世界で最も高価な香料「イリス」の香りの特徴と効果は?精油(エッセンシャルオイル)と香水もご紹介

イリスは主に地中海沿岸に生息するニオイアヤメの根茎から抽出される香料で、世界で最も高価な香料として知られています。イリスのエレガントな香りは高級フレグランスにも使用されており、そのフローラルでパウダリーな香りに虜になる人も少なくありません。今回は、イリスの香りの特徴、そしてイリスが使われている香水について紹介します。

2019年05月16日更新

アロマ

菊池倫子 (アロマセラピスト)監修

  • fb
  • line

[1]イリスとは?

イリスはニオイイリスを原料とする香料です。ニオイイリスはアヤメ属アヤメ科に属する植物で、原産地はモロッコやイタリアなどの地中海沿岸部です。温暖な地域で生息するため、世界中のいろいろな場所で見ることができます。

アヤメやショウブによく似た花で、日本ではシロバナイチハツなどという名称で呼ばれます。ニオイイリスはドイツアヤメの変種であり、明治初期にドイツアヤメとともに日本に渡来しました。

ニオイアヤメの根茎から抽出される香料


イリスはニオイアヤメの根の部分から抽出される香料です。抽出方法は水蒸気蒸留法や溶剤抽出法で精油が得られますが、これは香料を抽出する方法の中でも非常に長い時間がかかること、そして採油率が非常に低いことで知られています。そのため、イリスの精油は非常に希少であり、高額の価格がつけられています。

イリスの濃度にもよりますが、1mlで数万円することも珍しくありません。もちろん、濃度の低い精油はお買い求めしやすい価格で販売されているので、まずはそちらからの購入をおすすめします。

イリスの神話

イリスはギリシャ語で「虹」を意味する言葉です。この名前はギリシャ神話の虹の女神「イリス」に由来します。イシス属は花の色が多彩で、色鮮やかなことから虹を連想する花としてこの名前がつけられました。


虹の女神イリスは、ゼウスと部屋の従者として、虹の架け橋を往来して有事の際に神々の住むオリンポス山と人間界の橋渡しをしています。その女神イリスが地上に降りたとき、花に姿を変えました。それがイリスであると言われています。

また、古代エジプトでは、イリスの花弁は信仰と勇気と知恵の象徴とされ、崇められていました。

[2]イリスの香りの特徴

イリスの精油は根から抽出されますが、まるで花から採れたようなフローラルな香りです。根や茎から採れる香料は香水に使われる際ラストノートのアロマになります。

揮発性が長く、香りが長持ちするという特徴があるので、トップノートやミドルノートに使われ、そのまま最後まで存分にイリスの香りが楽しめるタイプの香水もあります。

古くから香水の香料として使用されたフローラルな香り

イリスの香りは、スミレに似た強い花の香りと、パウダリーな石鹸の香りで、清廉さの中に優雅さをイメージさせる香りです。特にフランス産のイリスの精油は上質な香りのものが多いです。

イリスは古代ギリシャ・ローマ時代からから香水の香料として使用されてきました。イリスの香り成分の中には「イロン」という成分があり、この物質がスミレのようなフローラルな香りのもとになっています。


現在はイロンが合成できるようになりましたが、それが可能になるまでは香水や化粧水の香りづけにイリスの精油は欠かせませんでした。

科学の発展によってイロンは合成できるようになり、安価な香水では合成物が使用されていますが、高級化粧品やハイブランドのフレグランスなどでは、現在でもイリスの精油が用いられています。

[3]イリスの香りの効果・効能

イリスはフローラルな香りですが、根から抽出される香料であるため、土やウッドを思わせる温かみも持っています。心を鎮める香りとして知られているだけでなく、身体にも良い効果を発揮してくれます。

心をリラックスさせる

イリスの精油には鎮静効果があり、心をリラックスさせてくれる働きをします。ストレスが溜まって情緒が不安定になっているときや、イライラが収まらないときなど、ささくれだった心を落ち着けるのに最適です。

ウッディーな落ち着きのある香りは、幸福感や安らぎ、優しさをもたらしてくれるとも言われています。心が沈んで元気が出ないとき、明るさを取り戻すためにイリスの精油を使ってみましょう。

呼吸器系の不調に有効

イリスは古くから香料として使われており、薬草としてはそれほど使用されてきませんでした。しかし、イリスの香り成分や伝統的な利用方法から、呼吸器系の不調を回復させるのに有効であるとされています。

咳や痰を除去する効果があるため、喘息や気管支炎の緩和に適しているとする説もあります。

肌のエイジングケアに

イリスの精油は美容効果が高く、古くから化粧水にも利用されてきました。ただし、刺激があるため敏感肌の人は注意が必要です。

カネボウ化粧品は、イリスに抗酸化作用とメラニン色素を抑える作用があると報告しており、コレラの働きから、イリスはシミやそばかすを防ぎ、肌のエイジングケアにも有効と考えられています。

[4]おすすめのイリス精油

イリスの精油は非常に高価で数万円することもありますが、濃度が10%ほどのものであれば、比較的安価で購入することができます。

イリス10%精油/生活の木

価格:1,944円
内容量:1ml

この商品の詳細を見る

イタリア産のイリスのエッセンシャルオイルです。比較的購入しやすい価格とは言え、単体で楽しむには高価であるため、フローラル系やウッド系のオイルとブレンドして使用することをおすすめします。

シダーウッドやサイプレスなどが特に相性が良く、イリスの持つ効果・効能をより効果的に引き出してくれるでしょう。

[5]イリスが主役の香水

イリスの精油は高価であるため、この香料が使われている香水は軒並み価格が高い高級フレグランスです。

安価な香水には合成イロンが使われることが多いのですが、エルメスをはじめとするハイブランドの香水には天然のイリス精油が使われることが多いようです。

イリスを主役に使ったエレガントなフレグランスを3つ紹介します。

イリス/エルメス


エルメス イリス 100ml EDT・SP

エルメス イリス 100ml EDT・SP

14,040円(06/15 10:29時点)
Amazonの情報を掲載しています

ネロリとローズのフローラルにコリアンダーのスパイシーさがアクセントとなるトップノートから、ミドルノートで高級感溢れる清らかなイリスの香りが広がります。

バーボンバニラとアンブレットシードが甘い余韻を残しますが、最初から最後まで、イリスの香りを存分に楽しむことができる香水です。

上品な中に可憐さと優しさが包まれており、大人の女性が持つ魅力を引き出してくれます。

オード パルファム/イプサ


出典 i-voce.jp

価格:6,500円
内容量:55ml

この商品の詳細を見る

現在廃盤になっているため、店舗や通販での入手が難しいイプサのオードパルファムです。つけた瞬間からイリスのパウダリーで優雅な香りが広がります。

しばらくするとグリーンの爽やかな香りが出てくるようになり、ジンジャーやカルダモンのスパイシーな香りが加わります。

ラストはウッド系の香りとムスクの香りが落ち着いた余韻を残し、優雅なだけではない、洗練されたシャープな印象のある香りに仕上がっています。

イリスオム/パルファン サトリ


出典 parfum-satori.com

価格:16,000円
内容量:50ml

この商品の詳細を見る

「国境なき日本の香り」をテーマにした日本のパフューマー、大沢さとりによるプレミアムフレグランスです。

イリスオムはメンズ用の香水ですが、一般的なメンズ香水のようにトップノートにインパクトを持たせるのではなく、始終穏やかで清楚な印象を与える香りが続きます。

トップノートはレモンとオレンジフラワーのシトラス系の香りにカルダモンのスパイシーがアクセントになり、ミドルノートでイリスとスミレ、ジャスミンのフローラルが香り立ちます。

ラストノートはアンバー、サンダルウッド、ライトムスクなど、落ち着きのあるウッディー系の香りに大人の色気を感じさせるムスクの香りが余韻を残します。


フローラルなイリスの香りは女性に好まれる印象がありますが、爽やかでやわらかなイリスの香りは男性にもよく似合います。

優しく落ち着きのある大人の男性の魅力を引き出してくれるイリスオムは、女性からの好感度をアップさせてくれるアイテムになるでしょう。

[6]イリスの高貴な香りでエレガントな毎日を

古くから香料として使われていたイリスの精油。抽出が困難なことから非常に高い価格がつけられていますが、その香りはどれだけ高価でも人々の心を惹きつけ、魅了してきました。日々の生活をさらに豊かで優雅なものにしたい人は、ぜひイリスの香りを取り入れてみてください。

☆アロマセラピスト菊池より一言☆
うっとりするくらい美しいお花を咲かせるイリス。その香りはすみれのように甘くフローラルで、疲れた心を優しく癒してくれます。
とても高価な天然香料になりますが、他の精油達に少し加えるだけで、華やかな香りに変化し優雅な気持ちにさせてくれます。香水として使用するのがやはりおすすめですね。
ぜひイリスの香りを身につけて特別な時間を過ごしてみてくださいね。

  • 関連するキーワード