“和”の金木犀香水の最高峰 パルファン サトリ「Sonnet(ソネット)」

悲秋になるとどこからともなく漂ってくる魅惑的な甘い香り。あの香りがしてきたら、あぁもう秋なのか…と、少しセンチメンタルな気分にも。いつのまにか私たち日本人の生活に溶け込んでいる金木犀(キンモクセイ)ですが、その情緒溢れる香りを存分に堪能できる香水が、パルファン サトリの「ソネット」。“和”が誇る、この美しい香りをご紹介したいと思います。

2019年10月04日更新

香水/フレグランス

fragrance-lover   FELICE ライター

  • fb
  • line

[1]Sonnet(ソネット)との出会い


出典 parfum-satori.com

数年前、“日本の香水”を探していた時にネットで目にした、日本人調香師 大沢さとり氏によるフレグランスブランド 『PARFUM SATORI(パルファン サトリ)』

当時代々木(現在は六本木)にフレグランススクールが併設されたアトリエがあると知り、足を運びました。

現在約20種類の香水が発売されていますが、気になるものを何本か試香させていただき、こんなにも奥ゆかしく美しい香りがあるのかと、初めて出会う高貴な和の香りにとても感動したのを覚えています。

その日は別の香水を購入したのですが、2度目の訪問で「Sonnet(ソネット)」を購入しました。

今やショップに行かなくてもネットを通じて世界中の香水を手に入れることができますが、直接香りのレクチャーを受け、気になった香りを試しながら、その中で今の自分が一番欲しいと思う香りを買う。

それがショップで香水を購入することの最大のメリットであり、醍醐味でもありますよね。

忙しい昨今、ゆっくり時間を取って買い物することもままなりませんが、たまにはお店に行きスタッフの方と会話しながら、買い物を楽しむということは、とても贅沢で貴重な時間だと思います。

特に香水は、どれだけ写真を見てもどれだけ説明文を読んでも、実際に嗅いでみないことには絶対にどんな香りかわからないので、できるだけ試香してから購入したいところです。

この「Sonnet(ソネット)」も、実際に嗅いだ時あまりにも良い香りで、どうしても欲しくなり購入に至りました。

[2]Sonnet(ソネット) / PARFUM SATORI(パルファン サトリ)


出典 parfum-satori.com

トップノート:スイートオレンジ、マンダリン・イエロー
ミドルノート:オスマンサスabs(金木犀)、クラリセージ、バイオレット、ローズ
ラストノート:サンダルウッド、ボワ・ド・ローズ

ひと吹きした瞬間に、とろけるような甘く優しい桃のような金木犀?金木犀のような桃?の香りがフワーッと広がり、芳醇な香りに包まれます。

この時の至福感たるや…!

人工的なところは一切なく、自然でぬくもりあるジューシーなフルーティ・フローラル香水

私の肌の上では最初から最後まで金木犀と桃がメインで香りますが、ベタッとした甘さではなく、柑橘類やクラリセージのハーバル感が効いているせいか、爽快感あるスッキリした甘味です。

香り全体をこれ以上ないぐらいに優しく優しく包み込み、まとめているのは可憐なローズ。そして、かすかにローズの香りを帯びたボワ・ド・ローズのウッディが、癒しの余韻を残します。

触れると壊れてしまいそうな繊細さと、しっとりした温もり。この相反する構成が、絶妙なバランスを作り出し、独特の空気感を作っているんだなと思います。

まるで一枚の美しい風景画のように、そこから感じ取る物語に思いを馳せ、見る人の解釈により十人十色の風景が描かれる─。そんな、情緒ある空気感。

出しゃばらず控えめな香りが、より想像力を掻き立てるのかもしれません。

香りからイメージする情景は人ぞれぞれですが、この「Sonnet(ソネット)」は私たちにとても馴染みがある金木犀の香りだけに、使う人が何を思い浮かべ、どんな風景を描くのか、とても興味深いです。

ちなみに私は、秋の初めに金木犀の群生の中を、ただひたすらゆっくりと歩く光景が思い浮かび、その中で、懐かしくて暖かい気持ちに浸り、少し切ない儚さのようなものも感じました。

「ソネット=叙情詩」という言葉が意味するように、自分なりのリリック(詩)を書くことができる香水なんだなと思います。

ソネット

金木犀の香りの香水は他にもたくさんあると思いますが、「Sonnet(ソネット)」は和心に富んでいるので、日本人にはもちろん外国の方へのプレゼントにも喜ばれそうです。

また、男性がこの香りを纏ってたとしたら…相当ステキです。

香水上級者でないと難しそうですが、「Sonnet(ソネット)」をつけこなす男性、ぜひともお目にかかってみたいものです。

この商品の詳細を見る
 

[3]季節に合わせた香水で、秋のトータルコーディネイトを

秋コスメ、秋ファッション、秋スイーツetc…今の季節、至る所で秋にちなんだ特集が組まれていますよね。

秋色メイクを施して、秋色ファションに身を包み、お出かけする時の最後の仕上げには、ぜひ秋に見合う香水を纏ってみてください。

ここでご紹介した「Sonnet(ソネット)」は、華やかでありながら香り立ちはとてもマイルドで、香りも早めに消えるので、しばらくするとつけたことを忘れるぐらい。

その分どんなシーンでも香りがジャマになるということがないので、初心者にも優しくつけやすい香水だと思います。香りの持続に物足りない方は、マメにつけ直してみてください。

この芳しい香りが絶えることなくフワフワと自分の周りで漂うのは、私だったらかなり幸せです♡

ファッションから香水に至るまで、全身秋のコーディネイトに身を包み、思い切り秋を満喫しましょう♫

>>『PARFUM SATORI』公式ホームページはこちら


  • 関連するキーワード

    関連するブランド