採取したままなので精製タイプより栄養素が高いといわれています。一方精製タイプの見た目は白色、香りもほとんどありません。成分は不純物を精製する際に肌に有益な成分もごく微量ですが一緒に取り除いてしまいます。

また、精製の際には薬品を使用しますので、自然由来成分にこだわる方は気になるかもしれません。しかし、精製することにより成分が安定し、品質を変えずに長期間保存することが可能になります。シアバターを使用する際はこの2つのタイプのメリット・デメリットを把握しましょう。

[4]おすすめシアバター20選

ロクシタン シアバター


■内容量:10ml
■amazon価格:1,296円

シアバターといえばロクシタンをまず思い浮かべる方も多いと思います。1989年の発売以来、世界中で愛されているベストセラーアイテムです。固めのしっかりとしたテクスチャーが特徴です。用途に合わせて選べる、バリエーション豊富なラインナップが嬉しいポイントです。様々なフレーバーがり、気分に合わせて使い分けるのもおすすめです。
この商品の詳細を見る

ease シアバター 未精製


■内容量:100g
■amazon価格:960円

未精製タイプなので、シアバターが持つ効能を十分に感じられます。また、リーズナブルなのでたっぷりと使えます。シアバターを使って手作りコスメを作りたい方にもおすすめです。シンプルなパッケージなので、お気に入りの容器に詰め替えて使用される方もいるようです。

この商品の詳細を見る

Dr.Ituko オーガニックシアバター


■内容量:25ml
■amazon価格:1,085円

精製タイプですが、化学溶剤を使用せず天然素材のヤシの繊維を使用しています。そのため、化学成分などが気になる方におすすめです。徹底的にオーガニックにこだわっているので、小さいお子さんにも安心して使用できます。

この商品の詳細を見る

spa hinoki オーガニックシアバター


■内容量:75g
■amazon価格:1,360円

使い勝手の良い、少し柔らかめのテクスチャーが特徴です。オーガニックとナチュラル化粧品の世界統一基準を定める目的として作られた、「コスモス基準」のオーガニック認証を受けている高い品質が人気です。

この商品の詳細を見る

ママバター ナチュラルシアバター



■内容量:25g
■amazon価格:1,178円

保存料や着色料、増粘剤を使用していない100%天然素材で作られた製品です。妊娠・出産でデリケートになった肌のケアに使用するママも多いようです。持ち運びしやすい小さめのパッケージは、手先や唇などのパーツケアに便利と評判です。

この商品の詳細を見る

Out of Africa,シアバター


 
■内容量:227g
■価格:888円

西アフリカで手摘みされたシアを使用した未精製タイプのこちらの商品は、大容量でコストパフォーマンスが高いことが人気の理由のひとつのようです。未精製タイプ特有の香りも気にならないと評判です。

この商品の詳細を見る

MALIS シアバター


■内容量:17g
■amazon価格:880円

こちらは精製タイプです。持ち運び用に便利な携帯缶とスパチュラがセットになっているのが嬉しいポイントです。付属のスパチュラでシアバターをすくって使えば衛生面も気になりません。

この商品の詳細を見る

本物研究所 シアバターナイロティカ

シアバターは全身に使える万能アイテム!おすすめ20選をご紹介

■内容量:45g
■価格:3,240円

シアの木のなかでも希少価値の高い、東アフリカのウガンダ産のシアーを使用しています。東アフリカ産のシアは保湿性に特に優れ、ビタミンの配合が豊富で肌なじみが良いと評判です。こちらはウガンダの生産者から直接買い付けを行っているので、商品を買うことで生活に困窮するウガンダの人々を応援することができます。

この商品の詳細を見る

中川政七商店 THE SHEA BUTTER

■内容量:50g
■amazon価格:5,400円

オーガニック栽培のシア脂に、同じくオーガニック栽培のラベンダーオイルを加えているのが特徴です。リラックス効果の高いラベンダーの香りに包まれながら使用することができます。また、使い勝手の良いチューブタイプも人気の理由のひとつです。

この商品の詳細を見る

オイルコット シアバター


■内容量:30ml

キャリアオイル・マッサージ専門店の製品です。
エステティシャンやマッサージ師などのプロも納得する高品質なシアバターが低価格で手に入ると人気のようです。

オイルコット公式

そら シアバター


■内容量:100g
■amazon価格:3,020円

国内で加工されたこちらの製品は、化学溶剤不使用の精製タイプです。一番搾りのシアバターのみを使用している高品質が評判です。試供品(300円)もあるので、まずお肌との相性を確認してから購入できるのも嬉しいですね。

この商品の詳細を見る

NAGOMI AROMA オーガニック精製シアバター


■内容量:200g
■amazon価格:2,052円

多くの植物性油脂を含むシアカーネルの脂肪分を手作業で丁寧に抽出した精製タイプの製品です。内容量は100gとなっており、とにかく量を求めている方におすすめです。切り分けて使えるのが便利なポイントです。

この商品の詳細を見る

生活の木 シアバター


■内容量:30g
■amazon価格:897円

日本のアロマブランドとして高い人気を誇る生活の木から出ているこちらの製品は、手作り化粧品の材料として販売されています。蜜蠟やホホバなど、お好きなものと掛け合わせて、オリジナルの保湿ケアアイテムを作ることができます。

この商品の詳細を見る

ナマシア 未精製シアバター


■内容量:50g
■amazon価格:2,480円

加熱処理以降はろ過以外の加工をしていない、未精製タイプの製品です。そのため、シアに含まれる有効なスキンケア成分が潤沢に含まれています。100%純粋にシアだけの成分を求めている方、精製タイプでは物足りなさを感じている方におすすめです。

この商品の詳細を見る

HAMOC オーガニックシアバター


■内容量:100g
■amazon価格:1,080円

アルミ袋や缶に入れられて販売されていることが多いシアバターですが、こちらの製品は瓶詰タイプです。そのため保管がしやすいのが特徴です。ハンドメイドコスメの原材料として販売されていますが、そのまま使用するのもおすすめです。
この商品の詳細を見る

シアバターとバオバブオイルのブレンドバター


■内容量:100g
■amazon価格:8,964円

こちらはシアバターとバオバブオイル、蜜蠟などが配合されたブレンドバターです。シアバターは少し硬めのテクスチャーですが、バオバブオイルや蜜蠟をブレンドすることにより滑らかで伸びの良いテクスチャーとなっています。

この商品の詳細を見る

ガイア・エヌピー マザーズシアバター

■内容量:7g
■amazon価格:600円

化粧品用に精製されたシアバターですが、肌に良いとされている成分はしっかりと残っている高品質な製品です。シアバター特有の香りを和らげる脱臭加工がしてあるので、初めてシアバターを使用する方にもおすすめです。

この商品の詳細を見る

NOW foods オーガニックシアバター

■内容量:207g
■価格:806円

207mlの容量で1000円以下というプチプラが嬉しいこちらの製品。大容量なので全身くまなくケアできます。シアバターは赤ちゃんから大人まで使えるので、家族みんなで使っている方も多いようです。
この商品の詳細を見る

ココロコスメ シアバター

■内容量:207g
■amazon価格:1,300円

アフリカのガーナ共和国で採取され、日本でろ過・加工されているこちらの製品は、豊富な栄養素が特徴です。フェアトレード認証とオーガニック認証、両方受けている肌にも人にも優しい製品です。
この商品の詳細を見る

アフリカ工房 オーガニックシアバター

 
■内容量:27g
■価格:1,750円

化学薬品をいっさい使わず、伝統的手法だけで抽出・生成された製品です。自然のままの香り、色、成分を丸ごと残した高品質なシアバターです。また、原産地であるガーナ地区の雇用・伝統技術を護るために、種を輸入するのではなくシアバターの状態で輸入・販売しています。

[5]万能シアバターに全身お任せ!

シアバターは老若男女問わず、また頭の先からつま先まで使える万能アイテムです。同じ原材料でもタイプの異なるシアバターがたくさんあります。お気に入りの製品を見つけて、シアバターに全身ケアを任せて乾燥知らずのお肌を手に入れてくださいね!

  • 関連するキーワード