あんなに好きだったのにどうでも良くなった…恋愛に疲れた原因&対処法

「あんなに好きだったのにどうでも良くなった…」 こんな経験をしたことがある人は少なくないのではないでしょうか。恋愛は、時間の経過とともに変化するものであり、好きだった人が急にどうでも良くなることもあるのです。 本記事では、好きだった人が急にどうでも良くなる原因と対処法について解説します。

コンクリート壁の前に立つ女性

2023年09月14日更新

恋愛

Felice編集部

  • fb
  • line

好きだった人が急にどうでも良くなる7つの原因

すそわきがのメカニズムとは

昔はあんなに好きだったのに、今ではどうでも良くなると言うことは、そんなに好きではなかったと言うことでしょうか。

もちろん、そんなことはありません。恋愛は時間の経過とともに変化するものであり、好きだった人が急にどうでも良くなることもあるのです。

では、なぜ好きだった人が急にどうでも良くなるのでしょうか。その原因は、大きく分けて以下の7つが挙げられます。

1.疲れがたまっているから

仕事や勉強、人間関係などで疲れがたまっていると、恋愛に対しても冷めてしまうことがあります。

恋愛は、相手に愛情を注ぐことでもエネルギーを使うものです。疲れがたまっていると、そのエネルギーが恋愛に向けられなくなってしまい、気持ちが冷めてしまうことがあります。

例えば、仕事で忙しくていつも疲れている人間関係でストレスを感じている、といった状況が続くと、恋愛に対しても力を入れられなくなってしまうでしょう。

2.価値観の相違を目の当たりにしたから

価値観の相違は、恋愛の大きな壁となります。

価値観の相違とは、人生観や生き方、考え方などの違いのことです。価値観が大きく異なると、一緒にいて苦しくなったり、理解し合えなくなったりすることがあります。

例えば、結婚や出産に対する考え方お金の使い方趣味や仕事に対する考え方などが大きく異なると、気持ちが冷めてしまうことがあるでしょう。

3.最近、愛情表現をされていないから

愛情表現をされていないと、相手に愛されていないと感じて、気持ちが冷めてしまうことがあります。

愛情表現とは、言葉や行動で相手に愛情を伝えることです。愛情表現をしてくれると、相手に愛されていると感じて、気持ちが盛り上がります。

しかし、愛情表現が不足していると、相手に愛されていないと感じて、気持ちが冷めてしまうことがあります。

例えば、デートの約束を忘れられた、誕生日や記念日を祝ってくれない、といったことが続くと、気持ちが冷めて「どうでも良い」と思ってしまうことがあるでしょう。

4.デートしても楽しくないと気づいたから

デートの内容がマンネリ化したり、相手のことがつまらなくなったりして、気持ちが冷めてしまうことがあります。

デートは、恋愛を盛り上げるための大切な時間です。デートが楽しくないと、恋愛に対するモチベーションが下がってしまいます。

例えば、いつも同じ場所でデートばかりする相手の話を聞いてもつまらない、といったことが続くと、気持ちが冷めてしまうことがあるでしょう。

5.彼氏以外に好きな人ができてしまったから

他の人に心を奪われた場合、今までの恋愛感情が薄れてしまうことがあります。

新しい恋愛が始まると、今までの恋愛よりも相手に夢中になってしまうことがあります。そのため、今までの恋愛がどうでも良くなってしまうこともあるのです。

例えば、職場や友人関係で新しい出会いがあったSNSで気になる人を見つけた、といったことがきっかけで、気持ちが冷めてしまうことがあるでしょう。

6.「恋愛がつらい」という気持ちが強くなってしまったから

恋愛によって苦労や悩みが増えてしまい、恋愛が苦痛に感じるようになった場合、気持ちが冷めてしまうことがあります。

恋愛は、楽しいことばかりではありません。時には、苦労や悩みも伴います。しかし、その苦労や悩みが「好き」という気持ちよりも大きくなると、あるとき「彼はどうでも良い」と思ってしまうことがあります。

例えば、相手の浮気や嫉妬、価値観の相違などによって、恋愛が苦痛に感じるようになった場合、気持ちが冷めてしまうことがあるでしょう。

7.「追われる恋愛」になってしまったから

追う恋愛は、相手を自分のものにしたいという気持ちが強くなり、恋愛が盛り上がることがあります。しかし、追われる恋愛になってしまうと、気持ちが冷めてしまうことがあります。

追う恋愛は、相手から愛されたいという気持ちが強くなるため、恋愛が盛り上がります。しかし、追いかける側から追われる側に回ると、恋愛の醍醐味が失われ、気持ちが冷めてしまうことがあるのです。

最初は自分が追いかけていたけれど、今では相手が追いかけてくれるようになった、といった状況が続くと、気持ちが冷めてしまうことがあるでしょう。

好きだったのに…目撃してどうでも良くなった彼の態度3選

カップル 喧嘩

好きな人が急にどうでも良くなるきっかけとして、彼の態度が原因になることもあります。

以下に、好きだったのにどうでも良くなった彼の態度を3つご紹介します。

マナー違反

公共の場でのマナー違反や、人に対する態度が悪いと、彼をどうでもよくなってしまうことがあります。

例えば、電車の中で携帯電話をしながら話す、店員に横柄な態度をとる、といったことが目撃されると、気持ちが冷めてしまうことがあるでしょう。

マナー違反や横柄な態度は、相手の人格を映す鏡です。そのような態度をとる人と付き合うのは、苦痛に感じることもあるでしょう。

別の女性を誘う姿

彼が別の女性を誘う姿を見てしまうと、自分に対する愛情が疑われて、「どうでも良い」と思ってしまうことがあります。

例えば、職場の女性や友人の女性に声をかける合コンや飲み会に参加する、といった姿を見てしまうと、気持ちが冷めてしまうことがあるでしょう。

彼が別の女性に興味を持っていることを知ると、自分は彼にとって特別な存在ではないのではないかと不安を感じてしまうことがあります。

このような状況が続くと恋愛自体がどうでも良いと思ってもおかしくありません。

年下や店員への横柄な態度

年下や店員に対して横柄な態度をとる彼を見ると、彼との恋愛がどうでも良いと思ってしまうことがあります。

例えば、年下の同僚に命令口調で話す店員に失礼な態度をとる、といったことが目撃されると、気持ちが冷めてしまうことがあるでしょう。

年下や店員を大切にできない人は、自分を大切にできない人である可能性もあります。そのような人と付き合うのが嫌になることもあるでしょう。

彼をどうでも良いと思っているかも…自分の気持ちの変化5選

心への効果

自分の気持ちの変化に気づかないうちに、好きだった人がどうでもよくなってしまうことがあります。

以下に、彼をどうでも良いと思っているかもしれない自分の気持ちの変化を5つご紹介します。

連絡がなくても気にならない

彼からの連絡がなくても、不安に思わないようになったら、あんなに好きだった気持ちが冷めている可能性があります。

以前は、彼からの連絡が来ないと不安になったり、待ち遠しかったりしたはずです。しかし、連絡がなくても気にならないようになったということは、彼に対する気持ちが薄れてきたのかもしれません。

彼の欠点にイラつくことが増えた

以前は気にしなかった彼の欠点にイラつくようになったら、気持ちが冷めている可能性があります。

  • 以前は彼の食べ方が汚くても気にしなかったのに、最近は「汚い!」とイライラしてしまう
  • 以前は彼の遅刻癖も可愛く思えたのに、最近は「いつも遅刻するなんて!」と怒りを感じてしまう
  • 以前は彼の潔癖症も気にしなかったのに、最近は「ちょっと潔癖すぎるんじゃない?」とうんざりしてしまう

好きだった頃は、彼の欠点も可愛く思えたはずです。しかし、気持ちが冷めてくると、彼の欠点ばかり目につくようになり、イライラしてしまうことがあるでしょう。

これは、気持ちが冷めてくると、彼を客観的に見る視点が強くなるためです。そのため、以前は気にしていなかった彼の欠点も、マイナスに捉えてしまうようになるのです。

デートに行きたいと思わない

彼とデートに行きたいと思わなくなったら、気持ちが冷めている可能性があります。

以前は、彼とデートに行くのが楽しみだったはずです。しかし、デートに行きたいと思わなくなったということは、彼と過ごす時間に魅力を感じなくなってきたのかもしれません。

例えば、

  • 以前は、彼と映画やショッピングに行くのが楽しみだったのに、最近は「別に行かなくてもいいかな」と思ってしまう
  • 以前は、彼と旅行に行くのが楽しみだったのに、最近は「面倒くさいな」と思ってしまう
  • 以前は、彼と食事に行くのが楽しみだったのに、最近は「もういいかな」と思ってしまう

など、以前はデートに行くのが楽しみだったことが、急に面倒くさく感じるようになった場合は、気持ちが冷め始めている可能性があります。

好きだった頃は、彼と過ごす時間は宝物のように思えたはずです。しかし、気持ちが冷めてくると、彼と過ごす時間も、ただの義務のように感じてしまうことがあるでしょう。

服装やメイクを気にしなくなった

彼の前でも服装やメイクを気にしなくなったら、深層心理で彼のことがどうでも良いと思っている可能性があります。

好きだった頃は、彼に見てもらいたいと思う気持ちから、服装やメイクに気を遣っていたはずです。しかし、気持ちが冷めてくると、彼に見てもらいたいと思う気持ちが薄れ、服装やメイクを気にしなくなることがあります。

スキンシップが嫌になった

彼とのスキンシップが嫌になったら、気持ちが冷めている可能性があります。

好きだった頃は、彼とのスキンシップが嬉しかったはずです。しかし、気持ちが冷めてくると、彼とのスキンシップが苦痛に感じるようになり、避けるようになることがあります。

例えば、

  • 以前は、彼に抱きしめられただけで幸せだったけど、最近は「うっとうしい」と思ってしまう
  • 以前は、彼にキスされただけでドキドキしたけど、最近は「気持ち悪い」と思ってしまう
  • 以前は、彼と手をつないだだけで幸せだったけど、最近は「手をどけてほしい」と思ってしまう

など、以前はスキンシップが嬉しかったことが、急に嫌に感じるようになった場合は、彼がどうでも良くなっているかもしれません。

実は彼を好きじゃない?好きかわからないときのチェックポイント

口を押える女性

「本当に好きなのか、わからない」という人も少なくありません。

以下に、彼を好きかどうかを判断するチェックポイントをご紹介します。

今の彼を好きじゃないパターン

下記に当てはまる人は、実は今の彼を好きじゃないのかもしれません。

☐もともと人に惚れやすい

☐彼と付き合う理由が特にない

☐一緒にいてもむなしいと思っている

もともと人に惚れやすい

もともと人に惚れやすい人は、誰にでも好意を抱きやすいため、本当に好きかどうかを見極めるのが難しいことがあります。

例えば、相手が自分に優しくしてくれたり、共通の趣味があったりするだけで、想いを寄せてしまうことがあります。

しかし、恋愛には相手の人格や性格、生活習慣など、様々な要素が関わってきます。そのため、自分が本当に求めるものと相手が持っているものが一致しているかどうかを、時間をかけて見極めることが大切です。

また、相手とのコミュニケーションを深め、相手の本当の姿を知ることも重要です。そうすることで、自分が本当に好きなのかどうかを見極めることができます。

彼と付き合う理由が特にない

もし彼と付き合う理由が特にない場合は、彼に対して本当に好きな気持ちがなく、どうでも良いと思っているのかもしれません。

もしあなたが彼に対してまだ悩んでいる場合は、彼と過ごす時間を増やしてみてはいかがでしょうか?

彼があなたにとって特別な存在になるようなことをしてくれるかもしれません。

また、彼があなたにとって本当に大切な存在だと気づくこともあるかもしれません。

何が起こるか分からないので、彼との関係を探求することは常に意味があると言えます。

一緒にいてもむなしいと思っている

もし彼と一緒にいても、何かが足りないと感じる場合、それは本当に彼を愛していないかもしれません。どうでも良いと感じるのも無理ありません。

しかし、これは決して自分自身に対する否定的な考えではありません。

むしろ、それは関係が成長するために必要な健全な自己認識の一部です。自分自身と向き合い、自分が求めるものを理解し、それが現在の関係に欠けている場合は、それを伝えることが重要です。

それによって、彼との関係が深まることができるかもしれません。

今の彼をちゃんと好きなパターン

下記に当てはまる人は、今の彼をちゃんと好きな可能性が高いです。

☐どうでも良くなった自分が悪いと感じる

☐付き合う理由が明確

☐彼と一緒にいる未来を想像する

どうでも良くなった自分が悪いと感じる

彼のことをどうでも良くなった自分を悪いと感じるのは、彼のことをちゃんと好きな証拠です。彼のことを大切に思っているからこそ、失いたくないという気持ちが湧き起こり、どうでも良くなった自分を責めてしまうのです。

具体的な例

例えば、彼から連絡が来なくなったり、デートの頻度が減ったりしたとき、彼のことをどうでも良くなった自分に気づき、ショックを受けることがあります。彼のことを失いたくないという気持ちが湧き起こり、どうでも良くなった自分を責めてしまうのです。

付き合う理由が明確

彼のことを好きになった理由が明確な人ほど、彼のことをちゃんと好きな傾向があります。彼の見た目や性格、価値観など、彼の何が好きなのかを具体的に説明できる人は、彼のことを深く理解している証拠です。

具体的な例

これに当てはまる人は、例えば、彼の優しさやユーモアが好き、彼と一緒にいると落ち着く、彼の夢や目標に共感できるなど、彼の具体的な魅力を挙げることができます

h4:彼と一緒にいる未来を想像する

彼と一緒にいる未来を想像する人は、彼のことをちゃんと好きな可能性が高いです。彼のことを大切に思っているからこそ、彼と一緒にいる未来を描きたいという気持ちが湧き起こるのです。

具体的な例

例えば、彼と結婚して子どもを産みたい、彼と一緒に旅行に行きたい、彼と一緒に仕事をしたいなど、彼と一緒にいる未来を具体的にイメージすることができます。また、彼と一緒にいる未来を想像してワクワクしたり、幸せな気持ちになったりするのも、彼のことをちゃんと好きな証拠です。

本当にどうでもいいの?「好き」が本物か確認する4つの方法

「本当にどうでもいいの?」と不安に思う人は、以下の4つの方法で「好き」が本物かどうか確認してみるとよいでしょう。

ダメなところを見たら冷める?冷めない?

彼のダメなところを見たら冷めてしまう人は、本気で好きではない可能性が高いです。本気で好きな人なら、その人のダメなところも含めて好きになるからです。

例えば、彼がいつも遅刻する、几帳面ではない、掃除が苦手など、ダメなところがあっても、それ以上に彼の魅力を感じているなら、本気で好きな可能性があります。

会わなくなったら…と考えてみる

彼と会わなくなったら、どう思うかを考えてみてください。寂しいと思うなら、本気で好きな可能性があります。

本気で好きな人なら、一緒に過ごす時間はかけがえのないものです。そのため、会わなくなったら寂しくなるのは、自然なこと。どうでも良い相手には生まれない感情です。

他の女性と付き合う彼を想像してみる

彼が他の女性と付き合っていると想像して、どう思うかを考えてみてください。嫉妬するなら、本気で好きな可能性があります。

本気で好きな人なら、他の女性に取られたくないという気持ちが湧き起こります。そのため、彼が他の女性と付き合っていると想像して嫉妬するのは、自然なことです。

ステータスがすべて無くなった彼を想像してみる

彼のステータスがすべて無くなったと想像して、どう思うかを考えてみてください。それでも好きだと思うなら、本気で好きな可能性があります。

「ステータスがすべて無くなる」とは、例えば彼が高収入の職業に就いていたり、社会的地位が高かったりする場合に、それらの条件がすべて失われることを指します。たとえば、彼が会社をクビになったり、経済的に困窮したりした場合が考えられます。

本気で好きな人なら、その人のステータスよりも、その人自身を好きになります。そのため、彼のステータスがすべて無くなったとしても、それでも好きだと思うのは、本気で好きな可能性があります。

あんなに好きだったのに急にどうでも良くなった時の対処法

ハートが割れる

恋愛において、好きだった人が急にどうでも良くなった経験がある人は少なくないのではないでしょうか。

「あれだけ好きだったのに、どうして?」と戸惑ったり、悲しんだりする人もいるでしょう。

そんなときは、以下の対処法を試してみてください。

深呼吸して落ち着く

まずは、深呼吸をして落ち着きましょう。感情的になってしまっては、冷静な判断ができなくなります。

「どうしてこうなったのか」「どうすればいいのか」と、あれこれ考えてしまうと、余計に気持ちが混乱してしまいますよね。

まずは、深呼吸をして、自分の気持ちを落ち着かせることが大切です。

急にどうでも良くなるときもある、と考えてみる

恋愛は、時間の経過とともに変化するものであり、好きだった人が急にどうでも良くなることもあることを受け入れてみましょう。

最初は好きだったとしても、付き合っていくうちに、相手の良いところも悪いところも見えてきます。

その結果、相手の良いところよりも悪いところばかり目につくようになり、どうでも良くなることもあるのです。

もちろん、急にどうでも良くなる理由は、人によってさまざまです。

彼の行動や態度に不満があったり、自分の気持ちに変化があったりすることも考えられます。

しかし、急にどうでも良くなることもあることを受け入れることで、自分の気持ちを整理しやすくなるでしょう。

彼の長所や短所を見つめなおす

彼の長所や短所を見つめなおして、本当に好きかどうかをじっくり考えてみましょう

好きだったときは、彼の長所ばかりに目を向けていたかもしれません。

しかし、冷静になって彼の長所や短所を見つめなおすことで、彼への気持ちが再確認できるかもしれません。

また、彼の短所を受け入れられるかどうかも、もう一度考えてみましょう

彼の短所を受け入れられないのであれば、それは本気で好きではない可能性もあります。

自分の心をを見つめなおす

自分の心を見つめなおして、本当に彼を愛しているのか、付き合いっていきたいのかをじっくり考えてみましょう

彼との関係を続けることが自分の幸せにつながるのかどうか、自分の気持ちと向き合う必要があります。

彼との関係を続けることが自分の幸せにつながらないのであれば、潔く諦めることも大切です。

友達関係に戻れるかどうか考えてみる

友達関係に戻れるかどうかを考えてみて、もしも友達関係に戻れるなら、距離を置いてみるのも一つの方法です。

彼と距離を置くことで、お互いの存在を客観的に見つめなおすことができるかもしれません。

また、友達関係に戻ることで、彼への気持ちが再燃する可能性もあります。

距離を置く

彼と距離を置いて、自分の気持ちが落ち着くのを待ちましょう

彼と会ったり連絡を取ったりすると、自分の気持ちが混乱してしまいますよね。

そのため、しばらくの間、彼と距離を置いて、自分の気持ちが落ち着くのを待ちましょう。

好きな人以外に目を向けてみる

好きな人以外に目を向けて、他の人に興味を持ってみたり、新しいことに挑戦してみたりして、自分の世界を広げてみましょう

新しいことに挑戦したり、新しい出会いがあったりすることで、自分の気持ちが前向きになるかもしれません。

また、好きな人以外にも、素敵な人はたくさんいることを実感できるでしょう。

まとめ:あんなに好きだったけど…どうでも良くなることもある!自分を見つめ直してみて

楽しそうにスマホを見る女性

あんなに好きだったのに、急にどうでも良くなることもあるのは、恋愛の自然な流れとしてありうること。

もしも、好きだった人が急にどうでも良くなったなら、まずは自分を見つめ直して、本当に彼と付き合いたいのかをじっくり考えてみましょう。

  • 恋の願いを叶える相談所「恋愛神社」

  • 関連するキーワード