ストッキングはなぜ嫌な臭い(ニオイ)になってしまうの?!その原因と対策方法を伝授

女性にとって、ストッキングは必須アイテムですよね。でも、一日中履いていると臭い(ニオイ)や蒸れが気になりませんか?そんなストッキングの嫌な悩みの原因や解決方法についてご紹介します。

2019年05月10日更新

ニオイ/体臭対策

LISA (フェリーチェ編集部)

  • fb
  • line

[1] ストッキングの臭い(ニオイ)の原因とは?

一般的に売られているストッキングの素材には、ナイロン繊維やポリエステル繊維のものが多く通気性の悪い素材のため汗を吸収しにくく、一日中靴を履いたり、歩いたりしていると蒸れやすくなってしまいます。通気性が悪いと、蒸れやすく雑菌や細菌が繁殖しやすいのです。

ではストッキングが嫌な臭いになってしまう原因はどんなものがあるのでしょうか?

足に原因のある3つのパターン

一日中、履いていて蒸れてしまって臭いが…。ビジネスシーンなどではこまめに履き替えることは難しいですよね。蒸れてしまう原因にはストッキングの素材と靴の相性の場合もありますが、原因は足にある場合もあります。

足の臭いは対策するうえで、何が原因なのか探る必要があります。足に原因があるのか、それとも履いている靴下やストッキングのせいなのか、毎日履く靴が原因なのか。臭いを対策するには、しっかりと臭いの原因探る必要がありますね。

パターン①足の裏が固くなり角質が溜まる

なぜ、足には角質が溜まってしまうのでしょうか?足の角質はターンオーバーが遅れる事で、溜まりやすくなります。足の裏は靴を履いたり、歩いたりすると摩擦がおきます。その摩擦などで角質が溜まると、かかとが分厚くなったり、足の裏から白い粉が出たりします。

古い角質が溜まるとその角質がストッキングと擦れ、擦れた角質が剥がれ落ちて汗と、混ざって雑菌や細菌の繁殖につながります。汗でふやけて柔らかくなった角質にも、雑菌が繁殖して足の臭いの原因になります。

日々足を洗うときも、保湿力の高いボディーソープを使うのではなく消臭効果や殺菌効果のある薬用石鹸を使い、軽石やピーリングなどで古い角質を取り除くことで足の臭い雑菌の繁殖を抑えることが出来ますよ。

パターン②汗をかいている

実は、汗自足の裏は一日でコップ一杯分の汗をかくといわれています。そして汗線が体の他の場所よりも5~10倍多いといわれているのです。ですが汗自体に、臭いはありません。

ただ汗をかくことによって、雑菌が繁殖し汗と混ざる事で嫌な臭いがするのです。汗をかくと足裏は高温になり雑菌の繁殖しやすい環境ができあがってしまうのです。

その汗が流れてくる古い皮脂や古い角質を分解し嫌な臭い物質を作り出します。そうして足が嫌な臭いがしてしまうのです。汗をかいたら、こまめに拭きとることで雑菌の繁殖を防ぐことが出来ます。

パターン③通気性の悪い靴を履いている

通気性の悪い靴も足の環境を悪くします。そして蒸れやすく雑菌や細菌も、繁殖しやすいのです。雑菌や細菌は、高温多湿を好みます。靴を履いているとき、足は中々空気に触れることがないので高温多湿で靴の中で足が蒸れていきます。足は体の他の部分に比べて沢山汗をかくのに、靴や靴下やストッキングを履きます。

その熱が靴の中にこもって高温になり蒸れの原因になります。靴自体の通気性が悪いと、空気がこもり温度が上がり臭い(ニオイ)の原因になる雑菌や細菌が、繁殖してしまいます。

毎日毎日、同じ靴を履き続けると知らず知らずのうちに靴の汚れを増やし雑菌や細菌も増え、臭い(ニオイ)が靴についてしまい取れにくくなっていきます。

一度はいた靴は2~3日休ませて他の靴とローテーションで履くのがおすすです。しっかりと空気に触れさせて、休ませてあげる事で靴の寿命が随分変わり、お気に入りの靴を長く愛用することができますよ。

[2] ストッキングの臭い(ニオイ)はとれる?

ストッキングに付いてしまった臭い(ニオイ)は、雑菌の繁殖が原因の場合がほとんどです。その臭い(ニオイ)は、洗濯方法によって上手にとる事が出来ますよ。

ストッキングの臭い(ニオイ)を取る方法

臭い(ニオイ)の付いてしまったストッキングを、他の洗濯物と一緒に洗うのはちょっと抵抗がありますよね。もし、臭い(ニオイ)がとても強い場合は他の洗濯物と一緒にはせず、別にして下の洗濯方法を試してみてくださいね。

実際に臭い(ニオイ)のついてしまったストッキングを洗濯をする時、注意しなければならないことや普段の洗濯方法との違いはどんなことでしょうか?

■洗濯方法

  • 洗濯の時にお風呂の残り湯を使わないこと。
  • 除菌、抗菌効果のある洗剤を選ぶこと。
  • 洗剤を既定の量より多く入れすぎないこと。

臭い(ニオイ)の原因は雑菌、細菌(バクテリアなど)が原因です。これらを増やさないように、上の3つに気を付けて洗濯しましょう。

■こまめに洗う

洗濯は、こまめにするようにしましょう。そうすることで、ストッキングを清潔に保ち臭いの発生源である雑菌や細菌などを抑えることが出来ます。

■洗剤の選び方

洗剤は、除菌効果や防菌効果のある洗剤を選び使ってみてください。臭い発生源である雑菌の繁殖をを抑えることが出来ます。洗剤と一緒に酸素系漂白剤を使うとより臭い(ニオイ)を軽減できるでしょう。

より効果的な洗濯方法

より効果的に洗濯するには、汗、皮脂、雑菌をしっかり落として、洗剤と酸素系漂白剤を一緒に使い、つけ置きをことで臭い(ニオイ)の原因を除去することが出来ます。

雑菌や細菌は、熱に弱いので50度くらいのお湯に洗剤と、酸素系漂白剤をいれ20分~30分つけ置きするとしてから、普段通りに洗濯をすると臭いを軽減する事が出来ます。

酸素系漂白剤の種類は、液体のワイドハイターよりも粉タイプの方が、嫌な臭いにはより効果的なので粉タイプのワイドハイターを選ぶといいでしょう。

[3] 臭い(ニオイ)がつく前に!ストッキングの嫌な臭いを予防しよう!

働く女性には毎日欠かせないストッキング。嫌な臭い(ニオイ)がつく前に予防したいですよね。足自体をきれいにしても、靴やストッキングを履いていて臭っていまっては台無しです。臭い(ニオイ)を予防するためには、方法があるのでしょうか?

どんなストッキングを選ぶといい?

ストッキングにも様々な種類がありますよね。防臭効果や、防菌効果のあるストッキングありますが実際に臭い(ニオイ)を予防するためには、どんなものがいいのでしょうか?

・5本指ソックスのストッキングを選ぶ

5本指ソックスは吸湿性のないストッキングに比べて、足の指が詰まりません。そして靴の中で動きやすいので、靴の中で蒸れにくく臭いも軽減されるのです。


足が靴の中で窮屈になると、熱の逃げ場がなくなって、高温になり蒸れやすくなってしまうので、その環境を少しでも5本指ソックスのストッキングで和らげてあげましょう。

・防臭効果のあるストッキングを選ぶ

防臭効果のあるストッキングは、ストッキング自体に臭い(ニオイ)を防ぐ効果があります。防臭ストッキングの中には、足裏部分に汗を吸収してくれる、パットのついたタイプで抗菌効果、防臭効果のあるストッキングもあります。


しっかり防臭効果のあるストッキングを、選び正しい洗濯方法やストッキングをケアしたりする事で、より高い効果を得られますよ。

[4] ストッキングが臭くなる前に!おすすめの消臭ケア

洗濯でのケアだけでなくストッキング自体にきちんと消臭のケアをすることで、臭い(ニオイ)をより抑える事が出来ます。

持ち歩き便利なケア用品で対策しよう!

お出かけ先で、突然靴を脱がないといけない…。そんな突然のシチュエーション、困りますよね。突然靴を脱いでも大丈夫なよう、エチケットとして便利な持ち歩きケア用品。どんなものがあるのでしょうか?

消臭スプレー


臭ってしまっても大丈夫。即効性の高い消臭スプレー。足や靴に直接スプレーするタイプものが多いです。携帯用にかばんに一つ入れておくと便利ですね。

臭う前と、臭ってしまった後の両方でケアできる消臭スプレー。こまめに靴を脱ぐときや、履くときにもスプレーするとより消臭効果がありますよ。

足の臭い対策クリーム


足の汗によるムレや臭いの原因から予防してくれる、足の臭い専用対策クリーム「ティノン」。朝のストッキングを履く前に足に使用することで夜まで効果を持続してくれるようです。医薬部外品で足の臭いだけでなく保湿ケアも同時にできます。

この商品の詳細を見る

また、編集部が実際に「ティノン」を使用したレビュー記事があるので詳細が気になる方はぜひチェックしてみてください!

制汗スプレー


臭いの原因にもなる汗を抑えてくれる、制汗スプレー。靴を履く前にスプレーすることで汗を抑えてくれるので、臭いを軽減してくれます。

バクテリアの繁殖を抑えてくれる効果のあるものも多く、スプレーするだけで足の裏を清潔に保ってくれます。パウダー入りのものもあり、汗をかく安い足の裏をサラサラの保ってくれます。

フレッシュフィートスプレー 150ml

フレッシュフィートスプレー 150ml

756円(05/25 19:39時点)
Amazonの情報を掲載しています

フットシート


汗をかいてしまって、蒸れやべたつきが気になる場合は拭き取りタイプのフットシートがおすすめです。市販の汗ふきシートよりも、足専用のもののが効果的です。ストッキングの上からも使えるので、臭いの原因べたつきや、蒸れてしまった汗を拭き取る事が出来ます。

ストッキングを履いたまま足を洗うことが出来ませんが、洗った後のようにさっぱりするのでとても便利ですよね。

8x4(エイトフォー) フットシート 16枚

8x4(エイトフォー) フットシート 16枚

244円(05/25 19:39時点)
Amazonの情報を掲載しています

中敷き(インソール)


足のムレはニオイの元。足裏との接触面が広いインソールは、特に湿気をためこみやすいので、消臭効果のあるインソール(中敷き)は臭いケアに効果的です。特におすすめなのがドクターショールの強力消臭・抗菌 インソール。

悪臭を強力に吸着・中和する天然由来の消臭成分配合!さらに抗菌・防カビ成分がニオイの原因菌に作用し、再繁殖を阻止します。消臭+抗菌で消臭効果が持続します。

その他の足のケア商品

他にも、足の裏をマッサージしながら、冷却、消臭、除菌をしてくれる置き型の足用スプレーなどもあります。オフィスや玄関先などの足元に置いて置き使うととてもリフレッシュ出来ますよ。

蒸れた足を冷却して、足つぼを刺激してくれるアイテムなので、一日中歩いて疲れてしまった足に血行もよくなりますね。靴下やストッキングの上からも使えるので、とても便利ですね。

・置き型足用スプレー「グラフィコ フットメジ フンデオスプレー」


・角質を除去する石鹸「足用角質クリアハーブ石けん」

ただ石鹸で洗うだけでなく、臭いの原因となってしまう角質をしっかり落として足の裏をつるつるに保ってくれる石鹸も足の裏をケアするアイテムの一つです。日常的に使うとこで、固くなってしまった、かかともつるつるになり臭いの原因を抑えることが出来ますね。


どうしても臭いや蒸れが気になる場合は、ケアアイテムを何個か一緒に使うと、より臭い(ニオイ)予防してを軽減できますね。汗をかきやすい足の裏、しっかりケアしてサラサラで清潔を保ちましょう。

[5] 自分で作れる!消臭効果のあるミョウバン水

市販の消臭スプレーも便利ですが、たった5分で自分で消臭スプレーが簡単に作れちゃいます。

ミョウバン水とは?

ミョウバン水とは一体何でしょうか?ミョウバンには殺菌や制汗、消臭効果があります。そのミョウバン水を素足やストッキングを履いた足に吹きかけることで、しっかりと消臭してくれるのです。

ミョウバンは酸性なので、アルカリ性やアンモニア臭などの臭いにはとても効果があります。

■どんな効果があるの?

ミョウバンは、アルカリ性やアンモニア臭に効果があるため嫌な臭いの原因になる臭いを和らげてくれます。雑菌や細菌はアルカリ性を好む傾向にあります、それを酸性のミョウバン水が防いでくれるのです。

毛穴や汗腺が引き締められて、汗を抑えてくれる収れん作用もミョウバン水の特徴です。またミョウバンは肌のトラブルをケアする作用などもあります。強い臭いにはミョウバン水が効果的です。

原液ミョウバン水の作り方

ミョウバン水500mlの作り方を紹介します。

<用意するもの>

  • 空の500mlペットボトルまたは霧吹き型容器
  • ミョウバン 15~20g
  • 水500ml(水道水)

 

<手順>

  1. 500mlの容器に、水(水道水)を500ml入れます。
  2. 水を入れた容器に、ミョウバンを入れます。
  3. 蓋を閉めしっかり混ざるまで振ります。
  4. しっかり混ざったら、冷蔵庫などに入れ1日ほど透明になるまでねかせます。
  5. 透明になったら出来上がりです。
  6. ミョウバン水を10倍に水道水で薄める。

実際にスプレーして使うときは10倍に薄めたミョウバン水を使用するようにしましょう。保存料などは含まれていないので、なるべく1~2週間ほどで使い切るようにしましょう。

肌に直接スプレーしてもいいですし、ストッキングの上からスプレーしても効果はあります。

保存料などを使っていないので、お肌には低刺激ですがお肌に合わない場合は使用をやめてくださいね。水の代わりに緑茶を使うと、カテキン効果でより消臭力は高くなりますよ。

ミョウバンだけでなく、重曹やお酢を使っての消臭方法もありますがミョウバン水は肌のケア効果もあるため、安全性がとても高いのでおすすめです。

[6] 臭う前に予防しよう

毎日履くストッキング、こまめに履き替えるのは中々難しいものです。「臭い(ニオイ)がしてしまったらどうしよう。ずっと靴を履いていたのでとっても蒸れてる!」そんな心配をしている人は少なくないと思います。

臭いの原因はストレスや水虫などから、きている場合もあります。しっかりと原因を見極めて、ストッキングのケアだけでなく、足のケアや、靴のケアもしっかりしましょう。

  • 関連するキーワード