神秘的なムード漂う『リキッド​イマジネール』

一見、香水瓶っぽくないビジュアル。色味がブルーだったりパープルだったり、限りなくブラックだったり…。まずその見た目から惹かれる『LIQUIDES IMAGINAIRES(リキッド​イマジネール』今回は私が購入した2本の香りについてご紹介していきたいと思います。

2021年07月26日更新

香水/フレグランス

milly   FELICE ライター

  • fb
  • line

[1]『LIQUIDES IMAGINAIRES(リキッドイマジネール)』とは

香水業界で実績のある二人のエキスパート、レアな香りを求めるハンターDavid Frossard (ダヴィッド・フロサール)とデザイナーPhilippe Di Meo(フィリップ・ディメオ)のコラボレーションによって、誕生しました。

二人に共通するのは“パフュームの持つパワー”への飽くなき興味と探求心。彼らの情熱がフレグランスブランド創設の原点となっています。

『LIQUIDES IMAGINAIRES(リキッドイマジネール)』はトリロジー(3部作)で構成されており、香りのテーマ毎にコンセプトがあります。

そして熟練した職人が手がけた特別なボトルに収められています。

[2]「NOSE SHOP」のPOP UP

『LIQUIDES IMAGINAIRES(リキッドイマジネール)』の全ての種類を並べているショップは少ない中、先月渋谷の「NOSE SHOP(ノーズショップ)」のPOP UPで、全ての香りの種類を試すことができました。

渋谷店の半分の面積を『LIQUIDESIMAGINAIRES(リキッドイマジネ)』が占め、壁には3部作にわかれて、3つずつボトルが配されていました。

シンプルながらもとても魅力的な展示でした。

こちらは初期のシリーズ。光や闇をイメージ。

左から「SANCTI(サンクティ)」、「FORTIS(フォルティス)」、「TUMULTU(チュムルチュ)」。

キリストの血をイメージしたシリーズ。赤ワイン、シャンパン、ポートワインを表現。

左から「BLOODY WOOD(ブラッディウッド)」、「DOM ROSA(ドムローザ)」、「BELLO RABELO(ベロ ラベロ)」。

木のシリーズ。木の根っこ、幹、果実をイメージしたシリーズ。

ボトルと共に並べられたタロットカードも素敵です。それぞれ香りと呼応したデザイン。

「TELLUS(テルース)」、「SALTUS(サルトゥス)」、「SUCCUS(スキュース)」。

[3]BLOODY WOOD(ブラッディウッド)

「BLOODY WOOD(ブラッディウッド)」と、「DOM ROSA(ドムローザ)」を入手したので、そちらについてより細かくご紹介したいと思います。

腕にプッシュすると、赤ワインの華やかな香りと木を燻したようなスモーキーな香りが広がります。

ベリーは入っていないようですが、どことなくベリーっぽい甘さフルーティーさも漂います。

そんな中…裏に潜む翳りのあるウッディーが程よいスパイスとなって、全体を引き締めてくれているように思います。

しばらくするとウッディー感が強まりますが、ふとした時にワイン感がふわりと上がってきて(笑)その不意をつかれる感じがまた心地良くて思わず虜になりました。

これを纏い、赤ワインを飲んだらさぞ素敵だろうなぁと想像します。昼と夜でいえば、夜を感じさせる香りです。

ワイン、それは神々からの贈り物。知性と官能、そのどちらも掻き立てる。
まるで闘いに挑むかのように、血のついた鋭い刃物のようなトップから、赤いジュースに導かれ、ウッディな暖かさに包まれる。

●引用先:「NOSE SHOP」公式サイト

 

NOTE:ホワイトワインの澱、バイオレット、ローズオキシド、フルーティレッドワインアコード、 チェリー、ラズベリー、ウッディアコード、サンダルウッド、オーク

この商品の詳細を見る
 

[4]DOM ROSA(ドムローザ)

シュワシュワッと弾けるシャンパーニュのグラスを鼻先に近づけた時のような泡沫感。これだけで少し気分が高揚します。

トップで感じるのはグレープフルーツとその奥にある洋梨感。やがてダマスクローズの甘さ、華やかさが加わり、終始フルーティーなムードで包まれます。

…でも奥底のほうにウッディーさスモーキーさも漂っている。不思議と大人っぽさ落ち着きをこの香りに感じるのは、根底にあるスモーキーさのせいかもしれません。

パーティーの序章を連想するような…美しく期待に満ちた香りです。

また、こちらはスタッフさんからいちばん人気のある香りだとききました。

それもそのはず。香水初心者からマニアまで、広く心を掴まれる香りだからです。

他の香りは全て100mlしか扱ってませんが、こちらだけ、50mlも扱っていました。人気な香りゆえ…ですね。

ワインの美しさの犠牲となったローズの血の香り。シャンパーニュに伝わる歴史的な儀式。ローズによって、その泡沫はロマンチックな陶酔にも似た魅力を引き出す。次第に、軽やかなスモークが漂う。

●引用:「NOSE SHOP」公式サイト

 

NOTE:シャンパンアコード、グレープフルーツ、ペアー、ダークローズ、クローブ、インセンス、 ウッディアコード、シダーウッド、ガイアックウッド

この商品の詳細を見る
 

[5]美しく…そして心に響く香りたち

『LIQUIDES IMAGINAIRES(リキッドイマジネール)』は、どこか他のブランドとは一線を画した独特のムードが漂っています。

そのボトルの雰囲気だけでなく、その香り、またコンセプトなども…。

実際に体験してみないと、なんとも理解しにくいとは思いますが、この記事を読んで少しでも興味を持ってもらえたら嬉しいなと思います。

どの香りも手にしてムエットで試した時…目を閉じれば頭の中でその世界観が広がります。

試せるお店は限られますが、ぜひ店頭で試していただくことをおすすめします。

 

  • 公式LINEアカウントではパーソナル香り診断開催中!

      あなたにぴったりの香りタイプを5タイプから診断!毎月行うお得なキャンペーンやクーポンも!香りに関する疑問にも編集部が答えているので、ぜひ友達登録してくださいね!  

    インスタグラムで香りにまつわる最新情報を発信中

      felice編集部が「キレイと心地よいを叶える美容情報」を発信中! フォロワーさん参加企画やプレゼント企画も開催。フォローするだけで、お得な情報もゲットできますよ!みなさんのフォローをお待ちしております!  
  • 関連するキーワード

    関連するブランド