知る人ぞ知る『ミュグレー』 。香水マニアもうならせる新作「オーラ」の魅力!

ヨーロッパで絶大な人気を誇る香水ブランド『ミュグレー』。でも何故か日本での知名度はイマイチ…。それはきっと、ミュグレーの香水はどれもモンスター級の持続力と香りの強さを誇り、さらに香り自体も超ユニークなものばかりだからでしょう。日本では万人ウケしない香りでも、世界中の女性を虜にする香水をリリースしてきたミュグレー。そんな魅惑のブランド、ミュグレーの新作「オーラ」を実際の使用感を合わせてご紹介します

2019年04月22日更新

香水/フレグランス

箸休メ お桃  FELICE ライター

  • fb
  • line

[1]ハイファッション×パンク?!ミュグレーってどんなブランド?


出典 fashion-press.net/collections/896

創業者 ティエリー・ミュグレー
1948年 フランス ストラスブール出身

ティエリー・ミュグレーはファッションデザイナーで1973年に自身の名を冠したブランド『ティエリー・ミュグレー』を設立しました。

70年代後半にパンクファッションをハイファッションに取り入れた事が大きな話題となり、80年代では『ティエリー・ミュグレー』がトレンドそのものと言ってよいほどの影響力を持つまでに成長。
そして1992年、世界中を熱狂させた星型ボトルの名香「エンジェル」の発売により、香水界にもその名を轟かせたのです。

しかし、時代の流れと共にブランドは衰退。
2003年にオート・クチュールのラインは閉鎖。現在はプレタポルテとアイウェアのラインのみが継続されています。

香水のラインはクラランスに買収されて以降、ブランド名を『ミュグレー』に改名。
現在も新作香水を続々とリリースしており、さらなる躍進を続けています。

[2]唯一無二! あなたが体験した事のない香りの世界へ誘うミュグレーのフレグランス

ミュグレーの香水といえばやはり「エンジェル」ではないでしょうか。

アイコニックな星型ボトルはティエリー・ミュグレー自身が手描きでデザインしたもの。
チョコレートの甘さとパチュリの苦さが火花を散らしているような強烈な香りは、辛辣で有名な香水評論家ルカ・トゥリンでさえ五つ星の評価をしたほど。

香水の歴史上初の「グルマン」というジャンルを確立した名香です。


出典 img.alza.cz/Foto/LegendFoto/501405.jpg

92年の「エンジェル」以降、「エンジェル」を超えるような作品を長い間誕生させる事が出来ませんでした。

そして2005年、満を持して誕生したのは「エイリアン」です。

ジャスミンとアンバー、ウッドが溶け合う美しい香りはこの世のものとは思えない香り(=エイリアン)です。

大成功を収めた「エンジェル」のグルマンテイストの呪縛から抜け出し、新しい香りの香水を誕生させた事で「ヨーロッパの女の子はみんな“エイリアン”の香りがする」と言われるほど、大流行しました。

こうしてミュグレーの香水は再びセンセーショナルを巻き起こしたのでした。


出典 fimgs.net/mdimg/secundar/o.1237.jpg

そして2017年、偉大なる「エンジェル」「エイリアン」とも全く異なるテイストの「オーラ」が誕生しました。


 

[3]「オーラ」を実際使用したレビュー

■トップノート
ベルガモット ルバーブ

■ミドルノート
オレンジブロッサム グリーンノート ペア イランイラン

■ラストノート
バニラ ウッディノート アンバーウッド サンダルウッド トンカビーンズ

■持続力
★★★★☆ 長め

■香りの強さ
★★★★☆ 強め

トップノートはルバーブが鮮烈!グリーンノート全開です。
野性味溢れるルバーブの香りはこの時点で十分過ぎるほど個性的。グリーンな香りは通常爽やかな香りになりますが、バニラやウッディーな香りがしますので、爽やかなグリーンノートではなく、どっしりと濃厚な甘さのある香りです。

ミドルノートでは甘さがさらに増して来ます。甘いですが、オレンジブロッサムの爽やかなフローラルとルバーブの野性味溢れるグリーンな香りもしますので不思議な香りです。
ミドルノートが最も難解な香りでした。

ラストノートではグッとグルマン寄りに。バニラやトンカビーンズ、サンダルウッドなど深みのある甘いウッディーノートにまとめられています。

全体を通して、ルバーブ・バニラ・オレンジブロッサムがメインで目立って香りました。

香水マニアの私ですが、今まで体験した事の無いような香りで、似ている香りはもちろん、系統すら思い浮かばず、圧倒されています…。


 

[4]ミュグレー「オーラ」で カリスマティックなオーラを身につけて

緑のハートのボトルからして、独創的な「オーラ」
ネーミング通りのカリスマティックなオーラを感じられる香りでした。

誰ともかぶりたくない方や、香水マニアには是非お試しあれ。
ルバーブ×バニラの前代未聞のコンビネーションは一度嗅いだら忘れられない香りですよ。


  • 関連するキーワード

    関連するブランド