新生活をバラ色に♡「モン・ゲラン」でテンションUP!

アンジェリーナ・ジョリーがミューズを務める「MON GUERLAIN(モン・ゲラン)」。大人ピンクで統一されたラインナップは、見ているだけで気分も上がります。魅力溢れる”私だけの香り”を取り入れて、新生活を謳歌してみませんか?

2021年04月08日更新

香水/フレグランス

fragrance-lover   FELICE ライター

  • fb
  • line

[1]「MON GUERLAIN(モン・ゲラン)」とアンジェリーナ・ジョリー

モンゲラン
出典 guerlain.com/jp/

「MON GUERLAIN(モン ゲラン)」は、2017年3月1日に『GUERLAIN(ゲラン)』が発表した5年ぶりの新フレグラスラインで、オーデパルファン、シャワージェル、ボディローションの3種類が世界同時発売されました。

ミューズはアンジェリーナ・ジョリー

『GUERLAIN(ゲラン)』の香水のミューズがアンジェリーナ・ジョリー…?と、個人的にはあまりしっくりこず違和感があったのですが、「モン・ゲラン」自体が、“アンジェリーナ・ジョリーにインスパイアされた香り”だと知り、さらに驚いたのを覚えています。

でも、香りを確認して腑に落ちました。うっとりするほどエレガンスなのに、とても力強く、引きがある。

アンジェリーナ・ジョリーと同様、ただ美しく気品があるというだけでなく、特徴ある個性的な香りでもあります。

ご存知の方も多いと思いますが、アンジェリーナ・ジョリーは難民支援などの活動を精力的に行い、UNHCR(国際連合難民高等弁務官事務所)特使に任命されたりと、その社会貢献活動は素晴らしく、ただただ感服するばかりです。

外見的な美しさはもちろんですが、彼女のこういった行動力や強い意志から生まれる、内面の美しさがあってこそ誕生したのが「MON GUERLAIN(モン・ゲラン)」だということが想像できますよね。

最初に感じていた私の違和感は完全に解消されたどころか、この香水はアンジェリーナ・ジョリーなくしては生まれなかったんです。

今年3月には、『GUERLAIN(ゲラン)』がユネスコと取り組む女性養蜂企業家の育成プログラム、「(※)WOMEN FOR BEE(ウーマン・フォー・ビー)」のゴッドマザーとしてアンジェリーナ・ジョリーが迎えられ、「MON GUERLAIN(モン ゲラン)」のミューズとしての存在もますます輝かせています。

「MON GUERLAIN(モン・ゲラン)」=“私だけのゲラン”という意味ですが、纏う人の内に秘めた魅力を引き出し、自分らしさを引き立てる究極のMy香水━。

年代問わず人気なのも納得ですね。

※WOMEN FOR BEE(ウーマン・フォー・ビー)
フランス養蜂観測所(OFA)の協力のもと、世界中で女性養蜂家の育成を支援するプログラム。GUERLAIN(ゲラン)は本プログラムを通して、生物多様性の保護と、若い女性養蜂家の支援を目指しています。
また2025年までに25のユネスコ生物圏保護区内に2,500の巣箱を設置し、1億2,500万匹のミツバチを拡充することを掲げていて、同年までに50名の女性養蜂家がプログラムを修了する予定。

 

[2]「MON GUERLAIN(モン・ゲラン)」の香り

モンゲラン
出典 guerlain.com/jp/

香水はどれも基本的に、ラベンダー、バニラ、サンダルウッド、ジャスミンサンバックを主軸とした「モン・ゲラン・オーデパルファン」の香りが踏襲されていますが、もちろん細かな違いがあり、それぞれ香りも異なります。

その中で、特筆すべきは「ラベンダー」

全ての「MON GUERLAIN(モン・ゲラン)」シリーズに共通ノートとしてラベンダーが入っていますが、通常ラベンダーはメンズフレグランスに使われることが多く、どうしてもメンズ特有のフゼア調の香りを想像してしまうのですが、「MON GUERLAIN(モン・ゲラン)」シリーズでは全くそんなことはありません。

プロヴァンス地方で生育する稀少なラベンダーと、温かみのあるバニラ、クリーミーなサンダルウッドが加わることによって、これまでのラベンダー香水の常識を覆すような、官能的で芳しい香りを堪能できます。

昔、富良野に行った時に生のラベンダーを持ち帰ったことがあるのですが、いつまでも心地よい香りを放ち続けていたのを思い出します。

まるでラベンダー畑の中にいるかのようで、最高にリラックスできて幸せな気分でした。もう15年以上前の話ですが、今でも恋しくなってしまう忘れがたい香りです。

力強く個性的でありながら、優しく包み込まれているような安心感を覚えるのは、ラベンダーによるアロマティック効果が大きく作用しているように思います。

[3]「MON GUERLAIN(モン・ゲラン)」全ラインナップ

いくつか種類がありますが、2021年3月現在、『GUERLAIN(ゲラン)』日本公式サイトに掲載されているものは下記の通りです。

モン・ゲラン・オーデパルファン

ン・ゲラン・オーデパルファン
出典 guerlain.com/jp/

スプレー30ml 9,570円(税込)

この商品の詳細を見る
 

モン・ゲラン・ブルーム・オブ・ローズ・オーデパルファン

モン・ゲラン・ブルーム・オブ・ローズ・オーデパルファン
出典 guerlain.com/jp/

スプレー30ml 9,570円(税込)

この商品の詳細を見る
 

モン・ゲラン・ブルーム・オブ・ローズ・オーデトワレ


出典 guerlain.com/jp/

スプレー30ml 8,800円(税込)

この商品の詳細を見る
 

モン・ゲラン・フローラル・オーデパルファン

モン・ゲラン・フローラル・オーデパルファン
出典 guerlain.com/jp/

スプレー30ml 9,350円(税込)

この商品の詳細を見る
 

モン・ゲラン・シャワージェル


出典 guerlain.com/jp/

200ml 6,930円(税込)

この商品の詳細を見る
 

モン・ゲラン・ボディローション


出典 guerlain.com/jp/

200ml 8,250円(税込)

この商品の詳細を見る
 

眺めているだけで幸せになれそうなオールピンクボトルは文句ナシに気分が上がりますし、なにか良いことが起こりそうな気さえしてきます♡

そして、今年3月発売の新作、ご紹介します。

[4]待望の新作「モン・ゲラン・スパークリング・ブーケ・オーデパルファン」と「モン・ゲラン・ヘアミスト」

今年3月、遂に「MON GUERLAIN(モン・ゲラン)」シリーズに新しいアイテムが加わりました。

それが「モン・ゲラン・スパークリング・ブーケ・オーデパルファン」「モン・ゲラン・ヘアミスト」です。

発売前から話題となっていたこの2アイテムの、使用感香りについてお伝えしたいと思います。

モン・ゲラン スパークリング・ブーケ・オーデパルファン

モン・ゲラン・スパークリング・ブーケ・オーデパルファン
出典 guerlain.com/jp/

スプレー30ml 9,570円(税込)

今回注目すべきはペアー(洋梨)です。

元祖「モン・ゲラン・オーデパルファン」の香りは踏襲しながら、よりフルーティで瑞々しく、つけたては生花の茎のような苦味が感じられるほどフレッシュです。

また、“スパークリング”というだけあって弾けるような活発さがあり、他の「MON GUERLAIN(モン ゲラン)」香水と比べて比較的若々しい印象

マンダリンベルガモットといったシトラス系の酸味が、ペアーのまったりした甘さをほどよく抑えているせいか、そこまでペアーの主張は大きくありません。

なにか一つの香りが突出するのではなく、一つ一つの素材が立体的に、きちんと像を結びながらまさに“ブーケ”のように、一つの香りにまとまっているように思います。

そしてここでもラベンダーが良い働きをしていて、鼻の中をスッと通り抜けるハーバル感は生かされたまま、ピオニー+バニラの甘さと艶やかなジャスミンサンバックが絡み合うことにより、重量感を感じさせない、とても上品なフルーティ・フレッシュ・オリエンタルノートに仕上がっています。

私の肌の上では最後の最後にペアーがじんわり香り立ってきて、とてもジューシーなラストノートになるのですが、それは他の「MON GUERLAIN(モン・ゲラン)」では感じられなかった特徴でもあります。

大人カワイイ軽やかな香りは、春に纏いたくなること間違いナシ!

・口コミ

どこをとっても酔わなくていい香りだと思います。
可愛らしい甘さで、なおかつ爽やかで纏いやすいです。

香水初心者からなかなか抜け出せない私ですが、
50mlサイズを購入しましたが、
こちらは最後まで使い切れると思います。

香りは少し飛び易いかもしれません。
朝つけて昼頃にはうっすら残る感じで、追加で付けたりしています。

香りはモンゲランを基調とした優しく包容力のある香りに、
明るさ…輝きを足したような香りだと思います。
つけたてはフレッシュで、
その後穏やかな甘さへとうつろいでいきます。

●引用元:@cosme

 

モンゲランのブルームオブローズを愛用していましたが、春らしく新しい香りに変えたいと思い何度かカウンターで試してから購入しました。
最初は花の香りが拡がるのですが、ラストはオリジナルのモンゲランに近い香りが残ります。
パウダーの優しい香りが残り気に入っています。

●引用元:@cosme

 

ムエットにてお試しし、発売日に30mlを購入しました。
暖かくなって使える香水が欲しいなと思っているところで、モンゲランのブルームオブローズなどとも比較した結果、明るくて華やかで、女性らしいこの香水で即決でした。

自分の年齢を考えるともう少し落ち着いた香りがいいのかもしれないけど、それでも欲しいなと思わせる魅力的な香りです。
かといって若すぎることなく、その辺りがさすがゲランだなと思います。アンジェリーナ・ジョリーがキャラクターだし!

私はいつも意図的にオードパルファンを寝香水として胸のあたりに1プッシュし、翌日ラスト~消えゆくまでのうっすらとした香りを楽しんでいるのですが、今(夕刻)、まさにその香りを楽しんでいる最中です。
他の方が書かれていたリネンっぽい感じもよく分かります。それでいてフレッシュで。とても気持ちが良いです。

本当のところ、いちばん好きなのは、プッシュした後の香水瓶の香りですね。
昨夜から何回か、蓋を開けて嗅いでしまいました。「スパークリング」さのある香りです。

飽きた時のためにと思い30mlにしましたが、次は50mlでもいいかな。
でも、ゲランの他のフレグランスも気になるし、、嬉しい悩みです。

●引用元:@cosme

 

この商品の詳細を見る
 

モン・ゲラン・ヘアミスト(数量限定)

モンゲラン ヘアミスト
出典 guerlain.com/jp/

スプレー30ml 6,490円(税込)

『GUERLAIN(ゲラン)』のヘアミストとしては、2016年12月に数量限定で発売された「シャリマー・ヘアミスト」以来のリリースということで、「MON GUERLAIN(モン・ゲラン)」ファンのみならず、ヘアミストユーザーからも期待値が高かったのではないでしょうか。

「モン・ゲラン・オーデパルファン」の香りはそのままに、自分の頭皮や髪の毛と違和感なく馴染むので、あっという間に“イイ香りのする人” になれる必殺アイテム。

香水より格段にライトなので、周囲に気を遣うことなく気軽に使えるのもヘアミストの良いところですよね。

香りの持続時間に関して『GUERLAIN(ゲラン)』スタッフの方は1、2時間で消えるとおっしゃっていましたが、私は昼に数プッシュして微かに夜まで残っていたので、なかなかロングラスティングな印象を受けました。

しっかりと香らせたい場合は、マメにつけ直すと良いと思います。

私はこれまでヘアミストを使用したことがなく、少しでも長く香りを持続させたいので髪の毛にも香水をつけていたのですが、不思議なことにあまり香りが持続しないんですよね。

それだと髪の毛に香水をつけるメリットはほぼありません。

であれば、ヘアミストを使う方が髪の毛にとって断然良いということは確かです◎

また、ヘアミストは季節を問わずいつでも使えますし、香水と違いファッションやメイクとのバランスなどもそこまで考えなくて良いのでラクですね♪

香水よりヘアミストの方が好き、という方の気持ちがわかった気がします。

・口コミ

初心に戻って「モン・ゲラン」。
ちょうどヘアミストが欲しいなぁと思っていたところに発売されたこともあり、購入してきました。
食べ物の匂いやタバコの匂いの対策になる上に素敵な香り。

私が初めて買った香水が「モン・ゲラン」。
今や、1年ちょっとの期間を経てかなりの数の香水を所持しています。
最近は『キリアン』に浮気していたけれど、やっぱりだいすき『ゲラン』様。
ボディーローション、EDPと合わせて使用します

●引用元:LIPS

 

現品購入です。
ヘアミストデビューです(笑)。
店頭で「最後1個です」と言われ、まんまと購入してしまいました(^_^;)
ですが、衝動買いにしても良いお買い物でした♪

お気に入り過ぎて寝る時もワンプッシュ。
つけ過ぎるとかなりキツめなので、遠くからワンプッシュ纏う感じで。この感じだと家族にも迷惑かけない。
ちょっと香るぐらいで調子良い(^^)
ミストの役割より香り重視(笑)

効果はさほど分からないぐらいしか吹きかけていなから。
でも香水じゃなくヘアミストだから良い感じに軽くて好き。

●引用元:@cosme

 

この商品の詳細を見る
 

[5]「MON GUERLAIN(モン・ゲラン)」を纏って春を謳歌しよう

香水、ヘアミスト、シャワージェル、ボディローション…どれか1アイテムを生活に取り入れるだけでもテンションは上がりますが、新生活において自分を奮い立たせるため、気分を上げるため、ここはひとつ贅沢にライン使いしてみるものおすすめです。

全身「MON GUERLAIN(モン・ゲラン)」に身を包めば、間違いなくリッチな気分を味わえますよ♪

「MON GUERLAIN(モン・ゲラン)」が放つピンク色パワーで、バラ色の春を謳歌してくださいね♡

 


  • 関連するキーワード

    関連するブランド