Laline(ラリン)の “ボディスクラブ チェリーブロッサム”が@cosmeベストコスメアワード2018を受賞!

自然派コスメで知られるLaline(ラリン)の“ボディスクラブチェリーブロッサム”が、@cosmeベストアワード2018 ベストボディスクラブ大賞【3位】を受賞しました。一体どんな商品なのでしょうか?詳しくご紹介します。

2018年12月20日更新

香水/フレグランス

chihori (felice編集部)

  • fb
  • line

[1]Laline(ラリン)とは?


出典 laline.jp

Laline(ラリン)は、自然の原料にこだわった化粧品会社です。ハンドメイドのソープやアロマオイル、ルームフレグランスなど、コスメとフレグランスを中心に商品を取り揃えています。1999年にイスラエルで誕生して以来、ヨーロッパやアメリカをはじめとし、世界各国に広がっているグローバルなブランドです。

2011年に、アジア第1号店としてLaline JAPANが表参道にオープン。2018年現在は全国に約30店舗あります。その他ハワイに2店舗を展開。真っ白な店内が特徴で、アイテムをフレグランス毎に並べ、今回ご紹介するチェリーブロッサムなどのフラワー系や、オーシャンなどのレギュラー商品の他、限定のフレグランスも扱っています。

人気のボディスクラブの他に、ソープやボディクリームなどのボディケア商品やフェイシャル関連、ルームフレグランスなどのライフスタイル雑貨もあります。

[2]Laline(ラリン)の“ボディスクラブチェリーブロッサム”ってどんな商品?

Laline(ラリン)のボディスクラブは、Laline(ラリン)の商品の中でも絶大な人気を誇り、年間12万個以上※1 売れているベストセラー商品。バランスが良い豊富な死海のミネラルを含んだソルト100%をベースに作られています。3種類の植物由来のオイルも配合されており、古い角質や不純物を取り除いてくれます。自然の力でやわらかい肌へと導きます。

その中でも、愛用者が多く、美容のプロ達からも絶大な支持と高評価を得ているのが“ボディスクラブチェリーブロッサム”。化粧品口コミサイト@cosmeアワード2018※2 ベストボディスクラブ大賞【3位】を受賞したのです。

※1  Laline調べ 2017年12月~2018年11月の年間全スクラブ総売上数
※2 「@cosmeベストコスメアワード 2018」は、@cosmeメンバーから投稿されたクチコミ情報をもとに、今、みなさんが支持している商品を表彰するアワードです

■ ボディスクラブ チェリーブロッサム
240g ¥2,600(税抜) 500g ¥3,600(税抜)

“ボディスクラブチェリーブロッサム”は、死海のミネラルソルト100%をベースに、下記の植物オイルを配合しています。

・アボカドオイル
・ヒマワリシードオイル
・グレープシードオイル

お風呂で全身を濡らした後、適量を全身(首から下)の肌になじませ、やさしくマッサージすれば、血行促進につながり、引き締まった透明感のあるなめらかな肌へ導きます。スペシャルケアとして週に2回ほどの使用が推奨されています。

また、余分な角質を洗い流したあと、そのまま浴槽に浸かればアロマバスとしても楽しめます。名前の通りサクラの上品でフローラルな香りが立ち込めます。

商品詳細URL: https://www.laline.jp/product/bath_soap/Body+Scrub+240g.html?dwvar_Body%20Scrub%20240g_Fragrance=CB#sz=28&start=19

[3]Laline(ラリン)のフレグランスの特徴

Laline(ラリン)のフレグランスは、オリジナルブレンドで、時間の経過によって、トップノート→ミドルノート→ラストノートと香りが変化します。

・ストロベリー:ほんのり甘酸っぱい香り

・タンジェリン:爽やかな酸味と甘さが特徴

・ブラックカラント:カシスの香り

・ローズ:女性らしい華やかな香り

・ピーチ:ジューシーで甘めの香り

・チェリー:フルーティな甘さ

・ムスク:甘美な香り

・サンダルウッド:リラックス作用がある香り

・バニラ:前向きな気持ちへ導く甘い香り

[4]Laline(ラリン)の“ボディスクラブチェリーブロッサム”で肌も気分も癒されよう

“日常の慌ただしさをリセットし、新しい自分と出会う場所”、そんな”ラリンなひとときを(Take a Laline moment)”がコンセプトのLaline(ラリン)。多くの人が実感し愛用しているからこそ受賞できた“ボディスクラブチェリーブロッサム”、試す価値のある商品です。あっという間に過ぎていく慌ただしい毎日の中に癒しの時間をつくってみてはいかがでしょうか?


●参考元:PRtimesLaline 公式オンラインショップ


  • 関連するキーワード

    関連するブランド