この夏はアロマで虫除け対策を!虫除けスプレーの作り方やおすすめ精油を直伝

今年もやってきた暑い季節。日焼け、汗、化粧崩れ。夏は女の子にとっては敵だらけ。中でも最大の敵と言えば、あの嫌な”虫”。でも安心して!いい香りに包まれながら虫除けができる方法が…!これを読んでこの夏、スマートに虫除けをしながら女子力アップを狙っちゃいましょう。

2017年07月31日更新

アロマ

小林 香代子 (アロマセラピスト)

  • fb
  • line

[1]虫とアロマの関係性

夏に悩まされる虫と言えば、蚊やゴキブリがたくさん…。でもそんな厄介な虫もアロマの香りを嗅ぐと逃げていってしまうのです。一体なぜでしょうか?そんな虫が嫌いな香りについて詳しく分析していきたいと思います。

なぜ虫はアロマが嫌いなの?

一般的にアロマは植物や果皮から抽出した香り成分=精油のことを指します。まずはこの精油と虫の関係について見ていきましょう。

精油はエッセンシャルオイルともいわれています。植物の葉や種子などから抽出した100%天然のもので、有効成分を高濃度に含有しています。精油は天然の化学物質が数十から数百種集まってできたもので、その成分が精油の香りや働きに影響を与え、様々な場面で人間の生活に役立っているものです。

その精油の原料となる植物には、甘い香りで虫を引き寄せて受粉したりする植物と、スッキリした香りで虫に葉を食べられたりするのを防ぐ植物の大きく分けて二つがあります。このスッキリした香り成分が虫は嫌いなのです。

植物は人間みたいに動くことが出来ないので虫を手などで追い払うことができません。なので生体内で香り成分を作り身に纏うことで、敵である虫から身を守ります。虫はそのスッキリした香りを刺激と感じとり逃げていってしまうのです。そんな植物が持つ香り成分によって、古くから「虫除け」に使われてきました。

アロマならなんでもいいの?

アロマは確かに虫除けにもってこいのアイテムですが、種類によっては逆効果のものもあります。例えばフェンネルにはけむしやカメムシが、レモンバームにはハチやアブラムシが寄ってきてしまいます。

そう、これらは先ほど言っていた甘い香りで虫を引き寄せる直物由来の精油。この精油を使ってしまって虫が大量発生してしまったという例も…。なので、アロマを使う時はそれが本当に虫除けに適しているかどうかしっかり調べてから使用しましょう。

虫が嫌う香りはこれだ!

では、どのアロマが虫除けに効果があるのでしょうか?様々な種類のアロマがありますが、虫除け効果の高い5種類のアロマをご紹介します。

■レモングラス
■ペパーミント
■クローブ
■シトロネラ
■ゼラニウム

[2]どれが一番効果的なの?

先ほど5種類のおすすめアロマを紹介しましたが、中でも一番効果のあるアロマが知りたいですよね。人間にもそれぞれ特徴があるように、アロマにもそれぞれ特徴があり、どの虫に一番効果的なのか決まってきます。どのアロマがどの虫に一番効果的なのか見ていきましょう。

それぞれの特徴を知ってその虫に一番効果的なアロマを使おう

■レモングラス
よく虫除けスプレーにも使われています。虫全般に効果は絶大ですが、特に蚊やノミに効果があります。アロマもいいけれど、葉を部屋に飾っておくだけでも効果はあります。

■ペパーミント
メンソールのようなスーッとした爽快感のある香りはレモングラス同様、虫全般が苦手とする香り。特にゴキブリやコバエに効果があります。

■クローブ
この香辛料は「ゴキブリを撃退したいのであれば是非使ってください」と言いたいくらい効果抜群です。家の一室にクローブを置いてみたら、他の部屋にゴキブリが発生しても、その一室だけは一切発生しなかったという例もあるくらい。一度試してみる価値ありだと思います。精油の場合は成分が高濃度になっているので、お部屋用として使う方が一般的です。

■シトロネラ
レモン系の香りがするシトロネラは植えるだけでその周辺の虫を自然に追い払ってくれます。特に蚊やダニに効果があるようなので、夏蚊に困っている人は試してみてもいいかもしれません。

■ゼラニウム
いろいろ種類があり、効果が期待されるのはセンテッドゼラニウムです。ヨーロッパでは窓際にゼラニウムなどの鉢植えを置いて虫対策をしていたという習慣があるくらいです。特に蚊やダニが嫌がる香りです。ただゼラニウムはやや重たい香りなので、香りが強いと感じる場合にはペパーミントなどをブレンドして使うといいです。

[3]ペットや乳幼児がいる場合の注意ポイント

使えないもの、使えるもの様々です。先ほど紹介した5種類はどうなのか見ていきましょう。

ポイントを押さえて大切な家族も安心安全!

■犬や猫などのペット
レモングラス○ ペパーミント○ クローブ× シトロネラ× ゼラニウム○

※上記は犬についてです。

犬は嗅覚が優れています。人間にはリラックスできる香りでも、犬にとってはストレスになってしまう場合もあります。○がついてるものは有毒ではありませんが、犬にとって香りがキツいと、くしゃみをしたり酷い場合には嘔吐してしまう危険性があるので使用する場合は十分注意が必要です。

猫にアロマは厳禁です。猫にとってのアロマは毒でしかありません。犬や人間の肝臓には解毒という有害な物質を無害なものに変える機能がありますが、猫の肝臓にはその機能がありません。なので身体に毒を溜め込んで中毒を引き起こしてしまうのです。

人間に有効なら動物にも有効だろうという安易な思い込みが、最悪の場合死に至らしめてしまう危険性があるので、ペットがいる家で使用する場合は十分に注意しましょう。

■乳幼児
レモングラス× ペパーミント× クローブ× シトロネラ× ゼラニウム×

原則として乳幼児へのアロマは使用禁止です。赤ちゃんは目が見えにくいため、そのため嗅覚が発達しています。その嗅覚で赤ちゃんはお母さんの香りを覚えていきます。お母さんの香りのしないアロマの香りに不安になってしまうケースがあるのです。なので乳幼児がいる家庭では使用しないようにしましょう。

■妊婦
レモングラス○ ペパーミント× クローブ× シトロネラ○ ゼラニウム×

妊婦さんにおすすめしたいのはレモングラス。虫除け効果以外にもリフレッシュ効果があるため、ストレスを緩和してくれたり、虫除け以外にも嬉しい効果があります。しかし敏感肌となる妊娠中は濃度を薄めたりして使いましょう。

■敏感肌
レモングラス○ ペパーミント△ クローブ△ シトロネラ○ ゼラニウム○

敏感肌にクローブとペパーミントは注意が必要。刺激を強く感じでしまう場合があります。使ってはいけないと言う訳ではないので濃度を薄くしたり、肌に直接付かないようにするなど、気をつければ使えます。

[4]虫除けスプレーの作り方や使い方は?売ってる場所は?

基本の作り方

≪材料≫

  • 無水エタノール 10ml
  • 精製水     90ml
  • 好きな精油   20滴くらい

 

全部混ぜ合わせて容器に入れて完成です!

手作りというと、手間が掛かったり難しいのでは?と思いがちですが案外簡単なんです。

■精油の選び方アドバイス

アロマセラピスト・小林香代子先生がおすすめする精油(エッセンシャルオイル)ブレンドを早速みてみましょう!

  1. 最近は、シトロネラの香りづけがされた虫除けグッズもよく見られます。シトロネラだけで定番のスプレーを作ってみるのもおすすめです。
  2. 人が集まるところなど、少しマイルドな香りで使いたい時は、レモングラスとゼラニウムを1対2程度でブレンドしてみましょう。単品よりずっと使いやすくなります。
  3. 玄関まわりやキッチンなどでパワフルに使いたいときは、ペパーミントとクローブを9:1程度でブレンドしてみましょう。(このレシピはお肌には使わないようにしましょう。)

どこに売ってるの?

無水エタノールは500mlで1000円くらい、精製水は500mlで100円くらいでどちらも薬局で売ってます。

精油(エッセンシャルオイル)は、2000円〜3000円くらいで専門店で購入しましょう。合成香料のものもアロマオイルとして売っている場合があるので、必ず植物からとった天然の精油を購入してください。

使用する際の注意

精油は100%天然ものであっても、植物にある状態よりも濃度は高くなっています。中には直接肌につけていい精油もありますが、基本的に原液は直接肌に触れにようにしましょう。使用中に気分が悪くなった場合は使用を止め、直ちにお医者様に相談しましょう。

[5]正しい使い方でアロマの効果を存分に楽しもう


アロマは虫除けに効果は絶大ですが、使い方や使う人によっては毒になってしまいます。使う際は専門店で相談したりするなどして楽しく快適に使用しましょう。

  • 関連するキーワード