ライトに香るから気軽に使える!「プチプラコロン」の楽しみ方

最も手軽に楽しめる香りアイテムの1つに、香水があります。香水にも様々な種類がありますが、ふんわり香るコロンであればプチプラで購入出来ることをご存じですか?ドラッグストアでも売られているプチプラコロン。今回は、そんなプチプラコロンの楽しみ方をご紹介させていただきます。お好きな香りをまとって、毎日をさらに豊かに過ごしましょう。

2019年02月26日更新

香水/フレグランス

あやの  FELICE ライター

  • fb
  • line

[1]香水とコロンの違いって?


「香水」と「コロン」。
言葉はよく耳にしますが、香水とコロンって何が違うのでしょうか。
名前だけを聞くと別物に感じますが、実は香水という大枠の中にコロンという種類があり、コロンも香水の1種です。
「香水」と「コロン」の違いを解説します。

香水の種類について

香水の種類は全部で4種類に分かれており、パルファム・オードパルファム・オードトワレ・オーデコロンの順に香料の配合率が高く、香りの持続時間も長くなっています。

パルファムやオードパルファムは、濃度が高く少量でも長時間香り、オードトワレやオーデコロンは、濃度が低く数時間香り続ける程度です。

 

ほのかに香るコロンが今話題!

この4種類の香水の内、今回ご紹介するのは、最も香料の濃度が低く手軽に香りをまとうことの出来る「オーデコロン」。
オーデコロンは香料の配合率が2~5%、持続時間が1~2時間とライトに香るアイテムとなっています。

最近では、強い香りの香水を好まない方も多いので、ほのかに香るオーデコロンは注目されていますよね。更に、オーデコロンは香料の配合量が少ないので、プチプラで購入することが出来る香りアイテムなんです。

プチプラコロンには様々な楽しみ方があるので、お気に入りの香りを見つけて楽しんでいきましょう。

[2]プチプラコロンの楽しみ方

お気に入りのプチプラコロンを見つけたら、次は暮らしの中に取り入れていきましょう。
プチプラコロンならではの楽しみ方はたくさんあります。

たくさんの種類のプチプラコロンを集める

プチプラで購入できるという利点を活かして、たくさんの種類のプチプラコロンを集めてみるのがオススメです。
プチプラなので、複数購入してもそこまで高い金額にならないのは嬉しいですよね!中にはワンコインで手に入るプチプラコロンもあります。

ボトルのデザインが気に入っているコロンは、同じ種類のものでも香りをかえて購入してみたり、香りの好みがある方は、同じ香りでもブランドによって違いがあるので、いろんなブランドのコロンを購入して香りを比較してみるのも面白いですよ!

シーンに合わせて、1日の中で香りを変えてみる

1日の中で香りを変えてつかえるのも、香る時間が短いオーデコロンならではの魅力です。

たとえば、朝は柑橘系の香りで気分をスッキリさせたり、職場では控えめでエレガントな清潔感のあるサボンの香りをまとう。
夜のデートでは、甘い香りで女性らしさを演出したりと1日の中でシーンに合わせて香りを変えることができます。

また、休日では少し変わったエキゾチックな香りやスパイシーな香り、リラックス出来るウッディな香りやハーブ系の香りと、出かける場所やその時の気分によってコロンを変えてみるのも楽しいですよ!

コロンの香りは1~2時間で飛んでしまうので、シーンによって変えられるという嬉しい利点もあります。
持ち運びしやすい小さめのコロンも多数売られているので、バッグの中にいくつか忍ばせて、シーンによって使い分けをしながら楽しんでみて下さいね。

ボトルをコレクションしてインテリアにする

コロンには、ボトルのデザインが可愛いものが多いので部屋のインテリアとしてボトルをコレクションするのもいいですね。
単体で飾ってみたり、複数を並べてみたり、花やアクセサリーと一緒に飾っても、部屋が華やかでオシャレに変身します。

使い切ってしまったコロンも、デザインが可愛いものはインテリアとして飾っておくと、部屋にいるだけで気分が上がるアイテムになりますよ!

ピローミストとして使用する

1番オススメの使用方法が、コロンをピローミストとして使用する方法です。
寝る前に、寝具やカーテン、部屋へシュッとひとふきしてみて下さい。自分のお気に入りの香りがふんわりと包みこんでくれるので、心身共にリラックスして安眠効果があります。

コロンの中には色が付いたり、シミになってしまうものもあるので、洗濯のできない生地のものへの使用には注意して下さい。
どうしても気になる場合は、枕元にコロンで香り付けしたハンカチを置いて眠ると、寝具やカーテンと同じようにふんわりと香りが広がるのでオススメです。

[3]コロンを付ける位置や、長く香らせるための使い方

コロンを付ける位置は、しっかり香らせたいか、ふんわりと柔らかく香らせたいかによってつける位置を変えてみましょう。
しっかり香らせたい場合は、耳の後ろや手首、ひじの内側がおすすめ。ふんわりと柔らかく香らせたい場合は、ひざの裏や足首、腰へ付けると香りの強さが変わります。

香りは目に見えないものなので、気が付くと香りに慣れてしまって濃くなりがちです。一度に大量に付けずに、数時間おきに少量ずつ使用して、心地よい香りをまといましょう。

肌が弱い方の楽しみ方

肌が弱い方は、肌に直接コロンを付けると、肌トラブルになってしまうこともあります。それでも好きな香りは毎日楽しみたいですよね。
そんな方は、スカートの裾やハンカチ、仕事の際は名刺やメモに付けて香りを楽しみましょう。
肌に直接触れないので、香りを楽しみながら肌トラブルを防ぐことができます。

ピローミスト同様に、服に付ける場合は色が付いたり、シミになることもあるので注意してください。

 

[4]プチプラコロンの可能性は無限大!


いかがでしたか?
プチプラコロンならではの楽しみ方は、まだまだたくさんあります。
自分らしい使い方を見つけて、プチプラコロンを最大限に楽しんでくださいね。


  • 関連するキーワード