香り豊かなフレーバーオリーブオイの使い方は?パスタやトースト・デザートにおすすめ

フレーバーオリーブオイルはハーブや柑橘、スパイスなどの香りを含んだオリーブオイルのことです。香りがよく、料理の下ごしらえや仕上げに一振りするだけで、普段の料理が美味しく生まれ変わります。今回は、フレーバーオリーブオイルの使い方やおすすめのレシピ、自宅で手作りする方法をご紹介します。おすすめの市販品も集めました。

香り豊かなフレーバーオリーブオイの使い方、作り方を紹介!

2018年09月13日更新

香りフードドリンク

Kaede (フェリーチェ編集部)

  • fb
  • line

フレーバーオリーブオイルとは?

フレーバーオリーブオイルとは、ハーブや柑橘、スパイスなどを漬け込んで、香りや風味を移したオリーブオイルのことです。

香りや風味がオリーブオイルに移っているので、フレーバーオリーブオイルを使うだけで、ひと手間かけたような料理ができます。オリーブオイルの独特な香りが苦手、という方にもおすすめです。

フレーバーオリーブオイルには、レモンオイル、ハーブオイル、ガーリックオイルなど、市販品でもいろいろな種類があります。
お家でも簡単に作ることができるので、自分だけのフレーバーオリーブオイルを手作りしてみるのも楽しいですよ。オリーブオイルとハーブや柑橘、スパイスさえあれば作ることができます。

フレーバーオリーブオイルの使い方

フレーバーオリーブオイルは少量でもしっかりとした香りを感じられるので、料理のアクセントになります。サラダや料理の仕上げにあえる、かけるという使い方がおすすめです。

焼き油や揚げ油のように熱を加えてしまうと、せっかくの香りが飛んでしまうので、パスタや肉料理、魚料理の仕上げにサッとかけて香りを楽しみましょう。

パスタ

香り豊かなフレーバーオリーブオイの使い方、作り方を紹介!

フレーバーオリーブオイルを使った代表的な料理は、パスタです。パスタが茹で上がったら、仕上げにフレーバーオリーブオイルをあえるだけです。おすすめの組み合わせを紹介します。

  • チキンとアスパラのクリームパスタ & レモンフレーバーオイル
  • ペペロンチーノ & ガーリックフレーバーオイル
  • スモークサーモンのパスタ & ハーブフレーバーオイル

市販のパスタソースを使っても美味しくいただけます。仕上げにフレーバーオリーブオイルを加えるだけで、レストランで食べるようなプロの味に変わります。

そうめんやうどん

パスタ以外に、そうめんやうどんにあえても美味しくいただけます。そうめんやうどんを茹で、冷水で洗ってよく水気をきってから、レモンフレーバーオイルやバジルのハーブフレーバーオイルを加えてあえます。さっぱりとして夏に大活躍します。最後にトマトや水菜、ツナ缶を組み合わせるとボリュームも栄養もアップします。

トースト

香り豊かなフレーバーオリーブオイの使い方、作り方を紹介!

フレーバーオリーブオイルはトーストにも合います。フランスパンに、バターとガーリックフレーバーオイルを塗って、焼いたら出来上がりです。お店のガーリックトーストの味を自宅で簡単に再現できます。

食パンを焼いて、レモンフレーバーオイルと塩を振って食べるのもおすすめです。レモンの爽やかな香りとオリーブの風味を味わえます。

肉料理

フレーバーオリーブオイルはお肉料理にも使えます。赤みのお肉のソースに隠し味として入れたり、ソテーしたお肉の表面に軽く塗ったりするのがおすすめです。

サーロインステーキにハーブフレーバーオイルを合わせれば、レストランで食べるようなハーブ風味のサーロインステーキがお家で簡単に作れます。

作り方は簡単です。サーロインステーキに塩とブラックペッパーをすり込み、ハーブフレーバーオイルを大さじ1まぶして20分ほどマリネします。熱したフライパンにハーブフレーバーオイルを大さじ1入れて、サーロインステーキを焼けば完成です。

魚介料理

香り豊かなフレーバーオリーブオイの使い方、作り方を紹介!

フレーバーオリーブオイルと魚介料理の相性は最高です!油ののったあじに塩を振ってレモンフレーバーオイルをたらせば、いつものあじのたたきがおしゃれなカルパッチョに変わります。

ポルトガルの郷土料理、イワシのオリーブ焼きも手軽に作れます。イワシに塩、コショウをまぶして、耐熱皿に乗せてハーブフレーバーオイルを全体にまわしかけ、200度に熱したオーブンで20分焼いて完成です。残ったオイルをパンにつけて食べても美味しいですよ。

野菜料理

野菜との組み合わせもアイディア次第でいろいろあります。とうもろこし、ズッキーニ、パプリカ、トマトなどの夏野菜にガーリックフレーバーオイルをかけて、フライパンで焼けば、夏野菜のガーリックソテーの完成です。にんにくの香りが引き立って、食欲をそそります。

サラダ

サラダにフレーバーオリーブオイルは定番の一品です。食べるときにかけるだけなので、レシピなしで手軽に楽しめます。いつものサラダがもっと美味しくなります。レタス、トマトなどのサラダにレモンフレーバーオイルやハーブフレーバーオイルを合わせます。

デザート

フレーバーオリーブオイルはデザートに使うこともできます。おすすめはヨーグルトと柑橘系のフレーバーオリーブオイルの組み合わせです。ヨーグルトにレモンやオレンジのフレーバーオリーブオイルをかけます。柑橘系の風味がプラスされて、爽やかな口当たりを楽しめます。

チョコレート風味のチョコレートフレーバーオイルもあります。こちらはバニラのアイスやイチゴ、バナナとの相性が抜群です。一口食べれば上質なチョコレートの香りが口の中に広がります。

フレーバーオリーブオイルの作り方

フレーバーオリーブオイルは市販もされていますが、自分好みのフレーバーオリーブオイルを作れるようになると、楽しみ方が広がります。

【フレーバーオリーブオイルの作り方】

  1. ハーブや柑橘は、軽く洗って、水気をよく拭き取っておきます
  2. 煮沸消毒したビンに、ハーブや柑橘、スパイスなど香り付けしたい素材を入れます
  3. オリーブオイルを注いで漬け込みます。
  4. 2~3日でオイルに香りが移るので、完成です。

ハーブやスパイスは乾燥でも生でも大丈夫です。香りは、生の素材のほうがよく移ります。

素材を入れるとオイルの劣化が早くなるので、オイルは少量ずつ作るようにしましょう。1~2週間で使い切れるよう、小瓶で作るのがおすすめです。特に、生の素材は水分を含んでいるので、オイルが劣化しやすくなります。

素材がオイルから飛び出していると、飛び出した部分が傷んでしまうことがあります。素材はオイルにいれたままでも大丈夫ですが、オイルが減ってきたら取り出すようにしましょう。

ハーブ

ハーブは単独で入れるよりも、柑橘やスパイスと組み合わせたほうが、香りがよくなります。

  • ミントとレモン
  • ローズマリーとオレンジ
  • バジルとにんにく

の組み合わせがおすすめです。

柑橘

柑橘は果肉を使わず、皮だけを使います。

  • レモン
  • オレンジ
  • ライム
  • グレープフルーツ
  • 柚子

がおすすめです。

スパイス

スパイスはにんにく、粒コショウがよく使われます。にんにくや粒コショウは少し潰してから入れると、香りが移りやすくなります。ローズマリーや唐辛子を組み合わせてみるのもおすすめです。クミンシードや実山椒も面白いです。刺激的に仕上がり、料理のアクセントになります。

おすすめのフレーバーオリーブオイル

フレーバーオリーブオイルは市販品もいろいろと販売されています。

通常のオリーブオイルよりも少し値段は高くなりますが、炒め油や揚げ油とは違って少量を使うだけなのでコスパは悪くありません。

お気に入りをいくつか見つけて、料理やその日の気分に合わせて使うフレーバーオリーブオイルを変えると楽しいですよ。

コストコで買えるOTTAVIOのフレーバーオリーブオイル5選

フレーバーオリーブオイルはコストコでも買うことができます。コストコで売られているのは、OTTAVIO(オッタビオ)のフレーバーオリーブオイルです。OTTAVIOは世界中で愛されているイタリアのオリーブオイルメーカーです。

ガーリック、バジル、レモンのフレーバーがセットになっています。オリーブオイルには質の高いエクストラバージンオイルが使われています。

スパイス、ハーブ、柑橘と基本の3本がセットになっているので、フレーバーオリーブオイルが初めてでいろいろ試したい、という方におすすめです。

ラーレリ オリーブオイル レモンフレーバー

カルディで販売されているレモンフレーバーのオリーブオイルです。

レモンエキスを後から加えるのではなく、オリーブとレモンを一緒に絞ることで、フレッシュな味わいのフレーバーオリーブオイルに仕上がっています。爽やかなレモンの香りを楽しむことができるので、新鮮なサラダや魚料理、チキンを使った料理にぴったりです。

スティラ エクストラバージンオリーブオイル バジル

こちらもカルディで販売されているバジルフレーバーのオリーブオイルです。

エクストラバージンオリーブオイルにバジルエキスがブレンドされています。パスタのソースやサラダのドレッシングにおすすめです。

チョコレート風味のVieruのフレーバーオリーブオイル

Vieru(ヴィエル)はスペインのアズ・ポンティス社が製造しているフレーバーオリーブオイルです。

最高品質のエクストラバージンオリーブオイルのみを贅沢に使用しています。香り付けには自然の素材のみを使い、香料や添加物は一切使用していません。じっくりと時間をかけて、自然素材の香りをオイルに移しています。

チョコレートのフレーバーオリーブオイルは、オイルの色は黄金色なのに、口に入れると上質なチョコレートの香りが広がります。トーストやパンケーキ、バニラアイス、フルーツ、ナッツにかけると、チョコレートの香りと美味しさが口の中いっぱいに広がります。

Vieruには、チョコレートの他にも

  • オレンジ
  • レモン
  • ガーリック
  • チリ
  • ポルチーニ
  • コーヒー
  • ミント
  • タイム
  • ローズマリー
  • バジル
  • バニラ

のフレーバーがあります。

バレンシアオレンジの爽やかな香りバシリッポ・アロマスオレンジ

バシリッポ・アロマスオレンジはスペインのフレーバーオリーブオイルです。スペイン産のアルベキーナ種のオリーブオイルに、バレンシアオレンジの皮を漬け込んだ逸品です。マイルドな味わいのアルベキーナ種のオリーブオイルが、バレンシアオレンジの爽やかな香りを引き立てます。

サラダやスモークサーモン、カルパッチョとの相性が抜群です。イチゴやアイスクリームなどのデザートにかけても美味しいです。

香り豊かなフレーバーオリーブオイで毎日の料理を楽しもう!

フレーバーオリーブオイルはオリーブオイルにハーブや柑橘、スパイスなどの香りをプラスしたオイルです。一振りするだけで、普段の料理がレストランで出されるような香り豊かな一品に変わります。

フレーバーオリーブオイルの豊かな香りをプラスして、毎日の料理を楽しみましょう!

  • 関連するキーワード