森の香りでリフレッシュ!パインのアロマ効果・効能、おすすめブレンド紹介

殺菌・消毒作用に優れていることで知られているパイン。古代からギリシャやエジプトでは、感染症の治療などに活用されていたといわれています。パインのフレッシュな森の香りには、気持ちを前向きにさせる効果も!パインのアロマ効果・効能、おすすめのブレンドなどを紹介します。

2019年02月05日更新

アロマ

chihori (felice編集部)

  • fb
  • line

[1]パインってどんなもの?


パインというと、果物のパイナップルを思い浮かべると思いますが、ここでいうパインは全くの別物です。今回紹介するパインは、オランダまたはユーラシア大陸が原産の巨大な松の木(針葉樹)を指します。

現在は、ヨーロッパやアジアにも多く生息しており、生長すると樹高は40m、周囲は1mにもなります。中には樹齢が500年近くになるものも確認されています。パインのエッセンシャルオイルは、葉や果実の部分から水蒸気蒸留という方法で採られます。

[2]パインってどんな香り?

森の中にいるような爽やかな香りがします。樹木系に分類され、典型的な木の香りなので、不快に思う人はほとんどいないでしょう。まるで森林浴をしているような気分になれるので、リフレッシュもリラックスもできます。

[3]パイン精油(エッセンシャルオイル)のアロマ効果・効能

心への効能

新鮮な森の香りで、気分をリフレッシュさせます。気持ちを元気づけ、明るい気持ちに導いてくれるので、落ち込んだ時や自信を失くした時におすすめです。

体への効能

殺菌・消毒作用に優れているため、空気をきれいにします。風邪の予防やのどの痛み、鼻づまりなどの呼吸器系の不調に効果的です。また、血行を良くする効果が期待できるため、筋肉痛やリウマチ、肩こり、手足の冷えなどにも効果を発揮してくれるでしょう。

肌への効能

皮膚の炎症を抑える働きや殺菌作用があるため、湿疹やニキビなどのケアをサポートします。ただし、刺激が強い場合があるため、敏感肌の人は注意が必要です。少量から使用したほうが良いでしょう。

その他の効能

鎮痛作用、去痰作用、免疫向上作用、抗肥満作用

[4]パイン精油(エッセンシャルオイル)のおすすめの使い方

芳香浴


アロマディフューザーやアロマポットなどを使い、パイン精油の香りを広げれば、部屋にいながら森林浴が楽しめますよ。専用のアイテムがない場合は、ハンカチやティッシュペーパーにパイン精油を1~2滴垂らすだけでも香りを楽しめます。ちょっとした気分転換やリラックスしたいときにおすすめです♪

沐浴

沐浴とは、水やお湯、水蒸気、香料などを使い、体の一部または全身を清めることをいいます。浴槽にパイン精油を落とし、よくかき混ぜてアロマバスを楽しむもよし、小さめの桶にお湯をはり、手浴・足浴を楽しむもよしです。

<精油の使用量の目安>
・全身浴:1~5滴
・半身浴、手浴、足浴:1~3滴

※敏感肌の人には刺激が強いことがあります。心配な場合は濃度を薄めて注意して使用しましょう。
※肌に刺激を感じた場合は直ちに止め、洗い流してください。

ホームケア【せき・のどの痛み・鼻づまりのケア】

ケア方法①:ハンカチやティッシュペーパーなどにパイン精油を1滴垂らし、香りを嗅ぐ。

ケア方法②:温めたタオルにパイン精油を1滴垂らし、首の後ろにのせる。

[5]相性の良い精油(エッセンシャルオイル)・おすすめブレンド

・柑橘系全般
・フローラル系:ラベンダー
・オリエンタル系:ベチバー、サンダルウッド
・樹木系:ユーカリ、シダーウッド、サイプレス
・ハーブ系:ローズマリー

[6]パイン精油(エッセンシャルオイル)の香りで心も体も元気に!

新鮮な森の香りが特徴のパイン。落ち込んでいるときや心が疲れているときにおすすめです。パインの香りを嗅ぐと気持ちが落ち着き、明るい気持ちになれますよ。また、咳やのどの痛みなど呼吸器系の不調にも効果が期待できるので、風邪の予防や風邪をひいているときもおすすめです。

  • 関連するキーワード