“夏疲れ”をほっこり癒すおすすめハーブティ5選!

去年に引き続き今年の夏も猛暑でしたが、みなさん体調など崩されていないでしょうか。元気に過ごせた方もそうでない方も、この暑さで身体は知らないうちにダメージを受けていることと思います。自覚症状がなかった方も、季節の変わり目は体調を崩しやすくなります。今日はそんなあなたに、身体の内部から癒してくれるハーブティをご紹介します♡

2019年09月10日更新

香りフードドリンク

Keiko  FELICE ライター

  • fb
  • line

[1]ハーブティが身体にいい理由!

ハーブティ

ガラスのポットとティーカップでいただくハーブティはオシャレで、いい香りがして、ちょっぴりリッチな気分になりますよね。

でもハーブティは医学的にもきちんと証明されている健康食品なのです。どんなところが優れているのか見ていきましょう!

先人の知恵が生きている

ハーブ 歴史

ハーブとはヨーロッパにおいて、料理や薬に使う芳香植物のことを指し、人間の生活に登場したのは、なんと古代文明のあたりといわれています。

古代中国では漢方、古代インドではアーユルヴェーダ、そして古代日本では薬草などと呼ばれ親しまれてきました。先人たちはハーブの力を長い年月をかけて実体験をもとに学び、親から子へ受け継いで生活に利用してきました。

産業革命以降、西洋医学の発達によって、その多くは、忘れられたり、おざなりにされてしまいました。

しかし、21世紀に入り世界中で公害や環境汚染が深刻になったことで、健康志向が高まり、民間療法であるハーブの力が見直されはじめました。近年では、その力が化学的な根拠を以て研究されています。

そんな現代に受け継がれるハーブを、手軽に取り入れられるのがハーブティです。体調のバランスを整えるために、生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

植物の薬理作用が期待できる

ハーブ

先人たちが注目していたハーブの力とは、植物がもつ薬理作用のことです。薬理作用とは、植物の成分を摂取することで、身体の調子を整えたり、病気の症状を緩和したり、治したりする作用をいいます。

ハーブには人間の身体を健康に保つ良い成分が多く含まれており、ハーブティを飲むことでその薬理作用が期待できます。

料理やマッサージなどでハーブを利用することもできますが、習慣として取り入れるのはなかなか難しいですよね。

ハーブティであれば、お湯を注ぐだけなので、毎日の食後に…というように習慣づけることができるのではないでしょうか。

心身にやさしい

ハーブティ 女性

身体にいいことに加え、ハーブティから立ち上る湯気にも薬理作用があると言われています。

華やかで優しい香りには、心を癒す作用があると言われています。“病は気から”という言葉があるように、心を癒すことで風邪や病気の予防ができるのではないでしょうか。

また、すっきり系のハーブティであれば、鼻炎や鼻づまり緩和も期待できます。湯気までも見逃せないのがハーブティの魅力です。

[2]夏のダメージケアにおすすめなハーブティ5選

夏の雑貨

今年の夏も猛暑に襲われましたが、ダメージケアは始めていますか?日焼け止めを塗ったり、日焼け後のスキンケアを習慣づけている人は多いかもしれませんが、身体の内側はどうでしょうか。

これだけの猛暑だったので、身体の中もきっと悲鳴を上げています…!

秋は、ハーブティを飲んで、身体の中からダメージケアをしていきましょう。

胃の不快感を和らげたい人〈ペパーミント〉

ペパーミントティ

ペパーミントはその香りを誰もが知る最強のハーブ。すっきりした清涼感が特徴で、ハーブティになってもそのミント独特の香りは失われていません。

まだまだ暑いし、熱いお茶はちょっと…という方にもおすすめ。胃の不快感を和らげるので、食中食後に飲んでみましょう。

角砂糖と合わせてもおいしい!

〔作用〕殺菌、発汗、利尿、鎮静など
〔味と香り〕すっきりした味わいで、ミントの清涼感溢れる香り
〔注意〕幼児には飲ませないこと

 

 

たくさん食べてたくさん飲んだ人〈ジャーマンカモミール〉

カモミールティ

BBQにビアガーデン!お祭りも行ったし、アイスやかき氷もたくさん食べた!という人。暴飲暴食後の胃腸のケアをしてあげましょう。

カモミールティは、ハーブティのなかではかなりメジャーですよね。甘く優しいリンゴのような香りは、ハーブティ初心者にも飲みやすいと思います。

消化促進作用と精神的な胃腸の不調にも効果があると言われています。食後や就寝前のリラックスタイムにもおすすめです。

〔作用〕消炎、抗炎症、鎮静、健胃、消化促進など
〔味と香り〕苦味のない優しい味で、リンゴのような甘い香り
〔注意〕キク科アレルギーのある方は飲まないこと

 

 

むくみやだるさがある人〈アルファルファ〉

アルファルファ

あまりなじみのないハーブかもしれませんが、もやしの葉っぱのことです。日本ではムラサキウマゴヤシとも言われ、昔から世界中で主に牧草として栽培されてきました。

スプラウトの状態ではサラダにも使われています。β-カロテンやカルシウム、ミネラルといった栄養成分が豊富で、疲労回復やむくみの解消に効果を発揮すると言われています。

〔作用〕利尿、緩下、強壮、健胃など
〔味と香り〕緑茶に似た味だが、青臭い香り
〔注意〕子供には作用が強すぎるので飲ませないこと

 

肌荒れや風邪予防をしたい人〈ローズヒップ〉

ローズヒップティ

ピンク色のきれいなハーブティ。ビタミンCのほかに、ビタミンAやKなども豊富で、肌の調整に最適のハーブです。特にビタミンCはレモンの数十倍ともいわれ、風邪予防にもおすすめ。

紫外線をたくさん浴びた夏はビタミンが不足するので、夏の終わりに肌がくすんだり、秋(季節の変わり目)に風邪をひきやすくなるのはそのため。

きちんと身体にビタミン補給をして、美肌と健康な身体を手に入れましょう。

〔作用〕便秘改善、収れん、保湿、抗酸化など
〔味と香り〕甘酸っぱいジュースのような味で、華やかな香り
〔注意〕過剰摂取は下痢の原因になるので注意

 

 

夏風邪をひいてしまった人〈ジンジャー〉

ジンジャーティ

最後に紹介するのはジンジャー(生姜)。日本でも昔から風邪をひいたときに梅干しと一緒にお茶に入れたりしますよね。

夏はクーラーを使用するので、室内外の気温差が最も大きくなる時。体調も崩しやすくなるし、冷え性を悪化させる原因にもなっています。

秋になり、朝晩の冷え込みが強くなってきたときに ジンジャーを飲めば、身体が温まり免疫力が高まります。

こちらも角砂糖を入れると飲みやすくなりますよ♪

〔作用〕消化促進、制吐、発汗、血行促進など
〔味と香り〕ピリッと刺激的な辛味のある味で、生姜の甘く爽やかな香り
〔注意〕妊娠中や胆石のある方は飲まないようにしましょう

 

このほかにも、飲みやすくて効果の高いハーブティはたくさんあります。それぞれ個性の強い独特な味と香りなので、まずは自分の好きなハーブティを見つけることが大切。

試飲するなどして、お気に入りを見つけてください♪

 

[3]『ハーブ専門店 enherb(エンハーブ)』に行ってみよう

ハーブティは1つの種類でも美味しく、健康にとても良いと言われていますが、ブレンドするとさらに飲みやすくなります。

「症状に合わせて選びたいけど味が苦手なんだよね…。」という方は、お店に行ってみましょう。

初めてハーブティを始める方におすすめなショップ『ハーブ専門店 enherb(エンハーブ)』をご紹介します。

>>公式ホームページはこちら

気軽に立ち寄れるハーブ専門店

エンハーブ 店舗
出典 enherb.jp/shop

『ハーブ専門店 enherb(エンハーブ)』の店舗は開放的で、初めてでも入りやすい雰囲気。ハーブがずらりと並んだ棚が目立ち、いつも数人のお客さんがショッピングを楽しんでいる印象です。

店員さんが店頭でハーブティの試飲をおすすめしてくださるので、近くに行くとついついお店に引き込まれてしまいます。ナチュラルな木目調の内装で統一されているので、オシャレすぎて入れないなんて心配もご無用!

また、独立店舗ではなく、ショッピングモールや駅ビルに入っているので、お出かけのついでに立ち寄れるアクセスのよさも魅力の一つ。

わざわざ足を向けなくてもいいのは、忙しい私たちには嬉しいですよね。

>>『ハーブ専門店 enherb(エンハーブ)』ショップリスト

商品の豊富さ


出典 enherb.jp/shop

約70種類のシングルハーブティを常備しているエンハーブ。希望に応じておすすめのハーブティを紹介してくれます。

たくさんありすぎてわからないという方や、知らないハーブティを試飲してみたいという方もぜひ気軽に相談してみてください。

ハーブティのほかにも、ジュース感覚で飲めるシロップや、ハーブの味を生かしたジャムもあります。

食品以外にもエッセンシャルオイルやハンドクリームといった雑貨まで取り扱っており、ちょっとしたプレゼントにもおすすめです。

オーダーメイドのハーブティも作れる

ハーブ

ハーブティはシングル(1種類)でももちろん効果がありますが、ブレンドすることで飲みやすくなったり、薬理作用の相乗効果が期待できたりといいことづくめ。

「シングルハーブティの味が苦手で…」という方にこそ試してほしい飲み方です。

エンハーブの直営店では、私たちの症状や味の好みに応じて、丁寧にカウンセリングし、オーダーメイドのブレンドハーブティを作ってくれます。

ピンポイントで改善したい症状がある方などはカウンセリングをしてもらうと良いと思います。

私がカウンセリングをお願いした時は、予約なしで店頭で声をかければ大丈夫でしたが、事前に電話で確認した方が安心です。

目安の時間は、カウンセリングに約30分、ブレンドに約30分の合計約1時間。ブレンドするハーブの種類や量に応じて時間は左右されるので、こちらも時間に余裕をもっておくと良いでしょう。

[4]ハーブティでつくる健康な心と身体

私がハーブティの力を実感したのは、去年の秋ごろでした。

ここで紹介しているように夏疲れからか、夏休みの旅行の後、ひどい胃腸炎にかかっていました。薬を飲んでも2週間症状は治まらず不安になっていた時、同僚から勧められたのがハーブティです。

それまでもハーブティは好きで時々飲んでいたのですが、薬理作用のことはほとんど頭にありませんでした。早速お店(上記のエンハーブ)に出向き、症状をお伝えし、ベストなブレンドハーブティを作ってもらったところ、飲み始めて2日ほどで症状が緩和しました。

1週間も飲んだころには完全に元気な身体に戻り、無事夏疲れと胃腸炎を克服しました。当然個人差はあると思いますが、病院でもらった薬はあまり効果がなかったため、ハーブティの力にとても驚いたのを覚えています。

これを読んだ皆さんは、自覚症状が出る前からハーブティを取り入れ、去年の私のような夏疲れを起こさないよう、予防していただけたら嬉しいです。

秋もイベントは盛りだくさん!心も身体も元気に過ごしましょう!


  • 関連するキーワード