『diptyque(ディプティック)』が贈る色と香りの世界。限定コレクション「Raw Materials in Colors」

日本でもファンが多いフランス発のフレグランスメゾン『diptyque(ディプティック)』が、6月末に限定コレクション「Raw Materials in Colors」を発表しました。この発売を記念して、7月16日まで表参道ヒルズ西館にポップアップストアがオープンしていたので私も行ってみました!今回はその限定コレクションの内容とイベントの様子をお届けいたします♪

2019年08月08日更新

香水/フレグランス

ぱやこ   FELICE ライター

  • fb
  • line

[1]限定コレクション「Raw Materials in Colors」


出典 fashionsnap.com/article/2019-06-15/diptyque-rawmaterialsincolors/

「フレグランスにとって原料とは、絵画における色彩や色のような存在」というコンセプトをもとに、天然素材の豊かさやその素材を生み出す自然の美しさを“香り”と“色”で表現した今回の限定コレクション「Raw Materials in Colors」。

ディプティックを代表する5つのオードトワレ(ロンブル ダン ロー、ド ソン、タム ダオ、オー デ サンス、フィロシコス)で構成されています。

ディプティックの製品は、ブラックとホワイトを基調としたモノトーンのシックな雰囲気が魅力ですが、本コレクションのパッケージはそれぞれのフレグランスの核となる原料のイラストとそこから連想される色で構成されたデザインになっており、今までのディプティックにはない新たな装いで斬新な印象を与えました。

また、オードトワレは通常50mlと100mlで展開されていますが、今回はより小さい30mlでの展開。ボトルのガラスにも箱と同じカラーが反映されているところが大きな特徴で、限定コレクションならではのレア感がありました。

さらに新しいボディケアアイテムもラインナップに加わりました!

[2]コレクション発売記念のポップアップストアがオープン

限定コレクション「Raw Materials in Colors」の発売を記念して、6月27日から7月16日まで、表参道ヒルズ西館1階の表参道R-STUDIOにて「フレグランス ポップアップストア」がオープンしました。

ポップアップストアの特設サイトによると、ディプティックの世界観について、ムービーやフレグランスストーリー、また原料の香りなどを通じて楽しめるイベントになっているとのこと。

さらに会場限定品の発売や一定額購入でもらえるノベルティプレゼント、特別なイベント企画、SNS連携プレゼントなどさまざまな体験ができる空間になっているようで、私もこのニュースを知ってからとても気になっていました。

>>『diptyque(ディプティック)』ポップアップストア 特設サイトはこちら

[3]「Raw Materials in Colors」に選ばれた5つの香り

ロンブル ダン ロー

 
出典 diptyqueomotesando.com/

1983年発売。ローズとカシスの香るフルーティフローラルで、ディプティックの製品でも特に人気の高いロマンティックな香りです。

発売当時革新的だったこの香りは、香水業界におけるフローラルフルーティフレグランスの初期のひとつと考えられています。

ローズの華やかさとカシスの甘酸っぱいフルーティな香りのコラボは、上品でいて親しみやすさがありながらもグリーンが効いた大人っぽい装いで、人気が高いのもうなずけます。

本コレクションでのイメージカラーはピンク。

ド ソン

 

出典 diptyqueomotesando.com/
 
創業者の一人イヴ・クエロンが子供の頃に過ごしたベトナム・ハロン湾の海辺からインスパイアされてできた香り。

現地でギフトに使われる花、テュベルーズやジャスミンを中心としたホワイトフローラルの豊潤な甘さの中に、海辺の風を思わせるマリンアコードがしっとりと香る様子は、南国のバカンスを思わせる開放感があってリゾートへの旅行のお供にも良さそう。

本コレクションでのイメージカラーはターコイズブルー。

タム ダオ


出典 diptyqueomotesando.com/
 
インドシナで幼少期を過ごしたイヴ・クエロンが、寺院で燃やすサンダルウッドを森から荷車で運び出すゾウの姿から着想して作られたというウッディノート。

少しスパイシーで深い森を思わせる香りは、包み込むような温もりがあり神聖な印象です。

他人へアピールする香りというよりは、深く静かに自分の内面を覗くような感覚があり、夜ベッドに入る前やヨガなどの瞑想のシーンに似合いそう。

本コレクションでのイメージカラーはオレンジ。

オー デ サンス

 
出典 diptyqueomotesando.com/
  
ビターオレンジの花、枝、葉、実といった全てを余すところなく使った、得も言われぬ不思議な香りを放つフローラルフレグランス。

シトラスが香る爽やかな側面があるかと思いきや、深みのあるウッディやきりっと引き締まったメンズライクな顔も持ち合わせ、また後半は少しパウダリーに感じたり、つける人によって香り立ちが変わるフレグランスです。

夏の暑い季節にもすっきりつけられそうな軽やかでフレッシュな香り。

本コレクションでのイメージカラーはイエロー。

フィロシコス


出典 diptyqueomotesando.com/

作品のネーミングにもなっている「Philosykos」とは、ギリシャ語で「イチジクの木の友達」という意味を持つそう。

夏のギリシャの果樹園の想い出を香りにしたもので、地中海のゆるやかな風が運ぶイチジクの果実のふくよかでフルーティな香り、時折香るグリーンやウッディなど、さまざまな角度からイチジクの香りを満喫できるフレグランスです。

甘すぎず、グリーンの効いたフルーティフレグランスは男女ともに愛される一品。

本コレクションでのイメージカラーはグリーン。

[4]表参道のポップアップストアに行ってみました!

7月のはじめ、友人と一緒に表参道ヒルズ西館で開催中のポップアップストアへ行ってみました。

思っていたより小さなスペースでしたが、いつものディプティックのショップからは想像つかないようなポップでカラフルな世界になっていて、入口からビックリ。

ショップの中は、パネルや床まで全てがカラフルでかわいらしく、ワクワクしてきます!

限定品と同じデザインと色の大きなパネルの下に、今回限定発売となったオードトワレの現品ボトルのテスターや香りの説明などがディスプレイされていました。

このディスプレイで興味深かったのは、完成されたオードトワレだけではなく、それぞれのフレグランスに使われている香料自体の香りを試す装置があったこと。

1つのフレグランスにつき2~3種類の香料見本が展示されていて、黒いスティックの真ん中を押すとその香りが風で出てくる仕組みになっていました。

私は香水はもちろん、香水を構成する香料にも興味があってたまに自分で調香などもするので、こうして単品香料が嗅げる場があると気分が上がってしまいます。

今回のコレクションが“原料”に着目したものだからこそ実現した展示だったのでしょう。

慣れ親しんだ花やフルーツの香りはもちろん、普段試香する機会がほとんどない合成香料(アンブロックス)まで嗅げたのがうれしかったです。

ポップアップストア限定品のディスプレイがありました。トートバッグは、一定額以上購入でもらえるプレゼント品です。

今回発売された限定品は、いずれも香りとしては既にラインナップにあるものばかりですが、「タム ダオ」の固形ソープやシャワーバームなど、同時に新たにボディケア製品が出た香りもありました。

限定品だけでなく通常のフレグランスもずらりと並んでいて、いろいろ試せるのもうれしい限り。

ディプティックのフレグランスボトルや原料、イメージラベルなどをモチーフにしたオリジナルのポストカードが壁一面に掲げられていました。

これらのカードを使って、会場から友達や家族などにメッセージが送れるイベントも開催していました。

カードにメッセージを書いて会場に設置されたボックスに投函すると、送り先の人に特別なスタンプが押されたカードが届き、それがディプティックの各ブティックでフレグランスサンプル引き換えチケットになるという仕組み。

私も香り好きな友人に送りたかったのですがあいにく住所が分からず、当日同行していた会社の同僚とお互い送り合うことにしました。

1週間後、無事に自宅に届きましたので、近いうちに届いたカードを持ってショップに足を運びたいと思っています♪

会場ではさらに特別企画として、LINEでディプティックを友だち登録してその画面を提示すると、その場でフレグランスのサンプルがもらえるキャンペーンも行っていました。

私たちも早速登録してサンプルをいただきましたが、何の香りがもらえるかはスタッフさんまかせでちょっとドキドキ。

結果、私は「オー デュエル」というオードトワレをいただきました!

知らない香りでしたが、どうやらバニラがベースの香りみたいです。オリエンタル調の香水が大好きなので、これはうれしいプレゼントでした♪

[5]ポップアップショップ限定のお得なコフレをGET♪

このように私たちはイベントをさまざまな形で楽しんでいたのですが、スタッフの方に紹介されたポップアップショップ限定のコフレに特に注目しておりました。

限定発売された30mlボトルと持ち運びに便利な7.5mlボトルのセットに、限定のポーチがついて10,800円と良心的なお値段だったので、お互い購入を決めました!

私はもともと「タムダオ」が気になっていて、この機会に30mlボトルは買うつもりで会場に行っていましたが、せっかくだからとコフレで購入しました。

ただ一つ、私たちは大きな勘違いをしていて、そのことにお会計の時に気づくことに…。

というのも、「好きな香りが選べます」と言われていたので、30mlと7.5mlでそれぞれ違う香りの組み合わせで買えると思っていたんです。それが、実は同一の香りセットでの販売だったのでした。

ですが運よく、私と友人は欲しかった2つの香りの組み合わせが全く同じで希望サイズが大小違うだけ。

友人が一旦購入して後日7.5mlボトルを交換しようというナイスアイディアを提案してくれたおかげで、希望どおり30mlボトルの「タムダオ」と7.5mlの「オーデサンス」という2つの香りが無事に手に入りました♪

「タム ダオ」の限定パッケージはオレンジ色。夕日のような色味がゆったりしたサンダルウッドの香りともうまく溶け合っているように感じます。

サンダルウッドのイラストにも力強さを感じられて、神聖なパワーがもらえそうな気がします。ボトルもほんのりオレンジがかっていて大人っぽい落ち着いたニュアンスです。

私は普段からモノトーンよりカラフルなものが好きなので、今回の限定コレクションは普段のディプティック以上に親しみやすく感じました。

手持ちの50mlサイズボトルと今回の限定30mlボトル、そしてコフレについていた7.5mlボトルを比較のために並べてみました。

30mlボトルは女性の手にもおさまりが良くて持ちやすいし、なんといってもこのサイズ感がコロンとかわいくて好みです。

たくさんでは使い切れないという方にもいいですし、容量が少ない分価格もお手頃な状態でカラーボトルというレアな製品が手に入るので、これはまたとないチャンスだったと思います!

プレゼントのポーチは、結構しっかりした作りのコットン素材で、軽いのにマチもあって普段使いもできそうです。もちろん、香水入れとして持ち歩くのも良さそうですね。

フレグランス購入者には、さらにプレゼントでフレグランスストーンが配られました。

好きな香りをふきつけてお財布やポーチにしまえる芳香剤みたいな使い方のできるストーンだそうです。

まだもったいなくて使っていませんが、ディプティックのロゴが浮き彫りになっていておしゃれなデザインでした。

さらに、購入者は壁一面を飾っていたポストカードの中から好きな3枚が選べるということで、お会計の間に各自選んで持ち帰りました。

今回はイベントということでお得なコフレやプレゼント企画もあったからか、購入してのサンプルサービスはなかったね・・・と、帰りに友人と話していたのですが、あとでショッパーの中を見たら、オリジナルの巾着袋に入れられたサンプルが3つもついていてビックリしました!

ディプティックは、普段からサンプルを惜しみなくくれる太っ腹なフレグランスメゾンだと感じているのですが、逆にこのサンプル攻撃によってさらに別の香りが欲しくなってしまうというマジックもあるので要注意です(笑)。

こうして小さな会場で2人して盛り上がり、気が付けばあっという間に閉店の時間に。実に1時間以上も滞在してイベントを楽しんでいたのでした。

[6]レア度の高い限定フレグランスで気分を上げよう!

ディプティックの限定フレグランスとポップアップストアの体験レポ、いかがでしたか?

コレクションの名のとおり、まさに“色彩豊かな原料”を体感できる素敵な企画で、個人的にも大満喫したひとときでした。

この楽しくお得なイベントは既に終わってしまいましたが、限定コレクション「Raw Materials in Colors」は、ショップによってはまだ在庫があるようです。

普段は販売のないサイズ、しかもカラーボトルということでレア度が高く、ディプティックファンの間でも注目度の高いアイテムは持っているだけで気分が上がりそう!

みなさんも、店頭で実際に手に取って香りとビジュアルを確かめてみてくださいね。

そしてディプティックにはまたいつか、こうした楽しいイベントを開催してくれることを切に願っています♡


  • 関連するキーワード

    関連するブランド