Flower of Spring!~輝く春を身にまとおう~

花が咲き乱れる春の日。身も心も軽くなって、なんだかウキウキしますよね♡今の季節ならではのフラワーノートの香水たちと一緒にお散歩をしたり、おうち時間を過ごしたりしてみてはいかがでしょうか。

2021年03月08日更新

香水/フレグランス

Keiko  FELICE ライター

  • fb
  • line

[1]日本の心といえばやっぱりこの花

桜(サクラ)

日本人ならば誰もが大好きな桜の花。ソメイヨシノやオオシマザクラなど様々な種類があり、なんと100種類以上にもなるのだとか。

日本全国に名所と呼ばれる場所があり、春になると国内外からたくさんの観光客が訪れます。

街中では、実際のお花以外にも、たくさんの桜グッズが販売されているので、なにかひとつ手に取りたくなりますよね。

・花言葉

精神美、純潔、優美な女性

・開花時期

3月~5月

・咲く場所

街中の街路樹、公園、社寺仏閣境内、学校、野山など日本中様々な種類の桜が育てられています。

・どんな花?

淡いピンク(桜色)の花。満開になるとまるで雪をまとっているような姿になる樹木です。

・どんな香り?

淡くはかない甘さを放つ花です。花の香りは弱いですが、群生地ではふんわり優しい香りが感じられます。また、桜餅には塩漬けにされた桜の葉が使われており、こちらの香りをイメージする方も多いかもしれません。

・桜を感じる香水

花見酒(ジェイセント)

出典 luz-store.com/
50ml 3,850円(税込)

“桜の下で差し出す盃に舞い踊る花びらが浮かぶ美しくはかなげなかおり”がテーマの「花見酒」。日本酒のようなすっきりとした香りをトップに、ミドルで桜をはじめとした花々が共演します。メイドインジャパンの儚い香りを楽しんで。

この商品の詳細を見る
 

梅(ウメ)

平安時代の和歌にもたびたび登場する梅の花。梅と鶯のカップルは、古くから日本人の心を癒してくれていました。

寒い冬を乗り越えて、いちばんに春の訪れを知らせてくれる希望の花です。

・花言葉

上品、高潔、忍耐、忠実

・開花時期

1月~3月

・咲く場所

梅園、住宅の庭先、公園などで育てられています。

・どんな花?

白やピンク、黄色の花を咲かせ、ころんとしたかわいらしい花です。

・どんな香り?

濃厚ながらも上品な甘さを感じる香りです。梅園などの群生地では、その空間一帯が甘い香りに満たされています。

・梅を感じる香水

うめ(パヒュームオイルファクトリー)

出典 perfumeoil.co.jp/
8ml 4,928(税込)

平安時代から日本人の心に寄り添ってきた梅の花。濃厚でゆったりとした香りが楽しむにはオイルフレグランスや練り香水がおすすめ。肌のぬくもりと調和して優しく香ります。おうちでまったりしたいときに、手首にちょこんと添えてみて。

この商品の詳細を見る
 

[2]明るく軽やかな「これぞ春!」と感じる花

チューリップ

世界で春の花といえばチューリップを超える花はないかもしれません。

草原いっぱいに咲くチューリップは地上に舞い降りた虹のよう。ビビッドでカラフルな色が心にビタミンを与えてくれます。

・花言葉

思いやり、愛の告白(赤)、名声(黄)など

・開花時期

3月~5月

・咲く場所

公園の花壇や庭先など街中で見ることができます。国内外に名所と呼ばれる庭園もたくさんあります。

・どんな花?

様々な種類がありますが、両手を優しく合わせて、何かを包むような形をしています。種類も色も豊富でカラフルな彩りが春を盛り上げてくれます。

・どんな香り?

香りは弱く草の香りを感じます。また種類によってウッディを感じたり、ハーブのような爽やかさを感じることもできます。

・チューリップを感じる香水

ラ・チューリップ(バイレード)

ワックス感をまとった厚みのある花びらをイメージした香り。また、チューリップといえば球根。土を連想させるベチパーを根底に、フローラルノートがトップに添えられています。人とは違う強い女性を演じたいときにまとってみて。

スズラン

春の訪れを知らせる代表的なお花。フランスでは、5月1日に愛する人にすずらんを贈る習慣があります。

すずらんの花束は純粋で美しい女性を連想させ、花言葉のように幸せの象徴として考えられています。

鈴なりのかわいいらしい花が特徴です。

・花言葉

純粋、再び幸せが訪れる

・開花時期

4月~5月

・咲く場所

住宅の庭先や高原などで見ることができます。春になると花屋の店頭に並ぶのでそういった形で目にすることもあるかもしれません。

・どんな花?

細長い葉に守られて、茎からベルのような白い花を下げて咲かせます。その名の通り鈴のような咲き方が特徴です。

・どんな香り?

 花のすずらんから強い香りはしませんが、香水などでは爽やかですっきりとしたハーブのような香りで表現されます。

・すずらんを感じる香水

スズラン(サンタ・マリア・ノヴェッラ)

花の華やかさに加え、みずみずしいグリーンを含んだ香りが特徴。上品でふわりと香る香りは、春の暖かい日差しと柔らかい風にぴったり。純真無垢なイメージを演出したい日、足取り軽くお散歩したい日などにおすすめです。

[3]かわいい野の花

シロツメクサ

シロツメクサと聞くとなじみがない方もいるかもしれませんが、一般的にはクローバーと呼ばれている種類の野の花です。

春に白くてぽんぽんのような花を咲かせ、子供のころに花冠を作った人もいるのではないでしょうか。

公園や花壇に花を咲かせ、街中のどこでも見ることができます。花もかわいいですが、幸せの四つ葉のクローバーを探すのも楽しいですよね。

・花言葉

幸運、私を想って、約束

・開花時期

3月~6月

・咲く場所

公園、広場、花壇など街中のどこでも見ることができます。人に踏まれてもへこたれない強い草花です。

・どんな花?

ビー玉サイズの白いポンポンのような花が特徴。シロツメクサの仲間で少しサイズが大きくピンクの花を咲かせるのはアカツメクサといいます。

・どんな香り?

香りは強くなく、優しい甘さと自然の土を感じる野性的な香りです。

・シロツメクサを感じる香水

クローバー(ディメーター)

クローバーをイメージした、イメージ通りのグリーン・ノートの香りがベース。ユニセックスな香りで、春から夏にかけて吹く風と相性抜群。春のお出掛けに欠かせない香りです。

レンゲソウ

レンゲソウは日本語で「蓮華」の名で親しまれています。野原一面がピンクに染まるほど群生する様は極楽浄土のような印象を与えます。

花の形、色が蓮を連想させることからレンゲソウと呼ばれるようになったといわれています。

・花言葉

心が和らぐ

・開花時期

4月~5月

・咲く場所

畑や田んぼのあぜ道、小川の河川敷など。

・どんな花?

お米のような細長い小さな花びらが幾重にも重なって花を咲かせます。薄いピンクから濃いピンクへのグラデーションが美しい花です。色も見た目も蓮の花に似ていることからこの名前になったと言われています。

・どんな香り?

弱い香りで、草や土の強さが感じられる野性の香りです。

・レンゲソウを感じる香水

ハニー(ディメーター)

レンゲソウには香りがありません。そこで今回は、蓮華=はちみつのイメージで、ハニー調の香りをご紹介。『ディメーター』の「ハニー」は濃厚でねっとり、少し花の香りを感じるはちみつをとてもよく表現しています。春の日差しをいっぱいに受けて咲いたレンゲソウを連想することができると思います♡テレワークの合間や読書などのリフレッシュタイムに。
 

[4]こんな時期だからこそ、香りの力を信じてみよう♡

新型コロナウイルスの流行から1年。まだまだ暗いニュースが毎日のように報道されています。

気持ちもなかなか落ち着かないという人が多いのではないでしょうか。

でもこんなときこそ、日ごろから使っている香りの力を再確認できるとき。

新しい季節には、新しい香りをまとって、日々を過ごしてみませんか。きっと、身も心も明るくなることでしょう。

今年の春が、去年の春より素敵な毎日になりますように♡

 


  • 関連するキーワード

    関連するブランド