果実味溢れる香りが大人気!「オレンジスイート」精油(エッセンシャルオイル)の成分や効能・使い方を徹底調査

アロマでも人気上位の香りとして有名なオレンジスイート。その香りはエッセンシャルオイルを使って手軽に楽しむことができます。今回は身体と心に作用するオレンジスイートの効能や、おすすめの使い方などをご紹介いたします!

2017年09月14日更新

アロマ

服部 仁実 (アロマセラピスト)

  • fb
  • line

[1]オレンジスイートの予備知識

始まりは黄金のりんご!?

歴史をさかのぼると、オレンジが1番初めの登場するのがギリシャ神話ではないかと言われています。「パリスの審判」に出てくる、愛と美と性を司るギリシャ神話の女神「アフロディーテ」に黄金のリンゴが捧げられる一幕があります。

この捧げられた黄金のリンゴとは、オレンジだったのではないかという言い伝えがあるのです。そもそもオレンジはインドが原産で、後に中国へ渡りヨーロッパへも広まっていきます。学名の「sinensis」は中国から来たというような意味合いになっています。

オレンジと言えば今ではブラジルや地中海沿岸、アメリカ西海岸などが主な生産地となっていて、南国のイメージが強いので、インドや中国から来たとは驚きですよね。他にも、オレンジ油の主要な産地にカリフォルニアやフロリダがあります。

オレンジスイートは古くから「多産」や「無垢」の象徴とされてきました。そのため幸せのシンボルとして愛された果実だったのです。

どのようにエッセンシャルオイルになるの?

オレンジスイートは、「Citrusu sinensis」(キトゥルス シネンシス)という学名で、果皮からエッセンシャルオイルを抽出します。柑橘系の果皮は非常に熱に弱いため、熱をかけないで抽出する圧搾法という方法を用いります。

遠心分離機やローラーを使って抽出するため、他の抽出方法よりデリケートな成分を損なうことなく新鮮な香り成分を採ることができます。そのため酸素と結びつきやすく酸化しやすくもなっていますが、フレッシュな香りがパッと広がります。

エッセンシャルオイルを使用していて、やわらかで穏やかな香りになってきたら酸化が進んでいる可能性がありますので、比較的早くに使い切るようにした方が新鮮でオレンジスイートらしい香りが楽しめます。

また、オレンジにはスイート種とビター種(ダイダイ)があり、芳香成分の種類が多くやや苦みを感じるのがビターオレンジです。その他に、ビターオレンジの花からとれる「ネロリ」、葉からとれる「プチグレン」などがあります。

成分は?

オレンジスイートの主な成分はリモネン、デカナール、シトラール、リナロール、オクタナールなどです。リナロールは多くのエッセンシャルオイルに含まれている成分で、スズランのような香りです。リモネンは同じ柑橘系のレモンの香りをさせます。

どんな香り?

フレッシュな甘さ、まさにみずみずしいオレンジの香りがします。日本人にも馴染み深い香りだと思いますが、「みかん」とはやはりちょっと違います。甘い中にも、最後はキリッとすがすがしい香りとなりますので、男性からも人気のある香りです。

香りの強さは中くらいからちょっと強めなので、芳香剤などにもよく使用されています。分かりやすい香りで、万人受けするタイプの香りです。

[2]オレンジスイートの効能

精神面

ストレスから解放し、前向きで元気にしてくれます。完璧主義で仕事熱心な人におススメです。不安取り除き、精神を高揚させます。自分に自信がなくなってしまったとき、やさしく背中を押してくれるよう香りです。パニック障害には、オレンジスイートが使われた臨床例が多いです。

身体面

胃腸の問題全般におススメです。蠕動運動を活性化し、消化液の分泌を促します。ストレス性の胃痛や、下痢、食欲不振にも効果的です。

また、血流促進作用もあり、冷え性、リハビリにも効果的です。最近増えている、体幹が冷えて、部分的にのぼせるタイプの冷え性に特におススメです。肩こりや筋肉痛、足がだるいときに使ってみるのも良いですね!

不眠を解消する効果

少量を用いることで、オレンジスイートには、ストレスを和らげて、リラックスさせ、ストレス性の不眠から安眠へと導いてくれる効果があります。
不安や緊張を解いてくれる香りです。

肌の調子を整える効果

柑橘系のエッセンシャルオイルは全体的に毛根を刺激し、育毛する効果が期待できます。また、血流促進作用もあることから、老廃物が滞ってできるセルライト予防にもケアにも良いです。

他にも、脂性肌で、ニキビや毛穴の広がりか気になるとき、収れん作用のある精油とブレンドしてスキンローションとして使用することがあります

[3]おすすめの使い方

エッセンシャルオイルはどのように使えるのでしょうか。初心者の方でも簡単にオレンジスイートの香りと効能を楽しめる方法をご紹介いたします。

ゆったりとアロマバス

バスタイムは一人でプライベートな時間を満喫できます。そんな時にアロマで癒されてはいかがでしょうか。使用方法は湯船に3~6滴ほどエッセンシャルオイルを垂らし、よくかき混ぜてから入浴するだけです。

鼻から香りを楽しめるのはもちろん、毛穴から取り入れ、効果を得ることができます。また体の一部だけ部分浴でも同じ効果が期待できますので、洗面器など小さなスペースで同じことをしてもいいですね。肌の弱い方や不安のある方は1滴から始めてみるようにしましょう。

リフレッシュしたいお部屋の空間演出に

お部屋にアロマの香りを漂わせると、そのエッセンシャルオイルが持っている効能を感じながら過ごすことができます。もっとも一般的な使い方かもしれません。リビングや寝室などで気分をかえたい時にも効果的です。使用例としては以下のようなものがあります。

■ディフューザー

最近では、様々なデザインのものが出ているディフューザー。中にエッセンシャルオイルを数滴入れてスイッチを入れるだけで使用できます。広いお部屋などは拡散力が強いこちらがおすすめです。

■アロマライト

電球の熱でエッセンシャルオイルを温めて香りを放つ方法です。火を使っていないので、寝室でも安心ですよ。6畳のお部屋で3~6滴ほどの使用が丁度いいです。

■マグカップでも!

エッセンシャルオイルが使用できる製品をお持ちでないなら、もっと簡単に使用できるマグカップがおすすめです。カップにお湯を入れてエッセンシャルオイルを1~2滴垂らすだけで、湯気と一緒に香りを拡散させることができます。

読書をする時など、机の上に置いておけばリラックスできます。

■スプレーにする

精製水やエタノールとブレンドしてスプレータイプのボトルに入れておけば、いつでもかんたんにシュッと一吹きできます。ルームスプレーでもいいですし、小さいボトルに入れればお出掛け先でも、簡単に使用できますのでおすすめです。

マッサージでリラックス

アロママッサージはよく耳にしたこともあると思いますが最も効果を感じやすい方法です。お肌のメンテナンスはもちろん、鼻から香りを楽しめます。注意していただきたいのは、必ず、キャリアオイルなどと混ぜて使用するようにしてください。原液で直接大量に肌に塗ってはいけません。

ブレンドもおすすめ

オレンジスイートはほかのエッセンシャルオイルとの相性も良く、ブレンドしやすいです。また、ブレンドすることによってオレンジスイートの効果をさらに引き出すこともできますのでおすすめです。揮発性がかなり高いので香りを持続させたい場合はベースノートとブレンドします。

    • 胃腸の不快感や胸やけなどの症状

    オレンジスイート+コリアンダー

    • 緊張をほぐしたい時、眠れない夜に
    • オレンジスイート+ラベンダー+サンダルウッド

      • 冷え性でお困りの方には
      • オレンジスイート+スイートマジョラム+レモン

        [4]オレンジスイートの注意点

        オレンジスイートのエッセンシャルオイルを使用するにあたって、注意していただきたいことを4つにまとめました。

      • オレンジスイートはビターオレンジに比べて光毒性は少ないと言われていますが、まれに反応を起こすことがある場合もあるようなので、肌につけている場合は紫外線を避けるようにしましょう。
      • 長時間の使用は肌を刺激してしまう場合もあるので敏感肌の方などは注意してください。
      • 酸化するスピードがはやく、酸化すると香りが抜けてしまうため半年以内で使い切るようにしてください。
      • 基本的に希釈して使用することをおすすめします。また、妊娠中の方や小さいお子さんがいる場合0.1〜0.3%程度と超低濃度で使用するようにしてください。
      • [5]オレンジスイートを使って、さわやかでハッピーな毎日を

        エッセンシャルオイルのパワーは素晴らしいものがあります。その中でもオレンジスイートは身近に感じられる分かりやすい香りで、元気の出る香りでもあり、精神を落ち着かせる香りでもあります。使い方も様々。自分のライフスタイルにあったアレンジの仕方見つけてみてくださいね!


  • 関連するキーワード