アンティークローズの香りで心を優しく気分も上げた2020年の私のベストフレグランス

2020年は今までの“当たり前”が叶わないことも多く、新しい習慣を常に探し続けた気がします。そんな中でも香りは今まで以上に大切なものであり、いつも以上に意識して選んでいました。今回は2020年の私のベストフレグランスについてお届けいたします。

2020年12月11日更新

香水/フレグランス

木村 えりな  FELICE ライター

  • fb
  • line

[1]サスティナブルなアイテムを取り入れた“私らしい”コーデ

ペットボトルから作られたサスティナブルシューズ

マイアミブランドの『VIVAIA(ヴィバイア)』というシューズを新調しました。

海外のブランドのシューズはオンラインでしか購入することができないので試し履きすることができず、少しだけ迷いました。

でも、このシューズはペットボトル6本分からできた地球に優しいサスティナブルなアイテムなので、とても珍しくオンラインだけれども強く惹かれました。

ペットボトルをテックニットという糸にして、3D技術で編んでいるので足にとても優しくフィットしてくれます。足が痛くなる心配もなく、靴下で歩いているそんな履き心地です。

>>『VIVAIA(ヴィバイア)』公式サイトはこちら
 

一枚で2通り楽しめる優秀スカート

カーキ色のシューズに合わせたスカートは『ADAM ET ROPE’(アダム・エ・ロペ)』のものです。

このスカートはチェック柄にしても、無地のベージュにしてもどちらを表にしても良い万能スカート

トップスとのバランスで好きなパターンを決めることができるのが嬉しい一枚です。

今回はトップスにオフホワイトの『fifth(フィフス)』太リブハイネックを選んだので、スカートはチェック柄を選びました。

カーキ色のシューズはチェック柄のスカートと合わせても優しく馴染んでくれるので今年の冬コーデに大活躍しています。

>>『ADAM ET ROPE’(アダム・エ・ロペ)公式サイトはこちら
 

シューズとコートを色合わせした「私らしい」コーデ

少しずつ寒い日も増えてきたので今年もエコムートンコートの出番です。

毎年必ず『STUNNING LURE(スタイニング・ルアー)』のエコムートンを新調していますが、今年はシューズの色に合わせてカーキ色を選びました。

シューズとコートの色を合わせてセット化しておくと、忙しい朝でもとても楽にコーディネートできておすすめです。

またカーキ色は心も優しくリラックスさせてくれる色なので、肩の力を抜いて“私らしく”過ごせる特別な色でもあります。

>>『STUNNING(スタイニング・ルアー)』公式サイトはこちら

[2]『グランセンス』の香りで心を優しく気分も上げて

2020年は外出自粛もあったりと、いつものようにアクティブに動き回ることができない一年でした。家族と過ごしたり、家で仕事をすることも多く、香り選びはいつも以上に気を使いました。

香りが強すぎると、空間にその香りを広げすぎてしまいます。

でも、少しだけ気分を上げたいな、と思う日はアンティークローズの香りを選び心を優しく、そして気分も上げることを意識をしていました。

『グランセンス』アンティークローズの香りはカシスとローズのフレッシュな香りに、ブラックペッパーとパチュリの大人っぽい香りがミックスされ甘い香りだけではないところがお気に入りです。

またファブリック&エアミストは『グランセンス』のサルバトールの香りを愛用しています。

ローズの香りとはひと味違うフルーティな香りが楽しめて、気分転換をしたい時にぴったりな香りです。

家族と過ごすリビングだからこそ、フレッシュで柔らかな香りが心地よく日常に取り入れやすくおすすめです。

[3]自分を大事に。だから服も香りもとことんこだわって

2020年は自分自身を見つめなおす時間がとても多かった気がします。

改めて今まで何気なく“当たり前”のことにすぎていた事にも感謝することがたくさんありました。

ファッションも香りもより心地よく、また自分自身に優しいものや地球に優しいものを選びたくなる、そんな一年となりました。

今の自分にいちばん心地よいものを今回は紹介させていただきました。

 


  • 関連するキーワード