飲んだ次の日の口臭が特にひどい!お酒で体臭がきつくなる原因と対策

仲間と盛り上がる楽しい宴や自宅でくつろぎながらの晩酌などお酒を飲むことが息抜きや最上の楽しみという女性が多いようです。しかし、お酒を飲み過ぎてしまった翌日、二日酔いの辛さとともに襲ってくるのがあの強烈なニオイ。もちろん周りの人には気づかれています。また、飲み過ぎた次の日ばかりでなく、日常的にお酒を飲むことで体臭がきつくなってしまうこともあるようです。お酒の楽しみは捨てられない、でも体臭がきつくなるのは避けたい!そんな方は飲酒と体臭の関係を正しく知ることが大切。美しくお酒を嗜む方法を掴みましょう。

飲んだ次の日の口臭が特にひどい!お酒で体臭がきつくなる原因と対策

2018年05月08日更新

ニオイ/体臭対策

工藤孝文 (医師)

  • fb
  • line

[1]お酒を飲むと身体はどうなるの?

飲んだ次の日の口臭が特にひどい!お酒で体臭がきつくなる原因と対策
アルコール依存症や老化を招く元凶などタバコと並んで悪しきイメージを抱かれやすい飲酒。しかしその一方で昔から”お酒は百薬の長”と言われ、人々の文化、風習に深く関わり大切にされてきたものでもあります。タバコと違いお酒は付き合い方さえ間違わなければ私たちの生活を豊かに、心地よくしてくれるもの。まずはお酒について正しく理解しましょう。

アルコールが体内に入ってくると最初に胃・腸で吸収されます。それから主に肝臓に送られ、分解酵素によりアセトアルデヒドという物質に変わります。その後さらに別の分解酵素によってこのアセトアルデヒドが代謝され無害な物質へ。最後には水と二酸化炭素になり体外へ排出されるのです。これらの分解酵素の量は生まれつき遺伝子によって決まっており変えることはできないと言われています。なので処理しきれないほどのアルコールが送られてくるとアセトアルデヒドが全身にめぐって悪い作用を及ぼしてしまいます。

発がん性、活性酸素の発生による老化作用、体臭などが代表的な悪影響です。また、少量の飲酒がもたらすメリットとしては、動脈硬化を起きにくくさせる、善玉コレステロール値を上げる、リラックス効果などが考えられているようです。これらのことから自分のもつ分解酵素の量で処理できる範囲のアルコール量(=適量のお酒)を楽しむことが何よりも大切になってきます。

参考:五味クリニック
参考:NHK美と若さの新常識

[2]お酒で体臭がきつくなる原因とは?

飲んだ次の日の口臭が特にひどい!お酒で体臭がきつくなる原因と対策

アルコール分解過程に発生するニオイ成分

私たちが日常的に飲むお酒とは、日本ではアルコール濃度が1%以上の飲料を表しています。このアルコールは主にエタノールが成分になっていてそれ自体にも強いニオイがあり、さらに体内に吸収され代謝されていく過程で有害かつ悪臭のもととなる物質に変化していきます。

アセトアルデヒド

飲んだ次の日の口臭が特にひどい!お酒で体臭がきつくなる原因と対策
お酒を飲むとアルコールはまず胃や腸で吸収されその後肝臓に送られます。肝臓では分解酵素の働きによりアセトアルデヒドという物質に変化。このアセトアルデヒドは有害物質として知られ、強い臭気、刺激性、発がん性などがあるとされています。お酒を飲んで顔が赤くなる、動悸や頭痛など”酔い”の不快症状もこのアセトアルデヒドの作用が原因とされています。

アセトアルデヒドは有害物質であるため主に肝臓で解毒されるのですが、アセトアルデヒドを分解する酵素が少なかったり、肝臓の機能が低下して十分に解毒できないと血中に流れ全身をめぐって広がっていきます。タバコの煙にも含まれる悪臭成分であるアセトアルデヒドが汗を通して体外に放出されることで強い体臭を感じることがあるようです。

酢酸

飲んだ次の日の口臭が特にひどい!お酒で体臭がきつくなる原因と対策
アルコールが肝臓で分解されアセトアルデヒドになりました。さらに別の分解酵素の働きによって分解される過程で酢酸という物質が発生します。この酢酸は鼻を刺すような酸っぱい刺激臭があります。

酢酸も最終的には分解され、無害な物質へと代謝されていくのですが、分解が追いつかず、アセトアルデヒドと同様に全身にめぐり汗や呼気として放出されることで不快なニオイを発することがあります。

発汗量の増加

飲んだ次の日の口臭が特にひどい!お酒で体臭がきつくなる原因と対策
体内に入ったアルコールは血管拡張作用や体温調節中枢を刺激して発汗を促すことがあります。このため飲酒後は汗をかきやすく、また急激な発汗はニオイ成分を通常よりも多く含むため体臭がきつくなる原因となるようです。

肝臓機能の低下

飲んだ次の日の口臭が特にひどい!お酒で体臭がきつくなる原因と対策
アルコールの分解を一手に引き受ける肝臓は、大量、連日の飲酒により働き続けることになります。このため飲酒により一時的、または慢性的な肝機能低下を招いてしまうことがあるようです。肝臓はアルコールだけではなくさまざまな有害物質の解毒、無臭化を行っている大切な臓器です。

たとえば悪臭の代表ともいえるアンモニアを尿素に変える働きなども担っているため、肝機能低下によりアセトアルデヒド、酢酸に続き、アンモニアという悪臭物質を放出させてしまう恐れもあります。こうしてうまく解毒されない悪臭物質を体内に生んでしまい、体臭をきつくさせる原因となることがあるのです。

工藤孝文先生

飲酒量が多く、口臭が長く続く場合は肝硬変などの肝臓の病気の可能性があります。症状があてはまる方は一度は医療機関を受診しましょう。

[2]お酒で体臭をきつくさせない基本対策

適量を守る

飲んだ次の日の口臭が特にひどい!お酒で体臭がきつくなる原因と対策
厚生労働省によると”節度ある適度な飲酒量”は一日純アルコールで約20gとされています。これは男性に対しての基準であり、より身体が小さく、アルコール分解速度も遅い女性はこの基準の1/2~2/3程度が適切とされています。

具体的にはビールなら500ml缶一本、日本酒なら一合、ワインならグラス2杯弱が目安です。分解酵素の量には個人差があるのでお酒をまったく受けつけない人もいます。無理して飲むことは控えましょう。また健康や美容のためにとは言え、お酒好きの方がいきなり禁酒をすることは無理があるので適量を守る、毎日は飲まないなど少しずつ量を減らしていくことが肝心です。

お酒と一緒に摂りたい体臭予防の食事

飲んだ次の日の口臭が特にひどい!お酒で体臭がきつくなる原因と対策
体臭予防の食事ではなく飲酒によって体臭がきつくなるのを低減させるための食事と言った方がよいようです。まずはお酒の適量を超えないことと、空腹の状態でお酒だけを飲むことは控えることが大切です。アルコールは最初に胃と腸で吸収されます。ですので胃や腸に他の栄養素があり吸収している状態にしておくことでアルコールの吸収をできるだけ抑えることができると言われています。

具体的な食材としては卵、肉、魚介類、豆腐、豆類などの高たんぱく食品、またチーズ、牛乳、ナッツ類などの高脂肪食品があります。高たんぱく食品は肝臓の働きを促進し、分解機能を高める効果も期待できるのでおすすめです。食事とともに水分補給も大切。アルコールの血中濃度を薄める、口腔内の乾燥を防ぐ口臭予防のためにも水分をできるだけ摂取しながらお酒を飲むようにしましょう。

おすすめサプリ&ドリンク

量を控える、飲み方を工夫することが大切ですが、お酒のニオイ対策として気軽に取り入れられるサプリやドリンクも種類豊富に販売されています。

オーラルデント 舐めて食べるタブレット


口臭ケア成分であるビフィズス菌やコエンザイムQ10などが配合されているタブレットタイプのサプリ。10分間くらい舐めていると口の中がすっきりして、唾液の分泌量も増えてくるようです。二日酔いのときなどに活躍してくれるほのかなレモン味です。
・容量:30g
・Amazon価格:2,000円(税込)
この商品の詳細を見る

臭活サプリ

一日4粒ほどを目安に飲むニオイケアのサプリ。特許取得である濃縮シャンピニオンエキス、緑茶カテキンや生コーヒー粉末、バラの花びらエキスなどの消臭成分が配合されています。また食物繊維、善玉菌も加えられ、腸の調子を整え、身体の内側から健康に、美しく導いてくれます。

ノ・ミカタ


シジミに多く含まれる”アラニン”と”グルタミン”が配合されています。アルコールを分解する機能を高め、二日酔いのきついニオイを緩和してくれるアミノ酸アプリメントです。
・容量:30本入り
・Amazon価格:1,600円(税込)
この商品の詳細を見る

ウコンの力 スーパー


肝機能を高めて二日酔いの不快症状を抑えるドリンク剤としてロングセラーの「ウコンの力」。二日酔いも、強烈なニオイもできるだけ抑えながらお酒を楽しめると好評です。
・容量:120ml×6本
・Amazon価格:1,463円(税込)
この商品の詳細を見る

即効性のあるガム&タブレット

効果は一時的ではありますが、即効性がある口臭予防のガムやタブレットはお酒の席には必携アイテムです。

ブレスコントロールガム ほんのり青リンゴ味


口臭専門医が開発したと言う商品。ほんのりと青りんごの風味を感じますが、味はほとんどしません。口臭が気になるときのために常備しておくのもよさそうです。
・容量:126g
・楽天価格:2,000円(税込)
この商品の詳細を見る

グリコ ブレオスーパー タブレット


大きめのタブレットで舌のケアのできる商品。携帯しやすいコンパクトサイズなので、毎日持ち歩いてお酒の席やお食事後にさっと口臭ケアができます。空腹時にはちょっとしたおやつ代わりにもなる美味しさです。
・容量:14粒×5
・Amazon価格:1,130円(税込)
この商品の詳細を見る

[3]飲み過ぎた翌日に必ず行いたいニオイ対策

お酒を飲み過ぎた翌日は二日酔いとともに、強烈なニオイに悩まされます。もちろん少量のお酒でもニオイが残ることがあるのでしっかり対策しましょう。

口臭予防

飲んだ次の日の口臭が特にひどい!お酒で体臭がきつくなる原因と対策
お酒を飲んだ後にもっともニオイを発するのは息です。まずは口臭ケアをしっかり行いましょう。お酒の席ではニオイの強いお料理を一緒に食べることも多いのでいつもより念入りに歯磨き、必要に応じて舌磨き、マウスウォッシュなどでケアをします。お酒を飲んだ翌日は朝だけではなく一日中ニオイが気になることもあるのでガムやタブレット、マウスウォッシュなどを携帯しておくと安心です。

シャワーを浴びる

飲んだ次の日の口臭が特にひどい!お酒で体臭がきつくなる原因と対策
アルコールの悪臭成分は汗に混ざって出てくるので、お酒を飲んだ翌日はシャワーを浴びて全身をよく洗浄しましょう。酔いがさめていないうちに湯船につかることは危険なので、睡眠をとった後に入浴しましょう。余裕があれば半身浴などを行い汗を出すとすっきりするはずです。

水分補給

飲んだ次の日の口臭が特にひどい!お酒で体臭がきつくなる原因と対策
お酒を飲むことで発汗量は増え、利尿作用も働き、身体の中は水分不足になりがちです。また口の中が乾燥すると唾液の分泌も悪くなり口臭がきつくなるのでできるだけ水分を補給しましょう。疲れた胃腸をいたわるために常温の水や白湯がおすすめです。

水分補給がなかなかこまめに取れないという場合は、口内のうるおいを長時間キープしてくれるオーラルケアアイテムなども発売されているので、使用してみるのも良いでしょう。

▼口臭予防ジェル「IKIREI」(イキレイ)
IKIREI
口内の渇きや舌についた汚れ、歯垢や歯周病といった口臭のさまざまな原因に働きかけ、長時間爽やかな息に整えてくれる口臭予防ジェル。歯科博士と東京医科歯科大学が共同で開発した、歯科医院でも話題のアイテムです。口臭におけるすべての原因にCLO2という成分がアプローチし、気になるニオイを一掃してくれます。
この商品の詳細を見る

栄養補給

飲んだ次の日の口臭が特にひどい!お酒で体臭がきつくなる原因と対策
お酒を飲んだ翌日は食欲がないことも多いようですが、肝臓の働きを助けるような高たんぱくの食事、エネルギー補給になるごはんなどをしっかり食べることで体調がよくなり、お酒くささも早く抜けるはずです。胃腸が弱っていることも多いので消化の良い食事を選びましょう。

[4]飲酒と体臭の関係を正しく知って、もっと美しくスマートにお酒を嗜みましょう!

飲んだ次の日の口臭が特にひどい!お酒で体臭がきつくなる原因と対策
日々の癒しの時間、お祝いの席、交友関係を広げる大切なひとときに欠かせないお酒とはできるかぎり上手に付き合っていきたいものです。美しくお酒を飲める、素敵な大人の女性を目指して飲んでもキレイに、いいニオイでいられるようにしましょう。

参考:サントリーホールディングス株式会社

  • 関連するキーワード