冬の乾燥に負けない! 爪美人になるためのおすすめネイルオイル5選

爪にヒビが入ってしまう、ささくれが酷い、二枚爪になってしまう…指先の乾燥や除光液の影響で、そんなお悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか? そんな時はネイルオイルで爪に元気をあげましょう!! 意外と知らない効果的な使い方や香りに癒されるおすすめネイルオイルをご紹介します。

2019年03月13日更新

香水/フレグランス

Hana   FELICE ライター

  • fb
  • line

[1]ネイルオイルで爪美人に


もはや冬の風物詩とも言える“手の乾燥”。
当たり前のように私のスマホの指紋認証は機能してくれません。だから、最近のスマホには顔認証システムが搭載されていて、とても嬉しいのです。私の友人は冬になると指紋の登録をし直しています。それでも1回では開いてくれないと嘆いています。

冬はただでさえ乾燥するのに、ウィルスの心配も増え、手を洗う回数が自然と多くなる季節ですよね。
どうしたって手はガサガサになりがちです。だから、この季節はハンドクリームが欠かせない方も多いかと思います。
私も料理をする前用の落ちないハンドクリーム、昼間使うのはベタつかないハンドクリーム、寝る前の高保湿ハンドクリームと、使い分けています。でも、手の平の方はそれで潤っても、爪の周りってなかなかしぶとくガサガサが続く、ということはありませんか?

それは、爪が乾燥することで根元の甘皮が硬くなってしまっているからです。
パソコンで仕事をする時やスマホでメッセージを送る時、何かと指って目につきますよね。どんなにネイルをきちんとしていても、爪の周りがガサガサゴワゴワでは、せっかくのネイルにも気分が上がりません。

爪は顔と同じ、皮膚の一部ですから「手は年齢を表す」なんて言葉もよく耳にしますよね。
実は気になっているのは自分だけではないかも!?

ネイルオイルって何?

爪周りが気になる……そんな時におすすめなのが“ネイルオイル”です。
ネイルオイルとは特に爪の根元部分にあるキューティクルとも呼ばれる甘皮に油分や水分などを与えて保湿し、乾燥を防ぐオイルのことです。

簡単に言うとハンドクリームの爪バージョンですが、ネイルオイルは爪を保湿することを考えて作られているので、美しい爪を手に入れるには欠かせないアイテムと言えます。

ネイルオイルの選び方

成分

一般的なネイルオイルは保湿効果があり、肌になじみやすい植物性オイルと爪に元気を与えるミネラルやビタミンを中心に配合されています。

植物性オイルとは主にホホバオイルやオリーブオイル、アーモンド油などで、乾燥しがちでなかなかハンドクリームの成分が届きにくい爪の根元にもなじみやすく、乾燥を防いでくれるのもネイルオイルのいいところです。

しかし、植物性オイルではなく、ミネラルオイルやスクワランオイル、ワセリンなどの鉱物油が主成分になっているものもあります。鉱物油が主成分でできたものは保湿力には優れていますが、ベタベタする割に肌に浸透する力が弱く、何も栄養がありません。

ネイルオイルを選ぶ時には、肌への浸透が良くさらさらとしてベタつかず、栄養素をたくさん含んだ植物性オイルがベースものもをおすすめします。

香り

ネイルオイルには様々な香りのものがあり、同じ香りを謳っていても、商品によって香りは異なります。
自分が好きな香りを身に付けることでリラックス効果があったり、気分があがったりするので、ぜひ自分好みのネイルオイルを見つけてみてください。

[2]ネイルオイルはいつ使ったらいい?

ネイルオイルは一日に何回塗らなくてはいけないとか、特にこの時に!という決まりはありませんが、タイミングを意識してみるのはいいかもしれません。

おやすみ前に


まずは、寝る前。
実は一番乾燥しやすい時間だと言われているのが睡眠中なので、ネイルオイルを塗って寝ている間の乾燥を防ぎましょう。
寝ている間は水を触れることもなく、身体が再生する時間なので爪の補修や保湿に最適の時間です。

お風呂あがりに


次に入浴後です。
入浴後は血行も良くなり、爪も柔らかくなっているのでネイルオイルの成分が吸収しやすい状態です。
毎日のスキンケアと一緒に、ネイルオイルも習慣にしましょう。

家事のさいごに


あとは家事などの水仕事の後です。
水に触れると爪は乾燥しやすくなります。特に食器を洗ったり、洗剤を使って掃除をした後などはダメージを受けていますので、終わったらすぐに塗りましょう。水をよく使う人はこまめにケアする必要があります。

[3]ネイルオイルの効果的な使い方


出典 prinatureshop.jp/naturalcosme/nailoil_hindo/

清潔な手に塗りましょう

ネイルオイルは肌に浸透しやすい植物性オイルや水溶性の成分が配合されているので、油脂は天敵です。塗り始める前にまず手を洗い、汚れや油分を落としておきましょう。

ハンドクリームなどを塗った後でもネイルオイルを使うと、ハンドクリームの油分にはじかれ、ネイルオイルが皮膚や爪に浸透しません。
ハンドクリームはネイルオイルを塗った後に使用するようにしましょう。

塗った後は軽いマッサージをしましょう

ネイルオイルは主に甘皮(キューティクル)の部分とささくれのできやすい指の側面に塗ります。甘皮に水分や保湿力が足りないと、キレイな爪が生まれてこなかったり、丈夫な爪が生えてこなかったりします。
側面は爪の輪郭にそって塗ると、成分が浸透しやすくなります。

そして、最後のひと手間として、マッサージです。
爪の根元であるキューティクルの下の部分を押して血行を良くし、爪の細胞を活性化させてあげましょう。
眠い、時間がない、面倒……という方は、爪同氏をすり合わせてなじませるだけでもOKです!ネイルオイルの成分の浸透を促すだけでなく、血行が良くなることでリラックス効果もきたいできますよ。

[4]おすすめネイルオイル5選

保湿効果と香りが良く、リラックス効果も期待できるおすすめのネイルオイルをご紹介したいと思います。

uka(ウカ) ネイルオイル

人気ネイリストさんが手掛けるブランド『uka(ウカ)』。
いつもお客さんの爪を見ているネイリストからの視点で作られたネイルオイルは「爪を健やかに保ち、それを習慣にして欲しい」という願いが込められています。

ukaのネイルオイルは5種類あり、それぞれ違うエッセンシャルオイルを使用しているため、香りや使用感がちょっとずつ違います。使用感についてはそれぞれの香りについた名前が参考になり、分かりやすくなっているんです。朝起きた時、仕事中、寝る前……など使うシチュエーションや気分に合わせて使い分ける楽しみがあります。

時々洋服のブランドやお店などとコラボした限定の香りが出たりするので、それも楽しみの一つです。

実は私もここ数年『13:00』を愛用しています。
ハンドクリームもそうですが、手にべたつくのが苦手でさらさらしたタイプのものが好きなので、昼夜を問わずこれを使っています。香りはミントやレモンなどの爽やかな香りです。
爪周りも潤って、好きな香りで気分もスッキリして一石二鳥!面倒くさがりの私が続いているのは付けやすさにも秘密があると思っています。

ネイルオイルには色々なタイプのものが出ていますが、ukaのネイルオイルはロールオンタイプです。
ロールオンタイプはボールをコロコロ転がすよう動かすと中のオイルが出てくるタイプです。キャップを外せば、もうそのまま塗れるので、手軽で、ケアするハードルが一気に下がったように感じました。
私の様に面倒くさがりさんや忙しい方にもとってもおすすめです。


 

タスカ アロマネイルオイル

こちらもロールオンタイプのアロマオイル。
厳選された100%天然のエッセンシャルオイルが使用されていますので、ベタつかずサラサラとした使い心地です。
香りは柑橘系をベースに配合された『ハーバルレモングラス』、フルーツやお花の香りの『スウィーティーシトラス』、ラベンダーをベースとした『フローラルラベンダー』の3種類です。

天然の香りは強すぎず、やさしくふんわりと香るので、ネイルケアをしながら疲れや緊張をほぐすことができます。首筋や手首に塗って香りだけ楽しむこともできます。

タスカ アロマネイルオイル スウィーティーシトラス 6ML

タスカ アロマネイルオイル スウィーティーシトラス 6ML

1,296円(07/17 01:22時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

Jurlique(ジュリーク) ネイルキューティクルトリートメントオイル

自社の農園で“バイオダイナミック無農薬有機農法”という方法で植物を育て、その植物の成分を抽出してスキンケア商品を作っているJurlique(ジュリーク)。
このネイルオイルももちろん自社農園で育てられた植物とボタニカルオイルで作られています。
香りはジュリーク製品のベースとなるローズの香りです。

このネイルオイルはスポイトタイプで、ぽたっとオイルを垂らすタイプです。ネイルサロンではこのタイプが使用されているところが多いようです。
液体なので使いやすく、肘や膝などの乾燥しやすい場所にも使えたり、ハンドクリームに混ぜて使えたりもします。
ただ、蓋がしっかりと閉まっていないと液だれする心配もあるので、持ち歩き用にはせず、自宅で使うのが良さそうです。

この商品の詳細を見る
 

ADDICTION(アディクション) ザ キューティクルオイル


h出典 item.rakuten.co.jp/cosmetch/4971710231045/

ADDICTION(アディクション)のネイルオイルは化粧品メーカーならではの5種類の美容成分を含んでいるため、肌なじみが良いのはもちろん、ビタミンが肌の再生を助けます。
オーガニックのオイルが使用されており、ゼラニウムの香りが心と身体のバランスを整えてくれます。

マニキュアタイプのネイルオイルなので、マニキュアと同じようにハケで塗ります。ロールオンタイプ等と比べると爪の裏面などにも塗りやすく、マニキュアと一緒の保管できるのも魅力です。

【アディクション】ザ キューティクルオイル 12ml

【アディクション】ザ キューティクルオイル 12ml

2,160円(07/17 01:22時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

OPI(オーピーアイ)
プロスパ ネイル&キューティクルオイル トゥゴー

出典 item.rakuten.co.jp/fitone/opi-v-97851/

3種類の植物性オイルが使用されているため、肌に素早く馴染み、乾燥を防ぎます。OPI独自の保湿成分も配合されているので、指先の柔軟性を長く保つことができます。

OPIのネイルオイルは筆タイプのネイルオイルで、私も会社員で勤めていた時にはこれを持ち歩いていました。
細長いスティック状で、持ち運びに便利です。ロールオンタイプと同じようにキャップを開けたらすぐに塗れます。

特に、このネイルオイルはジェル状なので、外で使う場合も垂れてくる心配がなく、どこでも気軽に使うことができます。ちょっとした休憩時間やリラックスしたい時などにも塗ると、気分転換になってとてもいいですよ!

プロスパ ネイル&キューティクルオイル トゥゴー 7.5mL

プロスパ ネイル&キューティクルオイル トゥゴー 7.5mL

2,160円(07/17 01:22時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

[5]ネイルオイルで自信が持てるすっぴん爪を目指そう!

ネイルオイルはネイルをしている方にはもちろん、普段マニキュアなどをしない方にもおすすめです。すっぴんがキレイに越したことはありませんよね!

手や爪がキレイだと手入れが行き届いた印象になります。
ネイルオイルの毎日のケアで自信が持てる、トラブルのない美しい爪を目指しましょう。

  • 関連するキーワード

    関連するブランド