日本初上陸のニッチフレグランス「 CIRO(シロ)」を一足先に使ってみました!

ドイツ発祥のニッチフレグランス「CIRO(シロ)」をご存知ですか?香水好きの熱狂的なファンを魅了し、幕を閉じた「CIRO(シロ)」が60年もの長い月日を経て職人により蘇り、日本に初上陸しました。一足先にその香りを試したのでご紹介します。

2018年11月14日更新

香水/フレグランス

Mami   FELICE ライター

  • fb
  • line

[1]フレグランス界の巨匠が手がけるニッチフレグランス「 CIRO(シロ)」とは?

ニッチフレグランスという言葉を聞いたことがありますか?ニッチフレグランスとはマーケティングや広告などを一切気にせず、才能のある作り手がその個性や独自性を追求して作った非常に稀少性の高いの香水のこと。
「CIRO(シロ)」はニッチフレグランスの先駆者「ジェイコブ・S・ウィートコフ」によって作られた伝説の香水ブランドなのです。
「CIRO(シロ)」は1923年〜1961年まで20点以上の香水を世に送り出し、ファンから惜しまれながら幕を閉じました。60年もの歴史を経てドイツの熟練職人によってその「CIRO(シロ)」が蘇り日本に初上陸!そんな希少価値の高い香水「CIRO(シロ)」はどんな素敵な香りで私たちを楽しませてくれるのでしょうか。一足先に香りを試したのでご紹介します。

[2]プレゼントにも!作り手のこだわりが見えるパッケージデザイン

CIRO(シロ)


まずパッケージをみて目に止まるのがそのデザイン性の高さ。白と黒のみで形成されたパッケージは「この中にはどんな物が入っているのだろう?」と見た者の興味と好奇心を掻き立てるとてもシンプルでクールなデザイン。
もちろん中身のボトルも裏切らない格好良さ。24Kの金箔をまとったボトルは高級感を感じさせ、緩やかなボトルの曲線はクールさの中にも柔らかさが融合しておりとても洗練されたデザインです。
デザイン性が高く非常に高級で、エレガントな印象を受けるので自分用にはもちろんのこと、大切な方へのギフトとしても活用できそう。

パケージやボトルのデザイン性が高いので使わない時はインテリアの一部としても。
緑も多く、木目調のインテリアの多いナチュラルな部屋なのですが、「CIRO(シロ)」のクールなデザインが際立って、やわらかな雰囲気の部屋を引き立ててくれます。重厚感がり、倒れにくいしっかりとした作りも特徴です。


ボトルを玄関先においておいても素敵。出かける前に吹きかけて出発すれば香水を取りに行く手間も省けるし、高級感のある「CIRO(シロ)」のボトルが玄関周りを素敵に彩ってくれるのでまさに一石二鳥!朝慌てることなく、素敵な香りに包まれて一日の始まりを迎えることができますよ!

[3]種類は全部で6種類!それぞれの香りの特徴とは?

「CIRO(シロ)」には6種類のコレクションがラインナップ!それぞれの香りの特徴をご紹介します。

CHEVALIER DE LA NUIT(シュヴァリエ ドゥ ラ ニュイ) -夜の騎士-


ユーカリをベースにカラブリアンレモンやビターオレンジをスパイスとして配合されたとてもエキゾチックな香りが特徴のCHEVALIER DE LA NUIT(シュヴァリエ ドゥ ラ ニュイ)。夜の騎士という名の通り、エキゾチックで魅惑的な香りなので男性や会社の男性上司へのギフトとしても喜ばれそう。

MASKÉE(マスケ) -仮面-


イランイランの甘い香りが特徴的なMASKÉE(マスケ)-仮面-。古来よりイランイランの香りは異性を惹きつける魅惑的な香りとしても有名ですよね。安眠効果も高いので、寝室のカーテンやブランケットに吹きかけてリラックした空間を演出することができます。

L’HEURE ROMANTIQUE(ルール ロマンティック) -ロマンティックな時間-


世代を超えて親しまれるフレッシュなフローラルの甘い香りが印象的なL’HEURE ROMANTIQUE(ルール ロマンティック) -ロマンティックな時間-。アクセントに使われているウォーターメロンやピンクグレープフルーツなどの果実の香りは、お子様がいる方も抵抗がなくギフトとしても喜ばれますよ。

FLOVERIS(フラワリーズ)-魅惑のブーケ-

ベルガモットのスッキリとした香りとピンクペッパーやほのかな酸味を感じる香りが特徴のFLOVERIS(フラワリーズ)-魅惑のブーケ-。男女ともに好まれる香りなので、恋人や夫婦で兼用して使うことができ、香りを共有しながら楽しんでみても!

PTAH(プタハ)-古代エジプトの神-

柑橘系のベルガモットにジンジャーとセージの香りがスパイスになった高級感あふれる香りのPTAH(プタハ)-古代エジプトの神-。フルーティーな爽やかさにミドルノートのスモーキーな香りがとても印象的で、ひと吹きするとまるで高級ホテルのフロアにいるような気分にさせてくれます。

LE CHYPRE DU NIL(ル シープル デュ ニル)-ナイルのシプレー-

あたたかく深みのある甘い香りのムスクをベースにドライフルーツやベルガモットをアクセントにした優雅な香りが特徴のLE CHYPRE DU NIL(ル シープル デュ ニル)-ナイルのシプレー-。こちらも誰からも好まれる香りなので、ムエット(香水のテスターに使う紙)などに香りを吹きかけてクローゼットやシューケースに潜めて活用しても。

[4]ニッチフレグランスビギナーなら「 CIRO(シロ)」をぜひ手にとってみて!

60年以上の歴史をもつニッチフレグランスの「 CIRO(シロ)」。天然香料を使い稀少性が高いフレグランスは大量生産はせず、価格も決して安いとは言えません。しかし、その香りは非常に個性豊かでアート性に飛んだ特別なもの。6種類のバライティー豊かな香りで私たちを楽しませてくれる「CIRO(シロ)」のニッチフレグランスでワンランク上の上質な香りに包まれてみませんか?

  • 関連するキーワード