おすすめのボディスクラブ♡肌の黒ずみを消してすべすべ美肌へ

細かい粒子を含んだボディスクラブは、古い角質を落として肌をつるつるにしてくれる便利なアイテムです。ドラッグストアで手軽に入手できるプチプラのものから、コスメブランドで扱っているデパコスのものまで、たくさんの種類があります。今回は、ボディスクラブの種類、効果的な使い方、おすすめの商品を紹介します。ボディスクラブの購入を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

2019年02月05日更新

ニオイ/体臭対策

chihori (felice編集部)

  • fb
  • line

[1]ボディスクラブとは?

ボディスクラブとは、ソルト(塩)やシュガー(砂糖)などの細かい粒子を含んだクリームやジェルのことです。古い角質でごわついた肌をすべすべにしてくれるため、日々のボディケアに活用している人も多くいます。

スクラブでマッサージすることによって肌に透明感が生まれ、クリームに含まれる保湿成分がしっかりと肌のケアをしてくれます。また、ボディスクラブはエッセンシャルオイルを含んでいるものも多く、香りでリラックスさせてくれる効果があるものも多いです。

古くなった角質を除去してくれるボディケアアイテム

ボディスクラブの最大の特徴は、古い角質を除去してくれるという点です。肌の表面に要らない角質が溜まると、ざらつきやごわつき、肌のくすみの原因にもなります。

ボディスクラブには細かい粒子が含まれており、使うことによって古い角質を取り除いてくれます。古い角質を取り除くことによって、肌がなめらかになり、透明感が生まれます。


また、肌が柔らかくなるため、ボディローションなどの潤い成分や美容成分が深くまで浸透しやすくなるというメリットもあります。

顔にはフェイススクラブを使おう

ボディスクラブは、その名前の通りボディに使うために作られたアイテムです。そのため、顔に使用することはできません。

ボディとフェイスの皮膚は、厚さがまったく異なります。特に背中に比べると顔の皮膚は何倍も薄く、より優しいケアが必要になります。ボディスクラブを顔に使ってしまった場合、肌が本来必要としている成分まで落としてしまう可能性があります。


顔の毛穴対策やニキビ対策をしたい場合は、ボディスクラブではなく、顔専用のフェイススクラブを使うようにしましょう。フェイススクラブはボディスクラブと同様の効果が得られるスキンケアアイテムですが、成分が肌に優しいものになっています。

[2]ボディスクラブの選び方

ボディスクラブは粒子の大きさによってさまざまな種類があります。角質をしっかり除去したい人はソルトクラブのような大きめの粒子が含まれているものがおすすめです。また、シュガースクラブはソルトスクラブと比べて保湿効果があります。

その他にも、重曹や、くるみの殻などの植物を使ったスクラブもあります。どのスクラブも特徴があるため、自分の肌の調子に合わせて使い分けるようにしましょう。

ボディスクラブにはリラックス効果のあるアロマエッセンスを配合したものもあります。毎日のボディケアの時間をより楽しむために、自分の好きな香りのものを選ぶのも良いでしょう。

膝や肘のざらつきにはソルトスクラブ


ソルトスクラブは粒の粗さが特徴です。刺激が強いため、肌の弱い人は使用を控えた方が良いかもしれませんが、古い角質をしっかりと取り除く効果が高いスクラブになります。

また、塩は肌を引き締め、キメを整えてくれる効果があります。ミネラル成分を多く含むため、保湿力や浸透力をアップし、なめらかな肌触りにもしてくれます。新陳代謝を高めてくれるのも、ソルトスクラブのメリットのひとつです。

保湿効果のあるシュガースクラブ

砂糖を使用したシュガースクラブは、ソルトスクラブに比べて粒子が小さく、刺激が強くないという特徴が有ります。吸水力と保湿性に優れたアイテムなので、肌の弱い方や乾燥肌の方にはシュガースクラブがおすすめです。

黒ずみの除去には重曹スクラブ

重曹とは炭酸水素ナトリウムのことで、料理に使われるときはベーキングパウダーとも呼ばれます。重曹は洗浄力が強く、弱アルカリ性の性質を持っているため、皮脂などの酸化した汚れを中和してくれる働きがあります。

肌を柔らかくして毛穴の汚れを取るため、黒ずみの除去に適したスクラブと言えます。重曹の粒は非常に柔らかいので敏感肌の人も安心して使うことができます。

[3]ボディスクラブの効果的な使い方

ボディスクラブは美しい肌を保つために効果的なアイテムですが、使い方を誤ると肌のトラブルにもつながってしまいます。正しい使い方をマスターして、すべすべの肌を手に入れましょう。

特に気をつけなければならないのは、肌に炎症やトラブルがある際は使用を控えるという点です。特に赤く腫れたニキビができているときは、その箇所にスクラブが触れるとさらなる炎症や可能の原因になるため気をつけてください。

1.身体をしっかりと洗う

ボディスクラブは、身体を洗ったあとの肌に使用します。汚れが残っていると、効果が薄れてしまうこともあるからです。ボディソープや石鹸を使い、しっかりと汗や皮脂を落としてから使いましょう。


ボディスクラブは基本的に濡れた肌に使うため、水分を拭き取る必要はありません。濡れた状態の肌に使う理由は、スクラブの伸びを良くして、肌への負担を軽減するためです。

ただし、ボディスクラブの種類によっては、乾いた状態の肌に使用するものもあります。事前に、商品の説明書をしっかり読んでおきましょう。

2.スクラブを馴染ませるようにマッサージ

ボディスクラブを使用する際、肌に馴染ませる力加減が重要になります。肌の黒ずみが気になるからと言って強くこすってしまうと、肌が炎症を起こしてトラブルの原因を引き起こしてしまいます。余分な力を入れず、肌に馴染ませるようにマッサージをしましょう。

背中は角質が溜まりやすく、肌の汚れが気になる箇所ですが、スクラブを馴染ませるのに手が届かない人も多いと思います。そういった場合は、綿やシルク素材のタオルを使用しましょう。

タオルにスクラブをつけて、背中を優しくこするようにタオルマッサージをします。このときも、力を入れすぎないことが重要なポイントになります。

3.ぬるま湯で流す


マッサージが終わったら、スクラブをぬるま湯で洗い流します。ボディスクラブはオイルを含んでいるものが多いため、洗い流しすぎないのもひとつのポイントになります。少し膜が張ったような感覚が残るかもしれませんが、それが肌に浸透して潤いをもたらします。

ボディスクラブの使用は、週に2~3回程度にしましょう。使用後は肌がなめらかになり、美肌効果を実感できるため毎日でも使いたいと思う人もいるかもしれませんが、使いすぎはかえって肌に悪影響を与える可能性があります。

使用頻度についても、それぞれの商品の説明書をよく読んで、それに従うようにしてください。

[4]おすすめのボディスクラブ10選

ボディスクラブには、ドラッグストアで購入できるプチブラなものから、有名コスメティックブランドが販売しているものまで、さまざまな種類があります。香りにこだわったものも多いため、自分の肌の調子や好みの香りに合わせて、使ってみたいアイテムを選びましょう。

1.Oh! Baby ボディ スムーザー N/ハウスオブローゼ


ハウスオブローゼ Oh! Baby ボディ スムーザー N

ハウスオブローゼ Oh! Baby ボディ スムーザー N

1,832円(02/18 19:39時点)
Amazonの情報を掲載しています

女性の「素肌磨き」にスポットを当てたナチュラルコスメティックブランド「ハウスオブローゼ / HOUSE OF ROSE」の人気商品が、こちらの「Oh! Baby ボディ スムーザー N」です。

肌に馴染ませ、やさしくマッサージするだけで、全身がなめらかなすべすべ肌に様変わりします。硫酸ナトリウム、炭酸水素ナトリウム、炭酸ナトリウムという温泉にも含まれる3つのスクラブが肌を洗い上げます。37℃前後でペーストがやわらかくなるため、肌に負担がかからないのも嬉しいポイントです。

湯布院温泉の天然温泉水が角質を柔らかくし、保湿成分であるシルクパウダーがしっかりと肌に潤いを与えるため、使い終わった後は、温泉に入った後のような、つるつるの素肌になります。

内容量は570gと大容量で、コストパフォーマンスの良さも人気の秘訣です。無香料タイプのため、強い香りが苦手という人も安心して使用することができます。他の香り付きのケアアイテムを使用しているという人も、香りの相性などを考えずに使えるのでおすすめです。

2.ボディスクラブ パチュリラベンダーバニラ/サボン(SABON)


SABONのボディスクラブは、死海の塩を使用したソルトスクラブです。程よいマッサージ効果で肌を引き締め、透明感のある肌を実現します。アーモンドオイル、ホホバオイル、ボラージオイルなどの天然保湿成分を配合し、シルクのような手触りの肌に仕上がります。

また、美容液に溶け込んだ死海のミネラルが肌の奥まで浸透し、オイルが表面に膜を張るため潤いを逃がしません。

上質な成分を厳選し、独自の配合で作られたボディスクラブなので、スクラブが肌に触れたときの心地よさも楽しむことができます。死海の塩は、肌に対して低刺激なのが特徴です。塩野一粒一粒にはたっぷりと天然オイルが染みこんでいるため、従来のソルトスクラブよりも肌あたりが優しく、とろけるようなマッサージ効果を実感することができるでしょう。

サボンにはたくさんの種類のボディスクラブがありますが、その中でも最も人気なのが、こちらの「パチュリラベンダーバニラ」です。一見しただけでは香りの想像がつきにくい名前ですが、バニラベースの甘い香りに、パチュリのスパイシーさと落ち着きのあるラベンダーが合わさり、甘すぎない独特の香りがクセになります。リピーターの多い商品であることも特徴のひとつで、一度使うと魅了されてしまう香りです。

3.ボディ スクラブ ムスク/サボン(SABON)


サボン ボディ スクラブ ムスク 320g [並行輸入品]

サボン ボディ スクラブ ムスク 320g [並行輸入品]

3,500円(02/18 19:39時点)
Amazonの情報を掲載しています

こちらもSABONのボディスクラブの中で人気を誇るアイテムです。
ムスクの大人っぽい官能的な香りは女性のみならず男性にも人気があり、夫婦で使っているという口コミも寄せられています。甘い香りが苦手という人にも、こちらのアイテムがおすすめです。

SABONのボディスクラブに使用されている死海の塩は、定期的に触れ続けることによって効果を発揮します。1ヶ月がすぎたころから、肌の潤いが高まったり、透明度が増すといった効果を実感することができます。死海の塩によるケアを続けることで素肌が美しくなることも、SABONのボディスクラブの人気の理由です。

使用頻度は週に2回程度。肌触りの良いソルトとリラックスできる香りで、ボディケアの時間をより贅沢に過ごすことができます。

4.恋するおしり ヒップケアソープ/ペリカン石鹸


ペリカン石鹸 恋するおしり ヒップケアソープ 80g

ペリカン石鹸 恋するおしり ヒップケアソープ 80g

230円(02/18 19:39時点)
Amazonの情報を掲載しています

一見可愛い桃の形をしたスクラブ効果のある石鹸です。名前の通り、綺麗ですべすべなおしりを実現するために誕生したアイテムです。デスクワークが多い人は特に、おしりの角質が硬くなってざらつき、、肌トラブルが多いという悩みを抱えることも多いですよね。見えない部分ではありますが、おしりまで綺麗に保ちたいという女性の心に寄り添う商品を作りたいという思いが詰まっています。

桃の形に合わせて、香りもほのかなピーチの香りになっています。一回の使用でもちろん効果を実感できますが、継続して使い続けることで、肌トラブルとは無縁のおしりに仕上がります。

もちろん、おしりだけでなく全身に使うことも可能です。果物やアロエから採取した天然由来の美容保湿成分をたっぷりと含んでおり、ざらつきの気になる肘や膝、かかともすべすべになります。ネットで泡立てて、普通の石鹸として使うことも可能です。

ペースト状のボディスクラブは、わざわざ容器から取り出して肌に伸ばさなければならないという手間がありますが、「恋するおしり」は石鹸を手で持って、そのまま肌をマッサージすれば良いので、とても手軽に使用することができます。

5.ホット・マッサージュ(ウルトラ スーパーハード)/エステニー


エステニーホットマッサージュは、ホット成分であるトウガラシとショウガのエキスをたっぷりと含み、発刊を促す音感パックです。身体を温めながら、ソルトスクラブで角質をケアするアイテムです。

冷えてしまったパーツを温めることによって冷えを改善し、血行をよくします。また、熱による脂肪燃焼効果も期待できるため、ラインが気になる部分をマッサージするとスリムアップにつながります。冷えやすい下半身を中心にパックして、しばらく置いてからマッサージしましょう。

冷え性で寝付きが悪いという人や、座り仕事や運動不足で代謝が落ちている方に特におすすめのボディスクラブです。

6.ボディスクラブ ソルト/リーフ&ボタニクス


リーフ&ボタニクス ボディスクラブ ソルト

リーフ&ボタニクス ボディスクラブ ソルト

1,025円(02/18 19:39時点)
Amazonの情報を掲載しています

リーフ&ボタニクスは松山油脂が提供する、植物が持つ素肌のための有効成分を取り入れたスキンケアアイテムとボディケアアイテムを取り扱うコスメティックブランドです。リーフ&ボタニクスのボディスクラブはホワイトクレイを配合しています。ホワイトクレイは皮脂や毛穴の汚れ、老廃物を吸収してくれるため、汚れによる肌トラブルを防止し、くすみのないすべすべ肌に仕上げてくれます。

スクラブには、ソルトと一緒に乾燥させて細かく砕いたクルミの皮を使用しています。スクラブの粒が大きいためしっかりとした使用感で、膝や肘などの硬くなった角質ケアをしたいという人におすすめです。


ユーカリとレモングラスの香りを楽しむことができます。特にユーカリの香り成分には風邪やインフルエンザを予防する殺菌効果もあるため、呼吸器系のトラブルを抱えやすい人におすすめです。

いずれの香りも、気分を明るくリフレッシュさせてくれます。ストレスが溜まりがちな人は、リーフ&ボタニクスのボディスクラブでお風呂でボディケアをしながら香りを楽しみ、気分転換しましょう。

7.ローズオブヘブン ボティスクラブ/KOSE コーセー


バラの女王と長会ダマスクローズから集めた「ローズハニー」を配合したボディスクラブです。ローズはニーはミネラルやビタミンをたっぷりと含む天然の保湿成分で、肌に潤いを与えます。ブルガリア産のダマスクローズを始め、センチフォリアローズ、ノバラ、ノイバラの成分を抽出し、バラの持つ潤い成分を存分に楽しむことができます。

香りはダマスクローズを中心に、フローラルとシトラスの香りを配合しました。ローズ系の香りですが、さっぱりとした爽やかな印象のある調合なので、フローラルは香りが強くて苦手という人も手に取りやすいです。

バラの香りは嗅ぐだけで美肌になれる成分を含んでいます。また、女性のホルモンバランスを整えてくれるため、月経前の肌荒れやイライラなどを解消してくれます。ストレスを緩和する効果もあるため、リラックスタイムには最適です。


スクラブはシュガーとくるみの殻で、ソルト系のスクラブが苦手という人におすすめです。ジェルベースなので伸びがよく、保存のしやすいチューブタイプなのも人気の理由です。

8. ボタニカル シュガー&バタースクラブ/BOTANIST ボタニスト


植物の有効成分を使用したコスメティックブランド「ボタニスト」のスクラブは、チューブタイプで衛生的に保存がしやすく、はじめての人にも扱いやすいです。シュガータイプのスクラブなので、ソルトタイプでは肌が傷んでしまうという敏感肌の人も安心して使用できます。

潤い成分に、数多くの天然オイルを使用しているのも特徴のひとつです。オリーブオイルを中心に、ココナッツオイル、アルガンオイル、マカデミアオイル、アーモンドオイルを配合し、さらにシアバター、カカオバター、ムルムルバターをたっぷりと含んでいるので、肌が乾燥しやすいという人に特におすすめです。特に冬場に使いたいボディスクラブです。

9.タラソスクラブ イルミナント#レモン/ジェオマール


600gという内容量で2,000円というコストパフォーマンスの良さが大きな魅力のボディスクラブです。死海の塩を使用したソルトタイプで、保湿オイルをたっぷりと含んでいます。

商品名を見てもわかるように、フレッシュなレモンの香りを楽しみながらボディケアをすることができます。

レモンには、芳香成分の「リモネン」が含まれており、神経を正常に働かせる働きをします。神経の興奮を静めてくれるため、不安感やストレスを和らげてくれるというメリットがあります。安眠効果も期待できるため、バスタイムにボディスクラブのマッサージでゆっくりとリラックスした後、ベッドに入ることをおすすめします。

10.パワーマスク/ラッシュ(LUSH)


ラッシュ(LUSH) パワーマスク(125g)

ラッシュ(LUSH) パワーマスク(125g)

1,950円(02/18 19:39時点)
Amazonの情報を掲載しています

新鮮でオーガニックな食材を使用したコスメティックブランド「LUSH」のボディスクラブは、あずきの殻を使用した肌触りの優しいスクラブが特徴です。やわらかなスクラブなので、ボディだけでなくフェイスにも使えるのが嬉しいポイント。ソルトスクラブでは肌がひりつくという敏感肌の人も安心して使うことができます。

バニラの甘い香りとミントの清涼感のある香りで、チョコミントが好きな人はきっと気に入る香りです。ミントのすーっとした香りは、気分をすっきりさせ、リフレッシュに最適です。目覚ましにも効果的なので、朝お風呂に入る習慣がある人には特におすすめです。香りは洗い流すと消えるため、他のケアアイテムの香りとの兼ね合いを心配する必要もありません。

泥成分が毛穴の汚れをしっかり吸着して落とした後、はちみつに含まれる保湿成分が肌をしっとりと整えるので、ニキビ対策に使うこともできます。気になる箇所にテクスチャを塗り、5~10分パックしてから、軽くマッサージをして洗い流しましょう。驚くほどなめらかな肌に仕上がります。

[5]ボディスクラブを手作りしよう

ボディスクラブにはたくさんの種類がありますが、好きなエッセンシャルオイルを使って自宅で簡単に作ることができます。使用するたびに作っても良いのですが、多めに作って保存することもできます。保存料が入っていないため、約1ヶ月で使い切れるように量を調整しましょう。

シュガースクラブ・ソルトスクラブの作り方

シュガースクラブとソルトスクラブの作り方は同じです。まず天然塩か砂糖を大さじ4容器に入れ、そこにキャリアオイル大さじ2と好きな精油を6滴加えます。

キャリアオイルという言葉を聞き慣れない人もいるかもしれませんが、これは植物油のことです。代表的なものは、オリーブオイル、アルガンオイル、ホホバオイルなどで、肌に潤いを与え、保湿してくれる成分です。


上記のレシピは1回分の使い切りの分量ですが、これを基準に多めに作ることもできます。作ったボディスクラブを保存用の容器に移せば完成です。

塩にはさまざまな種類がありますが、スクラブに使用する場合は粒の大きくないものを選ぶようにしましょう。大きな粒のものを使うと、肌に刺激を与えすぎてしまうため、かえって肌荒れの原因になることもあります。天然塩は産地によって成分などが異なるため、自分の肌に合うものを選びましょう。

砂糖をスクラブに使う場合も、ソルトと同様、粒の粗いものは避けるようにしましょう。グラニュー糖や甜菜糖、ブラウンシュガーがおすすめです。

重曹スクラブの作り方

重曹スクラブは、重曹大さじ1に対して水小さじ1を混ぜるだけで完成します。保湿をプラスしたい場合は、キャリアオイルを少量加えましょう。

重曹の粒子は水に溶けにくいため、手で混ぜていると手の表面をこすってしまうことがあります。手が荒れやすい人は手袋を着用して使いましょう。

[6]お気に入りのボディスクラブで肌を美しく保とう

古い角質を除去するのにボディスクラブを定期的に使用するのはとても効果的です。使いすぎは肌荒れの原因になりますが、週に2回程度使用すると常になめらかで透明感のある肌を保つことができます。

ボディスクラブはドラッグストアで変えるプチプラのものから、コスメティックブランドが提供しているものまでさまざまな種類があります。自分の肌に合ったものや、自分が好きな香りのものを選んで、日々のボディケアをさらに充実させてはいかがでしょうか。

  • 関連するキーワード