恋の始まりに『ラデュレ』の香りを添えて♡素敵なスイーツに包まれるバレンタインを!

色鮮やかなマカロンで有名な『ラデュレ』。美味しいデザートだけでなく、かわいらしい内装のティーサロンは女性にとって心を満たしてくれる素敵な場所ですよね。私が暮らすパリには、2016年にオープンした『ラデュレ』のビューティー専門ブティックもあるんです!今回は『ラデュレ』のブティックから、特別な日に女性がよりハッピーになれるアイテムをご紹介します♪

2020年02月12日更新

香水/フレグランス

大内 聖子   FELICE ライター

  • fb
  • line

[1]実は老舗! パリで初めての“女性のためのティーサロン”

『ラデュレ』は創業1862年、なんと今年で158年という歴史ある老舗パティスリー(スイーツ専門店)です。

フランスでは定番のお菓子“マカロン”で有名な『ラデュレ』ですが、化粧品や雑貨の販売もしており、そのかわいらしいデザインが人気です。

『ラデュレ』の店舗は日本国内にもありますが、本店が位置するのはパリのシャンゼリゼ通り。パリのシンボル、凱旋門から歩いてすぐの場所にあります。

『ラデュレ』は1862年、フランス南西部出身のルイ・エルネスト・ラデュレが、パリの中心地にブランジェリー(パン屋さん)をオープンしたことに始まります。しかし、1871年に火災が起き、ブーランジェリーは消失してしまいました。

その再建の中で、ラデュレの妻、ジャーヌ・スシャールがパリの象徴でもある「カフェ」と「パティスリー」という2つの異なるジャンルをミックスさせることを思いつきました。

そして1930年、ラデュレはパリで最初の「サロン・ド・テ」(ティーサロン)へと生まれ変わったのです。

この時代のパリは、不安定ながらも賑やかな戦間期を迎えており、カフェでは様々な文化が花開き、社交の場として多くの人で賑わっていました。

お客のほとんどが男性だったカフェに女性は行きにくいこともあり、女性の社交の場をつくりたい、というスシャール氏の想いもあったようです。

今に続くフランスの「サロン・ド・テ」(ティーサロン)文化の始まりは、実は『ラデュレ』にありました。

『ラデュレ』のコンセプトには、「洗練」「高品質」「女性」という3つの哲学があります。

コスメや雑貨など、女性に愛されるデザインでも人気の『ラデュレ』の精神を感じることができるエピソードと言えるのではないでしょうか♪

[2]今や女性にも男性にも愛されている『ラデュレ』

「女性の社交場を作りたい」との信念のもと始まったラデュレですが、現在のパリの店舗には男性のお客様もたくさん訪れています。ラデュレで働くフランス人男性も多いんですよ♪

スイーツが大好きなフランス文化らしく、老若男女問わず愛されていることが分かります。

現在パリには4店舗のラデュレ・ティーサロンがありますが、そのうちの一つ、2016年11月にオープンしたのが、初の紅茶&ビューティー専門店です。

紅茶、アロマキャンドルやフレグランスを扱うブティックで、“自分磨き”にも最適なグッズがたくさん置かれています♡

おとぎ話のようにドリーミーな空間は、何度訪れても飽きることはありません。

[3]香水を試すように試香できる、『ラデュレ』の芳しい紅茶

店内に入ると壁一面に紅茶のアイテムが♪香水を試すように、ガラスのクロッシュを手に取り、各紅茶の香りを試すスタイルです。

こちらの店舗では季節のおすすめ紅茶を試飲できるのですが、香りが芳醇なのに加えて、そのフレーバーも上品でとっても美味しいんです。

人気のアイテムはこちらの3種のティーバッグが入ったティーコフレ⦅18ユーロ(約2200円)⦆!


出典 instagram.com/p/B0Xu5eugYJP/

マリーアントワネットをイメージしたバラの紅茶のほか、フルーティーなフレーバーの紅茶の詰め合わせです。見た目も可愛いデザインはさすが『ラデュレ』ですね!

『ラデュレ』にはオリジナルのジャムも。

アプリコット、カシス、フランボワーズ、ブルーベリー、オレンジの5種類があり、紅茶に入れると風味がアップします。お砂糖を入れるより、粋で気分が上がりそうですね。

紅茶に含まれているポリフェノールには美肌効果があります。さらに優れた利尿作用で新陳代謝も高めててくれるので、実は女性に嬉しい飲み物なんですよ♪ 

コーヒーも良いですが、香り深い紅茶で大好きな人とバレンタインを過ごすのも素敵ですね。

[4]切な人を招きたくなる!『ラデュレ』のホームフレグランス

紅茶の反対側のコーナーにはアロマキャンドルホームフレグランスが一面に並んでいます。

こちらもガラスのクロシェを手にとって香りを試します。

素焼きのフタ付キャンドルカバーは、ベッドサイドやドレッサーに置きたいキュートさです♡『ラデュレ』らしいロマンチックなキャンドルカバーで、大切なキャンドルを埃やゴミから守ることができます。

インセンス(お香)のラインナップも。『ラデュレ』が伝統的な製法でお香の専門家、香司の熟練の技と共に作り上げたラグジュアリーなインセンスです。

100本入りで、1本につき約14分間香るそうです。

スイーツや紅茶が有名だけでなく、フレグランスもかなりの実力派です!

『ラデュレ』の大人気アイテムの一つ、ルームフレグランス。ポンプ付きのフェミニンなデザインのボトルは、飾っているだけで素敵なオブジェになりそうですね♪ 

専用のボックスも『ラデュレ』らしいかわいらしさで、思わずジャケ買いしてしまいそうです。

寒い冬、お部屋にあたたかみを与えてくれるスイートな香りは、自身の気分も盛り上がるはずです。もちろんロマンチックなシーンにもぴったりなので、大切な人を招待するときの演出に最適です!

一番人気の香りはローズだそうです。見ているだけでハッピーな気持ちに。

バレンタインの告白に向けて、お部屋も “香りの模様替え”をすれば、気持ちに自信がつきそうですね♪

ラデュレグループのなかでも一番小さなブティックですが、内装の至るところに『ラデュレ』らしい世界観があり、疲れた時につい寄ってしまいたくなる場所です。

お店で働く方もみなさん親切で、楽しくお仕事をされている様子。 女性も男性も笑顔になれる、素敵なお店です。

[5]おとぎ話のようなラデュレの空間でスイートバレンタインを


出典 fashion-press.net/news/55582

『ラデュレ』は内装をはじめ、宝石のようなアイテムで視覚も味覚も満たしてくれます。異国の雰囲気を味わいつつ、とびきりのスイーツや紅茶がとっても美味しくいただけますよ。

まさにバレンタインのデートにぴったりのスポット!

2019年12月には、東京・渋谷エリア初の直営店「ラデュレ 渋谷松濤店」がオープンしました。「サロン・ド・テ」(ティーサロン)のほかにもブティックが併設されているようですので、優雅なティータイムを楽しめそうですね♡

今年のバレンタイン『ラデュレ』でとびきりスイートなひとときを過ごしてみませんか?

「ラデュレ渋谷松濤店」
東京都渋谷区道玄坂2-24-1 Bunkamura3F
03-3477-9044

「ラデュレ・テ・ボーテ パリ/リヴォリ店」
232 Rue de Rivoli, 75001 Paris
英語対応可 
www.laduree.fr/laduree-paris-the-beaute.html

>>『 Les Merveilleuses LADURÉE (レ・メルヴェイユーズ ラデュレ )』公式ホームページはこちら


  • 関連するキーワード

    関連するブランド