体臭・加齢臭ケアにおすすめの男女別人気のボディソープBEST3

隣を通り過ぎた人の残り香や、満員電車で密着した人、エレベーターの中など、人の体臭って気になりますよね。でも自分の体臭は気づきにくいし、確認するのも難しいですよね。今回は、体臭のメカニズムと予防と対策ができるボディソープをご紹介します。

2020年04月10日更新

ニオイ/体臭対策

LISA (フェリーチェ編集部)

  • fb
  • line

[1]体臭って何?

体臭とは、字の通り「体から出るニオイ」のことです。日常生活を送っているときに自然と出ているものと考えて良いでしょう。すべての人に体臭はありますが、その体臭は一人一人違うものです。

ほとんどニオイを感じない人もいれば、きついニオイを発してしまう人もいるというわけです。ではどうして嫌なニオイになってしまうのでしょうか。また、ニオイにはどんな種類があるのか見ていきましょう。

体臭の3つの原因

ニオイにおいの原因とされているものは大きく分けて3つあります。

1.皮脂腺

皮脂腺とはお肌の内部にある細かな線のことで、皮脂を作り出す器官のことです。この皮脂が肌の乾燥を防ぐ働きをしています。

それはとても重要な役割なのですが、厄介なことに、皮脂には「皮脂酸」という物質が含まれ、それが空気と触れ合うと酸化してしまいます。

そして「過酸化脂質」というものになり、ニオイが生じてしまいます。通常の分泌量ではニオイと感じるほどにはならないのですが、もともと多く分泌されてしまう人や、生活の習慣から多くなる人が、体臭がきつめになってしまいます。

2.エクリン腺

エクリン線は、汗腺の一つでほぼ全身に存在しています。人間の汗は主にこの線から出ていて、ほとんどが水分を出しています。

暑いと感じた時に出る汗や、辛いものを食べた時に出る汗、また、冷や汗もこのエクリン線から出ます。

エクリン線は酸性ではあるのですが、皮膚から出ていて時は限りなく無臭で、すぐに拭き取ってしまえば、特にニオイを気にすることはありません。

しかし、放置をしてしまいますと、雑菌が繁殖して、雑菌の数だけ強いニオイになってしまうのです。汗をかいたままの服が臭うのもこのせいです。

3.アポクリン腺

アポクリン線があるのは耳の裏や、脇の下、陰部など特定の場所です。この線から出る汗はアルカリ性で、水分のほかに、脂質、たんぱく質、アンモニアが含まれています。

これらが先ほど説明した皮脂酸と混じってしまうと雑菌が繁殖しやすくなり、独特の苦みのあるきついニオイになってしまいます。

ワキガが強い方は、アポクリン線が人よりも多くある方だと判明しています。

分泌物がアポクリン線の中にとどまっている分にはニオイは出ませんので、汗をかかないようにすると体臭もおさまります。

体臭の7つの種類

体臭にはいくつかの種類が存在します。どのような場面でどのようなニオイが出てしまうのか見ていきましょう。

1.ストレスからくるニオイ

仕事で生活が不規則になったり、面倒くさいと不摂生をしていると、体からきついニオイがしてきませんか?

人間は緊張状態や興奮状態が長く続くと強いストレスを感じ、自律神経が乱れてしまいます。

自律神経の乱れとは、体が活動していると活発になる交感神経と、安静にしていると活発になる副交感神経の乱れのことを言います。

交感神経がずっと活動していると、体を休ませる副交感神経が優位になれずに、ニオイのきつい汗を出すアポクリン腺からの汗の分泌が増えてしまいます。

そのせいでストレス臭と呼ばれる強いニオイが出てしまうのです。

2.ホルモンバランスの乱れからくるニオイ

不規則な生活やストレスの影響は、自律神経の乱れ以外にもホルモンバランスを崩してしまうことがあります。

女性ホルモン、男性ホルモンという分類を聞いたことがあると思いますが、これは複数のホルモンをまとめて分けた言い方です。

男性ホルモンにはテストステロンというものがあり、このホルモンは通常より皮脂を多く分泌さてしまいます。その結果、体からニオイを放ってしまいます。

男性ホルモンは女性にもあり、ホルモンバランスが乱れて、男性ホルモンの量が増えてしまうとニオイの原因になるのです。

3.疲労からくるアンモニア臭

疲れを感じていると疲労からくるアンモニア臭が出ている可能性があります。

アンモニアや乳酸は疲れによって体内に蓄積され、本当は肝臓で処理するのですが、制御できなくなってしまうと処理しきれなかったアンモニアが血液を回ってしまいます。

そして汗となって放出されてしまうのです。特徴としてはアンモニアの独特なツンとしたニオイで、そのニオイがしたら、体が疲れているという証拠でもあります。

4.食事からくるニオイ

食べ物も気を付けないとニオイの原因になってしまいます。動物性の脂を多く摂取してしまうと皮脂腺を刺激してしまい、皮脂腺の活動が活発になってしまいます。

活発になると皮脂を多く分泌してしまい、酸化し、きついニオイとなるのです。口臭も強く出てしまいますので、肉ばかり食べないように気を付けましょう。

5.雑菌増殖からくるニオイ

雑菌が増えるとニオイが出てしまうことが分かりましたが、雑菌が増える場面とはどんな時があるでしょうか。

例えば、一日着ていた服を洗わずに放置すると洋服に雑菌が繁殖してニオイの元になります。そのニオイは服に染みついてとれにくくなってしまうこともあります。

洗濯物はこまめに洗うことが大事です。意外に盲点なのがシャンプーやボディソープです。体を洗い清潔にすることは大事ですが、そのあとしっかりすすぎをしているでしょうか。

耳の後ろや首まわりなど、ソープやシャンプーのすすぎ残しがあると、そこから雑菌が増えてしまいニオイを発してしまいます。

6.ダイエット臭

体がスリムな人はなんとなく体臭がないように感じますが、実はそうとも限りません。流行りのダイエットで、糖質制限を行うものや、炭水化物を抜いてしまうものがあります。

これらは糖質を摂取しないことにより、体内の脂肪を燃やして痩せるというものです。その過程でケトン体というものができます。

これは簡単に言うと脂肪が燃焼するときにできる燃えカスです。

そしてケトン体のアセトンという物質は甘酸っぱいニオイがして、それが体や口から臭ってしまうのです。これがダイエット臭と呼ばれるものです。

このニオイがする時は過度なダイエットをしている可能性がありますので、気を付けるようにしてください。

7.加齢臭

中高年から出るニオイと言えば加齢臭というほどこのニオイは認知されました。しかし実際どのようなニオイを指すのかはあいまいな方も多いようです。

脂肪酸と過酸化脂質が結びつくことによって「ノネナール」という物質が生まれます。これが加齢臭の元となるのです。

40歳を過ぎると酸化を抑制する力が低下してしまい、脂肪酸と過酸化脂質の分泌量が増えてしまうことが原因です。

女性ホルモンは抗酸化作用で皮脂の酸化を阻止できるので加齢臭は出にくいのですが、更年期以降は女性ホルモンが低下する傾向にあるので、女性でもニオイが強くなる可能性があります。

[2]体臭を改善するために気を付けたいこと

ストレスをためない

ストレスはダイレクトにストレス臭を発してしまう原因です。規則正しい睡眠や、適度な運動はストセスの発散にもなりますので、そこに注意をしてみましょう。

また、逆にストレスをため込まないようにしようと気張ってしまうことも、ストレスの原因になってしまうので、自然体でいることも大切ですね。

食生活を見直す

自分のからだから出る汗が、きつくなるかどうかは食べるものも大きく関係してきます。

油とタンパク質は毎日大量に摂取してしまうと、皮脂の量が増えて体臭がきつく出る原因となります。

またタンパク質は悪玉菌の栄養素になります。そのため、活発になった悪玉菌がアンモニアや硫化水素を作り出してしまいニオイを発してしまいます。

体臭が出やすくなってしまう食品と、押さえてくれる食品をご紹介しますので、参考にしてみてください。

<ニオイをきつくさせる食べ物>

■肉類
タンパク質を消化する時にエネルギーを多く必要とするので、体温が上がり汗もかきやすくなります。多く汗をかくことで、ニオイを発する機会が増えてしまいます。

また、タンパク質が分解される過程でアンモニアが発生してしまい、ニオイの原因になります。

■サラダ油、植物油
サラダ油、植物油にはリノール酸が含まれます。これは血中のコレステロールや中性脂肪を増やす働きがあり、体内で過酸化脂質になってしまいます。

■チーズ、牛乳などの乳製品
乳製品は腸に良いというイメージですが、実は乳製品に含まれる乳糖という成分が消化しきれていない状態になる場合があります。

分解されないまま大腸にいくと、乳糖はで腐敗し有害物質が発生してしまい、ニオイの原因になります。


■にんにく
にんにくは美味しいですが、強いニオイの代表ですね。にんにくを切るとアリシンという物質ができ、これが胃で消化されたあと血液中にまわり皮膚から排出されて体臭になります。口臭にもなるので注意してください。

■アルコール
アルコールが分解される時に発生するアセトアルデヒドがニオイの原因になります。また、アルコールを摂取すると口の中が乾きやすくなり、口臭の原因の原因になります。

<ニオイをおさえる食べ物>

■リンゴ・わかめ・たまねぎ・はちみつなど
腸内環境を整える食品食物繊維やオリゴ糖を摂取すると、腸内の悪玉菌を減らし善玉菌を増やします。悪臭の元を抑制し、ニオイの物質を便と一緒に体外に排出してくれます。

■アボカド・うなぎ・アーモンドの抗酸化食品
ビタミンや、ポリフェノールなどが多く含まれる緑黄色野菜は酸化を抑制してくれるので、においの発生の元を防いでくれます。

■酢・レモン・みかん・梅干
アルカリ性の食品お酢は、乳酸などの発生を防ぎ、ニオイを押さえてくれます。

体を清潔に保つ

体を清潔の保つことで体臭の発生を抑えたり、取り除いたりできます。簡単な方法としては体を洗うことですので、正しい洗い方をチェックしましょう。

<体の洗い方>

1.優しく洗う!

ニオイを取りたい一心で、強い力でゴシゴシと洗ってしまう人がいますが、これは絶対にやってはいけません。ニオイを押さえるのに必要な菌や適度な皮脂まで落としてしまうからです。

2.体を洗うのは最後!
体を洗う上で見落としがちなことは石鹸の流し残りです。残ってしまった化学繊維が雑菌の元になりますので、体は最後に洗い、流し残しがないようにしましょう。

3.ボディソープは1日1回!
香りがいいボディソープは何度も使用したくなりますが、実は1日1回の仕様で十分なのです。

体を洗いすぎることで免疫力を弱めてしまうこともあるので、夜も朝もシャワーを浴びる方は、どちらかは軽く流すイメージにすると良いでしょう。

[3]ボディソープで体臭対策はできる?

体を清潔に保つ上で、ボディソープを使う方が多いと思いますが、体臭用のボディソープがあるのはご存知でしょうか。ボディソープで体臭を予防できたり、改善できるのは嬉しいですよね。

体臭用のボディソープがある

体臭を改善するために必要なことは、角質や皮脂を取り除き、ニオイの菌を殺菌することです。それを叶えてくれるのが、緑茶エキスや、柿渋エキス、ユーカリ葉油などの殺菌作用のある成分が配合されているボディソープです。

ボディソープの選び方

洗浄力が強いボディソープはニオイを一気に落とすことができますが、皮膚を乾燥させたり、傷つけてしまう成分である可能性もあります。

そのせいで、皮膚を守ろうと皮脂の分泌を活発にしてしまい、体臭を生んでしまうことがあるので注意が必要です。

選ぶ際に注意したいのは、香料や着色料などの添加物が含まれていないこと、界面活性剤なしのものです。それではおすすめしたいボディソープをご紹介していきます。

[4]女性におすすめ!体臭に効果的な人気ボディソープBEST3

【3位】【医薬部外品】ロート製薬 デオコ

ニオイのメカニズムを調べ、女性のニオイにアプローチ・追及してつくられたボディソープです。特に大人女性のニオイ変化に着目。

白泥(吸着剤)やビタミンC誘導体(うるおい成分)などを配合し、汚れはもちろん、くすみ(※古い角質)やニオイの元まで落としてくれます。

さらに、女性らしいスウィートフローラルの香りが、年齢とともに減少する甘い香りを補います。

「長年悩んでいた体臭」
昔から体臭で悩んでいましたが、無臭になりました(^^)
私から体臭が無くなって、旦那が1番驚いていました!
是非リピしたいと思います。
●引用元:amazon

【2位】デオシーク ボディソープ


出典 デオシーク公式サイト

デオシークのボディソープは、体臭・汗臭およびニキビを防ぎ、皮膚を殺菌・清浄する医薬部外品のボディソープ。

有効成分の「グリチルリチン酸ジカリウム」と「イソプロピルメチルフェノール」の強力タッグで確実な殺菌・抗菌効果を実現。

体臭やニキビを予防してくれます。また、天然由来の美肌成分や保湿成分も配合しているため、デオドラント効果+スキンケアができます。

「今までにないくらいお気に入り」
体臭対策の商品はいくつか試してみましたが、デオシークボディソープは今までにないくらいお気に入り。汗や身体のニオイだけじゃなくてお肌のバランスも整えてくれるので、ニキビ予防も効果アリ。乾燥肌の私にもあってるみたいで、季節を問わず愛用しています。
●引用元:デオシーク公式サイト(一部抜粋)

公式サイトを見る

【1位】クリアネオパール


出典 Rakuten

クリアネオと言えば薬用わきがクリームとして有名ですが、女性用のボディソープがあるのはご存知ですか?

女性は美しくあることに貪欲ですので、体臭予防や改善だけでなく保湿力も欲しいと生まれた商品です。

美肌効果が期待できると話題になったことから噂を呼び、消臭効果もできると認知されました。

この商品の詳細を見る

殺菌、抗菌成分はもちろん、セラミドやヒアルロン酸、オーガニック成分までもたっぷり配合されています。お肌の黒ずみの改善も期待できます。

長く愛用することで、ニオイもお肌もどんどん素敵になれるボディソープです。

「良いです。」
定期便で購入しています。
このボディーソープを使い始めてから、汗の臭いがあまり気にならなくなりました。
1本で1ヶ月、十分に使えます。
●引用元:Rakuten

 

[5]男性におすすめ!体臭に効果的な人気ボディソープBEST3

【3位】DEORA(デオラ)

デオラに入っている成分は5種類。ミョウバン、葉緑素、茶葉エキス、シクロデキストリン、柿タンニンです。

女性が好きなグリーンシトラスの香りがするので、ぜひパートナーの方に使用してほしいですね。

男性は力で体を洗浄しようとして洗浄力だけでボディソープを選んでしまいがちです。

しかしこの商品は洗浄力だけでなく、お肌の保湿もしてくれるので大切な肌を守ってくれますよ。

「スッキリ爽快」
沢山の体臭予防の物を使用してましたが、この商品が一番良いです。
泡立ちも良くて、伸びも良く、スッキリ爽快な洗い心地です。
皮膚表面の汚れ落ちが良くて気持ちが良いです。
●引用元:Rakuten

【2位】REDEN BODY SOAP(リデン ボディーソープ)

REDEN BODY SOAP(リデン ボディーソープ)500ml

REDEN BODY SOAP(リデン ボディーソープ)500ml

909円(05/26 15:29時点)
Amazonの情報を掲載しています

ファッションや身の回りの物など、ライフスタイルに強いこだわりを持つ男性向けに商品を提案しているREDEN(リデン)が販売しているボディソープです。

天然由来100%の洗浄成分を配合。油・皮脂・タンパク質汚れに強い弱アルカリ性の洗浄成分で、しっかり汚れを落としつつ、肌力を育ててくれます。

体のニオイが気になる方や加齢臭が気になる方におすすめできる商品で、オシャレなボトルも人気です。

「30半ばを過ぎた男の意見也」
すでに10本以上購入使用しております。風呂系商品が好きでシャンプーや洗顔剤やボディタオルなどなど色々試すのが趣味なのですがボディソープだけは本商品に巡り合い固定されました。
泡立ち、香りも良く、洗い上がりもサッパリ、でも程よく保湿されてる感、匂いもしつこく残りません(これは好みが分かれるところ)…ただただ個人的には最高です。
●引用元:amazon(一部抜粋)

【1位】AGICA GLAND-TEX 5.0(アジカグランテック)


出典 アジカグランテック公式サイト

年代特有のニオイの原因にアプローチして、加齢臭・ミドル脂臭を防ぐボディソープ『AGICA GLAND-TEX 5.0(アジカグランテック)』。

ニオイを「洗い落とす」、「殺菌」というニオイケアと「保つ」、「エイジングケア」、「ハリ、透明感」といった魅せるケアの5コンフォートメソッドで、エイジングケアしながらハリや透明感をサポートします。

その秘密は、竹炭×銀イオンの洗浄力と抗菌。さらにニオイの元に働きかける「バイオエコリア」という成分。

「乾燥」も防ぐため、皮脂の過剰分泌により「ノネナール(加齢臭の主成分)」が発生するのを抑制する効果も!

汚れはしっかり落としつつ、たっぷりのうるおいで満たす「いたわりながら洗う」ボディソープです。

公式サイトを見る

▼AGICA GLAND-TEX 5.0(アジカグランテック)の口コミ

「一緒に寝てると年齢もあって気になっていたんです。」
彼氏が年が離れています。会社役員で、経済的にも問題なく、おしゃれでイケてるんですが、一緒に寝てると年齢もあって気になっていたんです。男性向けの美容ボディソープでニオイケアもできるからって使ってもらっています。断然いい感じですね。ガサガサ肌にも良さそうです。
U.F様 32歳/東京都
●引用元:アジカグランテック公式サイト

[6]体臭を改善して、いい香りのする体になりましょう!

暑い日が続く夏は特に、汗を止めることも難しく、体臭は悩みの種ですよね。生活習慣を正すことは体臭予防になりますが、ボディソープは即効性がありますので強い味方です。体質は人それぞれですので、自分に合った体臭予防のボディソープを見つけてください。


  • 関連するキーワード