風邪の予防にも最適!古代エジプトで愛されたエレミの精油の効果・効能

エレミは熱帯地域に分布する樹木で、その樹脂から精油が採取されます。エレミの精油は、古代エジプト時代から香料としてだけでなく、防腐剤としても使用されていました。 柑橘類のような爽やかな香りに、スパイシーさと甘さがアクセントとして加わる香りです。今回は、エレミ精油の香りの特徴と、効果・効能について紹介します。

2019年03月01日更新

アロマ

chihori (felice編集部)

  • fb
  • line

[1]エレミとは?

エレミはカンラン科の植物です。同じカンラン科には香料としてよく知られるフランキンセンスがあり、エレミ精油もフランキンセンスの香りと似ています。エレミは熱帯地域・亜熱帯地域に生息しており、原産国であるフィリピンでは「ピリ」という名称でも知られています。

エレミの樹脂は粘性があるため、塗料のニスとしても使用されています。精油は幹からしみ出す樹枝を水蒸気蒸留して抽出します。

古代エジプトの時代から使用された香料

エレミという名前はアラビア語で「上にも下にもある」という意味です。古代エジプトではエレミの消毒作用を利用して、ミイラを作るときの防腐剤として使っていました。

また、15世紀のヨーロッパでは、循環器や消化器の不調を癒やす薬としてエレミが使用されていました。内臓の不調だけでなく、エレミは皮膚の傷を癒やし、細胞を修復する薬としても使われています。

[2]エレミの香りの特徴

エレミは他のカンラン科の香料と同じように、古くから宗教儀式にお香として用いられてきました。

爽やかでスパイシーな香り

エレミの香りは、柑橘系のような爽やかな香りの中に、心を落ち着かせる甘い香り、そしてスパイシーな香りがアクセントとして加わっています。すっきりとした印象でありながら、深い余韻の残る香りです。

[3]エレミの精油の効果・効能

エレミは古代から、香料としてだけではなく、薬としても使用されてきました。現在でも、軟膏などに配合され、傷を癒やして皮膚の細胞を修復する香料として使われています。

心を落ち着かせ、元気にする


エレミの爽やかで落ち着きのある香りは心をリラックスさせ、穏やかな気持ちにしてくれます。また、集中力をアップさせ、頭を冴えさせてくれるので、勉強や仕事の際にエレミの香りを用いると、効率アップに繋がるでしょう。

他のカンラン科の香料であるフランキンセンスやミルラと同様、ヨガや瞑想の際にも用いられます。

風邪のケアに

エレミは殺菌作用を持つため、ウイルス性の感染症に効果を発揮します。痰を除去し、呼吸を楽にする働きもあるため、風邪のときの喉のケアに最適です。

肌の保湿に

エレミにはアンチエイジング効果があり、エレミの精油をスキンケアローションやクリームに混ぜて使うこともできます。エレミは肌に適度な刺激を与えて活性化し、殺菌作用によって清潔な状態を保ちます。

継続的にスキンケアに使うことによって、肌のくすみやしわが消え、美しい素肌を実現することができるでしょう。

[4]おすすめのエレミの精油とブレンド

エレミの精油を生活に取り入れて、落ち着いた毎日を過ごしましょう。
またエレミは、単体でも十分香りを楽しむことができますが、ブレンドすることによってさらに効果を発揮します。

エッセンシャルオイル エレミ(3mL) /生活の木


生活の木 エレミ3ml[エッセンシャルオイル/精油]

生活の木 エレミ3ml[エッセンシャルオイル/精油]

913円(03/24 11:44時点)
Amazonの情報を掲載しています

フィリピン産のエレミ精油です。ガーゼに数滴精油を垂らして芳香浴を楽しむこともできますし、お風呂に数滴垂らしてよりリラックスしたバスタイムを過ごすこともできます。また、スキンケア商品に混ぜて使うことで、アンチエイジング効果を発揮してくれます。

相性の良い精油のおすすめブレンド

エレミは同じカンラン科の植物であるフランキンセンスとブレンドすると、より神秘的な落ち着きのある香りになり、柑橘類のグレープフルーツやオレンジとブレンドすると、心がより溌剌と元気になるのでおすすめです。

[5]エレミの精油を美容や健康にも

古代より人の生活のそばにあり、健康と美容のために活用されてきたエレミ精油。集中力をアップさせたいという人や、肌の調子が気になるという人に特におすすめです。エレミの香りを日常に取り入れて、より健康で充実した毎日を送りましょう。

  • 関連するキーワード