大ブレイクを果たした人気俳優、中村倫也さんの愛用香水

キレイな顔立ちと独特の存在感、そして何より、その確かな演技力でトップ俳優の座に上り詰めた中村倫也さん。色気あるミステリアスな雰囲気にも思わず惹きつけられてしまいますよね。そんな、今最もホットな俳優 中村倫也さんの愛用香水をご紹介します。

2021年02月12日更新

香水/フレグランス

fragrance-lover   FELICE ライター

  • fb
  • line

[1]中村倫也さんのプロフィール

中村倫也さんは東京都出身、1986年12月24日生まれ。現在34歳。

高校生の時にスカウトされ、2005年にタレントのダンカン氏による初監督作品「七人の弔い」で映画デビュー

その後も映画、ドラマ、舞台などで地道に活動を続け、芸能生活10周年となった2014年、イギリスの映画を舞台化した「ヒストリーボーイズ」で舞台初主演を務め、第22回読売演劇大賞優秀男優賞を受賞。

その4年後の2018年、NHK連続テレビ小説「半分、青い。」に出演し、一気に知名度を上げました。

それ以降の活躍はもはや説明不要ですよね。遅咲きながら大ブレイクを果たし、人気を確固たるものにしました。

[2]中村倫也さんには魅力がいっぱい

「カメレオン俳優」と言われている俳優は何人かいらっしゃいますが、彼もそのうちの一人。

ある時は冷血なサイコパス、ある時は優しい好青年、またある時は…。クズ役から非モテキャラ、エリート役まで、もう“その人”が憑依したとしか思えないような圧倒的な演技は、見ていて本当にワクワクします。

さすが、コツコツと自身を磨いてきたであろう下積み時代が長いだけのことはありますよね。

思わず惹き込まれてしまうような演技力に加え、イケメンでもありキュートでもある “カッコ可愛い” ルックスと、掴み所のない謎めいた雰囲気もまた大きな魅力。

穏やかで優しそうな反面、どこかゾッとするような冷たさもあるのでは?本当の彼はどんな人なんだろう?どの役柄にいちばん近いんだろう?

と、役を演じていない時の素の性格が気になってしまうのも、変幻自在のカメレオン俳優だからこそ。

そんな底の見えない中村倫也さんにはミステリアスな存在で居続けて欲しいので、個人的にはあまりプライベートなことは知りたくないのですが、愛用香水となると話は別です(笑)。

もっか大ブレイク中の人気俳優・中村倫也さんは、どんな香水を使っているのでしょうか。

[3]中村倫也さんの愛用香水

中村倫也さんの愛用香水、それは『Aēsop(イソップ)』というブランドの「Tacit (タシット)」というもの。

その『Aēsop(イソップ)』というブランドや「Tacit(タシット)」の香りを知ればしるほど、思わずうなづいてしまうほど中村倫也さんにピッタリ。

その魅力をご紹介します。

『Aēsop(イソップ)』について


出典 aesop.com/jp/

オーストラリア・メルボルン発のスキンケアブランドで、創業は1987年。日本上陸は約20年前で、2010年には初の路面店「Aesop 青山店」がオープンしました。

そのほか、新宿・渋谷・銀座などの一等地に店舗を構えていることもあり、意識高い系スキンケアブランドの代表格であるような印象がありますが、実際に製品作りへの意識はとても高く、スキンケア、ヘアケア、ボディケアの全てに研究が重ねられ、こだわりを持って選び抜いた成分を使用しています。

また商品開発の全てのプロセスは、有能な科学者チームによってメルボルン本社の研究室で行われ、最新技術と長年の研究の成果を組み合わせて、最高品質の製品を作り出しています。

これだけで商品に対するこだわりと信念は十分伝わりますが、店舗設計商品パッケージにおいてもそれは同様。

だからこそトータルバランスも最高ですし、何もかもが洗練されているのでしょうね♪

それだけに敷居が高く、お店に入るのも気後れしてしまいそうですが、例えば「Aesop 新宿店」の場合だと、壁や鏡の写り込みといった細部までデザインされ、お店を訪ねる人たちに安らぎを与える空間となっているようです。

気後れどころか、お店を訪れるたびに癒されてしまいそうですよね。

また、トレーニングを受けたプロフェッショナルなスタッフがいるのも、安心して商品を選べる大きなポイント。

商品、店舗、スタッフと、全てにおいて最上級で安心できるものを提供してくれてるブランド、それが『Aēsop(イソップ)』だと思います。

そんなハイレベルなスキンケアブランドが、香水を取り扱っているのも興味深いところ。

いったいどんな香水なのでしょうか?

現在『Aēsop(イソップ)』から販売されている香水は、以下の4種類です。

・ローズ(主要成分:ローズ・シソ・グアヤクウッド)
・ヒュイル(主要成分:サイプレス・フランキンセンス・ベチバーの香り)
・マラケッシュ(主要成分:クローブ・サンダルウッド・カルダモン)
・タシット(主要成分:ユズ、ベチベル、バジル)

※全てオードパルファム。マラケッシュのみ10mlのパルファムがあります。

 

『Aēsop(イソップ)』の香水はアロマティックでとてもナチュラルな香りなので、使いやすい、リフレッシュできるetc…と評判ですが、それもそのはず。

もともと肌や髪のことを考えて選ばれた、厳選された原料から生まれた副産物だからです。

香水を作るためにまったくゼロの状態から創作していくというわけではなく、ごく自然な流れで、優れた香水を創り出すことを可能にした、という感じでしょうか。

高い技術と長年の研究が生み出した賜物であるこの香水、4種類のうち中村倫也さんは「タシット」を愛用されているとのことです。

さて、気になるその香りとは…!?

「Tacit Eau de Parfum(タシット オードパルファム)」


出典 aesop.com/jp/

主要成分はユズ、ベチベル、バジルととてもシンプル。

ワンプッシュで優しく広がる芳香は、本当に混じりっけのないナチュラルな香りです。

少しスパイシーで、大きく深呼吸したくなるようなウッディシトラス

個人的にはユズではなくオレンジやプチグレン寄りのシトラスを感じましたが、ベチベルやバジルのシナジーで、和風とも洋風とも言えない、これまでに感じたことのない不思議な印象を受けました。

クローブやナツメグが全体をピリッと引き締めているので、優しく柔らかい中にもメリハリがあり、単純明快ではない緻密な調香にはユニークさすら感じますが、この香りを嫌がる人はいないのではないでしょうか。

ムエットに吹きかけた時はエルメスの「ナイルの庭」に似てるかも?と思いましたが、時間の経過と共に、同じシトラスでも全く路線が違う香りであるということがわかってきます。

ルームスプレーとしても使えるぐらい穏やかで自然な香りなのに、ずっと嗅いでいたくなるような中毒性があるのがまた不思議。

香りがもたらしてくれるリラックス効果がヤミツキになってしまうのかもしれません。

私の肌の上では、トップノートからラストノートまで香りに大きな変化はなく、ほんのりと長く香ってくれました。

そういう面でも使いやすく重宝すること間違いナシ!

また、個人的な先入観で、中村倫也さんは香水を使うイメージがなかったので、「Tacit(タシット)」を愛用されているということにも少し違和感があったのですが、この香りを掘り下げていくうちに、今ではもう「Tacit(タシット)」以外想像がつかなくなってしまいました。

プライドとこだわりを持ち、より良い商品を世に出すため惜しみない努力をしている『Aēsop(イソップ)』の姿勢には中村倫也さんと通じる部分がたくさんあるように思いますし、あの中性的な顔立ちにもぴったりハマり、品のある色気はさらに増幅しそうです。

数ある香水の中から、なぜこの香りを愛用しているのかご本人に聞いてみたいところですが、自身を引き立ててくれる香りだと無意識に感じられているののかもしれませんね♪

・口コミ

なんとも表現し難い不思議な香りです。
アロマショップやディフューザーを置いているお洒落なお店屋さんのような。
女性的でもなく、かと言って男性的でもなく、それでいて、思わず振り返りたくなる良い香りなのです。
香水は得意ではありませんが、本能として「良い香りは気持ちが安らぐ」ので即決しました。

家族がみんな「何かいい匂いがする」とキョロキョロする程なので、剥き出しの腕などではなく、お腹や内腿といった服で隠れる箇所にほんの僅か吹き付けるだけで良さそうです。
お出かけもしない、人とも会わない時は手首に吹き付けて、自分だけ堪能して嗅いでます。幸せ。

●引用元:@cosme

 

ウッディーな香りが好みで普段はヒュイルを愛用しており、こちらは人からプレゼントでいただき、気分で使い分けております。
タシットは柚子とバジルオイルをエッセンシャルオイルとして使用されているようで、柚子の優しくも程良い酸味とフレッシュなバジルにグリーン系の清涼感ある香りが綺麗にまとまっており、後引くようにスパイシーな香りが変化をつけてくれていて清々しくも繊細で知的な印象を受けます。
シトラスや柑橘系の香りが苦手な方でも、酸味の適度なバランスとが程良く計算されており、嫌味もなく独特さはあまり感じないので、どんなシーンで使いやすく、親しみやすい香りです。
オフィスなどでのデイリー使いにもぴったりかと思います。ユニセックスで使える香りが好みな方にもオススメです。

●引用元:@cosme

 

柔らかく、しつこくなく、でも爽やか過ぎない、なんとも言い難い良い香りです。
柑橘系らしいのですが、私は全く柑橘を感じませんでした。
フローラルとか、ウッド系とか、何かの括りに入らない柔らかいおしゃれな匂い。
特にトップとラストが表現できないけどいい匂い!ずっと嗅いでいたい!

他のマラケシュやローズは、ラストノートのあたりで
ちょっと苦手な感じになってくるのですが、こちらは最後の最後までいい匂い。

私は、普段ほとんど香水をつけないので、強い匂いに慣れていなくて手首につけるとちょっと香りすぎて具合が悪くなってしまうのですが、腰につけると自分が動いたあとからいい香りがふわっとついてきて嬉しくなってしまいます。

うまく説明できなくて歯がゆいのですが、ぜひ一度直接嗅ぎにいってほしい匂いです!
特に今まであまり香水をつけたことない人や、買ったはいいけどいつも最後まで使い切れない人(それは私)に強くオススメ!

●引用元:@cosme

 

「タシットが良い」「誰もが好きな香り」「すれ違うと良い匂いと言われる」などの口コミや書き込みを見てイソップさんへ。
タシット目当てでしたが、一応全ての香りを嗅がせていただきました。
私が香水に求める条件として、日頃愛用しているイソップのボディクレンザーとローラメルシエのアンバーバニラを「邪魔しない」と、「自分の印象に合う」「好みの香り」。
そして「汗と混じったり最後まで、常に同じ香りがする」事を望んでいますが、全てあったのがタシットでした。

口コミのような、老若男女誰もが好きな香り、というには少しスパイシー過ぎる気がします。
香辛料のようなスパイシーさと、オーガニック、イブキのような香りを感じます。
男性モノといってもおかしくないくらい、スパイシーな香り。ただ、女性が付けても良いくらい適度な甘さを感じます。
ちょっとオシャレな南国ちっくな古着屋さんのような感じもあります。
1プッシュで充分香るのでコスパも良し。
今まで、ディオールやCHANEL、クロエやジルスチュアートなどの有名どころを使用していた身からすると「こんなの初めて」な新しい香りです。
この香りはどこにもない気がします。
夏でも付けやすい爽やかな香りなので一年中愛用します。
やや、アルコールが入っているので首元などの紫外線に当たるところに付けるのは避けた方がよさそうです。
(私はアルコールアレルギーなので付けた所は赤くなってしまいますがそれでも使っています笑)

●引用元:@cosme

 

 

[4]ナチュラルな香りを愛する全ての方に

出典 aesop.com/jp/

『Aēsop(イソップ)』の香水は、「Tacit(タシット)」だけでなく他のものもすべてジェンダーレス&エイジレスなので、性別や年齢を気にせず、どんな方でも、どんなシチュエーションでも纏える気軽さがあります。

商品の良さはもとより、ブランド理念に共感しファンになる方もいるかと思いますが、今もっともホットな俳優、中村倫也さんが愛用しているというのも納得!の、高品質で洗練された『Aēsop(イソップ)』の香水

普段使いはもちろん、疲れた心身に香水を纏って自身を癒したい時は、「Tacit(タシット)」を試してみてくださいね♡

 
 


  • 関連するキーワード

    関連するブランド