コリアンダー精油(エッセンシャルオイル)の香りでやる気アップ!消臭効果も!

カレーや炒めものなどのスパイスとしても使われるコリアンダーですが、精油(エッセンシャルオイル)としても万能ということをご存知でしょうか?集中力アップや消臭効果も期待できるコリアンダーのアロマ効果についてご紹介します。

2019年03月06日更新

アロマ

chihori (felice編集部)

  • fb
  • line

[1]コリアンダーとは?


コリアンダーは地中海東部原産のセリ科の一年草です。生長すると30cm~90cmほどまで育ち、葉や茎に独特の香りがあります。

一般的に、果実や葉を乾燥し、スパイスとして使われるものを「コリアンダー」、生食する葉は「パクチー」と呼ばれています。タイ料理店やスーパーで見かけるパクチーとコリアンダーは全く同じものなのです。また、中国ではチャンツァイ(香菜)、中南米ではシラントロと呼ばれています。

スパイスとしてのコリアンダー

コリアンダーは、葉と種子の両方がスパイス(香辛料)として使用されています。香味や風味がまったく異なるため、料理によって使い分けられています。ビタミンが豊富に含まれていて、デトックス作用もあるため、美容や健康効果が高い食材でもあります。

・コリアンダーリーフ(パクチーの葉)

コリアンダーの葉の部分は、コリアンダーリーフまたはパクチーと呼ばれ、カメムシの香りと表現されるように、癖のある独特の香りがします。香りも味も独特なため、好き嫌いがはっきり分かれます。肉や魚料理に添えられたり、料理のトッピングとして利用されています。

・コリアンダーシード(パクチーの種)

コリアンダーの種の部分はコリアンダーシードと呼ばれ、ほのかな柑橘系の香りがします。カレーなどのスパイスやハーブティーとして利用されています。

コリアンダーの香りの特徴

葉と種の部分で全く香りが異なるコリアンダーですが、精油は果実(種子)の部分から抽出されます。ほんのり甘くスパイシーで、ウッディー調の香りがします。

[2]コリアンダー精油(エッセンシャルオイル)の効果・効能

心への効能

スパイシーな香りが気分を高め、やる気を取り戻す手助けをしてくれます。集中したいときや記憶力を高めたいときなどにおすすめです。

体への効能

食欲不振や消化不良などの消化器系の不調に効果的です。ストレスが原因の下痢や便秘、お腹のハリなどにも効果が期待できます。

肌への効能

あまり皮膚には使用されませんが、じんましんや湿疹などにいいと言われています。

コリアンダーには消臭作用も!

コリアンダーの香りには消臭(デオドラント)作用もあるため、お部屋の消臭スプレーやアロマバスでの使用もおすすめです。

[3]コリアンダー精油(エッセンシャルオイル)のおすすめの使い方

芳香浴

アロマディフューザーやアロマランプなどを使って、お部屋に香りを拡散させれば、疲れた体に元気を与え、やる気を高めてくれます。消臭効果もあるため、部屋の臭いが気になるときもおすすめです。

アロママッサージ


希釈したコリアンダー精油(トリートメントオイル)を身体や顔に塗布してマッサージすると、リラックス効果や血行促進効果を得られます。

<マッサージオイルの作り方>(50mlのキャリアオイルを使う場合)

1.キャリアオイル50mlを準備する。
2.エッセンシャルオイル(精油)10滴をキャリアオイルに加え、かき混ぜれば完成♪

アロマスプレー


コリアンダー精油には消臭効果があるため、ルームスプレーに最適です。

<アロマスプレーの作り方>

1.スプレー付き遮光瓶に水50mlを入れる。
2.瓶の中にエッセンシャルオイル(精油)を10滴~20滴落とす。
3.毎回よく振ってから部屋にスプレーしましょう♪

[4]相性のいい精油・おすすめアロマブレンド

・ハーブ系:クラリセージ、ペパーミント
・柑橘系:ベルガモット
・フローラル系:ラベンダー
・スパイス系:カルダモン、クローブ
・オリエンタル系:サンダルウッド、ジャスミン
・樹木系:カユプテ、ティーツリー

[5]コリアンダー精油(エッセンシャルオイル)で気分を高めよう

スパイスとしても重宝されているコリアンダー。精油は、独特な葉の香りからは想像できない、甘くてスパイシーな香りです。疲れた心に元気を与えてくれるため、やる気が出ないときや集中したいときにおすすめです。消臭効果もあるので、用途に合わせて使ってみてはいかがでしょうか?


  • 関連するキーワード